50代の資産運用をブログから学ばない方が良い理由と失敗する確率を減らす方法

資産運用スクール

まず結論からお伝えすると、他人の資産運用のブログは、あくまで「参考情報」に留めておくことがおすすめです。

そして、きちんとした資産運用の知識を体系的に学ぶためには、ファイナンシャルアカデミーなど、大手総合マネースクールの無料体験会50代のための定年後設計スクールなど)を活用した方が効果的です。

50代の資産運用をブログから学ばない方が良い理由

ライティング

資産運用を学ぶ選択肢として、誰かが書いたブログを読むという方法があります。こちらの方法の最大のメリットは、費用をかけずに学ぶことができる点です。

ですが、一方でデメリットとしては下記3つが挙げられます。

資産運用をブログで学ぶデメリット
  1. 書いてある情報が事実かどうか分からない
  2. 資産運用の知識が断片的になってしまう
  3. あなたにとって最適な方法かどうか分からない

まず、書いてある情報が事実かどうか分からないという点は、ブログだけではなく他の情報ソースにも言えることです。ですので、この点はそもそもの前提として、情報を元に自分で考えて検討することが大切です。

続いて、企業が運営していうウェブサイトなどと異なり、個人ブログは情報が体系的に整理されて掲載されている訳ではありませんので、知識が断片的になってしまうというデメリットがあります。

特定の情報をピンポイントで調べる際には有効なのですが、知識0から体系的に資産運用について学びたい場合には、あまり適しているとは言えないでしょう。

人それぞれ、最適な資産運用は異なる

最後に、こちらの記事を読まれている方は、これから資産運用について学びたい方や、すでにある程度の金融資産をお持ちで、資産運用の選択肢を探されている方かと思います。

当然ながら50代にもなってきますと、人それぞれ保有している金融資産の金額や家族構成もライフスタイルもだいぶ異なります。

そのため、当たり前ですが資産運用スタイル(短期・長期、リスクの許容度など)も、資産運用の選択肢も人それぞれ異なります。

従って、仮にブログの執筆者があなたと同じような境遇にいたとしたら、参考になる点も出てくるかもしれません。ですが、その情報が、そっくりそのままあなたに当てはまる可能性は低いでしょう。

50代の資産運用を学ぶのにマネースクールがおすすめな理由

資産運用スクール

一方、50代からマネースクールで資産運用を学ぶメリットは下記になります。

マネースクールで資産運用を学ぶメリット
  1. 資産運用に関する正しい知識を、体系的に学ぶことができる
  2. 自分で正しい情報を収集する手間が省ける
  3. 中立的な意見を聞くことができる

ブログでのデメリットに対して、マネースクールでは、資産運用に関する知識を体系的に効率よく学ぶことができます。

また、マネースクールは金融商品を持ちませんので、特定の金融商品を売りつけられることがなく、第三者視点で中立的な意見を聞くことができるのです。

金融機関の資産運用セミナーの目的

例えば、証券会社などで開催される投資信託セミナーの最終的な目的は、その会社の金融商品を買ってもらうことです。

もちろん、金融機関のセミナーに参加することで投資信託に纏わる知識が増えることはありますので、決して無駄ではありません。

ですが、証券会社側の最終的な目的は、参加者に正しい金融知識をつけてもらうことよりも、消費者である参加者に、自社の金融商品を購入してもらうことです。

総合マネースクールの最終的な目的

一方、マネースクールの最終的な目的は、受講生に金融商品を購入してもらうことではなく、正しい資産運用の知識をつけてもらい、受講後に活躍してもらうことです。

マネースクールでは、受講生にお金の面でも成功してもらった方が、例えばスクール自体の宣伝やスクール自体のブランド価値の向上に繋がります。

ですので、マネースクール側は受講生に「資産運用の知識を身につけてもらいたい」と考えており、受講生側も「資産運用の知識を身につけたい」ということで、目的が一致しているのです。

50代の資産運用についてマネースクールで学べること

大手のマネースクールには、2002年に創立され、述べ46万人以上が受講したファイナンシャルアカデミー(50代のための定年後設計スクール)があります。

50代のための定年後設計スクールでは、例えば下記の内容を学ぶことができます。

総合マネースクールで学べること
  • vol.1 老後の家計設計とマネープラン
  • vol.2 家計管理のコツ
  • vol.3 保険の再設計
  • vol.4 公的年金制度の仕組み
  • vol.5 年金受給額を増やすには
  • vol.6 自分年金の作り方
  • vol.7 「定年」との向き合い方
  • vol.8 定年後の仕事の選択肢
  • vol.9 老後の生きがいを考える
  • vol.10 「終の棲家」を考える
  • vol.11 老後の住まいの種類
  • vol.12 住居費・リフォーム費用
  • vol.13 資産運用の基本
  • vol.14 証券投資
  • vol.15 不動産投資
  • vol.16 医療と長生きリスク
  • vol.17 介護の現実を知る
  • vol.18 親の介護を考える
  • vol.19 賢い生前贈与の方法
  • vol.20 相続の基本と相続税対策
  • vol.21 理想のエンディングを考える
  • vol.22 現状整理と定年後までの設計
  • vol.23 定年後設計のポイント
  • vol.24 エンディング設計のポイント

このように体系的に自分が不安に思う内容が、網羅的にカリキュラムに組み込まれています。そのため、一度受講すれば、生涯にわたって自分のバイブルとして活用することができるのです。

一方で、やみくもに自己流で資産運用を始めてしまったり、とりあえず銀行や証券会社に相談に行ってしまうと、せっかく貯金してきた資産を失ってしまう可能性があります。

ですので、先にこのようなマネースクールで体系的にお金に関する知識を身に付けてから資産運用を始めることで、資産運用における失敗の確率を減らすことができるとも言えるでしょう。

50代向けの資産運用スクール・マネースクールに向いている人

以上になりますが、50代のための定年後設計スクールは、下記のような方に向いています。

マネースクールに向いている人
  • 定年後の不安をなくし、豊かに暮らしたい方
  • 定年後も生きがいを持って、仕事や趣味に取り組みたい方
  • 定年後に必要なお金の知識を体系的に効率よく学びたい方
  • 資産運用に限らず、年金・保険・税金などの正しい知識を得たい方
  • 自分だけでなく、親の医療や介護にかかるお金が心配な方

ファイナンシャルアカデミーの50代のための定年後設計スクールであれば、東京の新宿で毎週無料体験会も開催しています。

地方にお住いの方でもインターネットでの受講が可能ですので、これから資産運用を始めようという方などは、一度50代のための定年後設計スクールの「無料体験会」への参加を検討してみてはいかがでしょうか?

【口コミ】お金の教養講座に実際に参加した感想と向いている人

2017.10.13

資産運用を学ぶ方法