QUOINEXで購入できる仮想通貨QASHの将来性やリスクは?

QUOINEXで購入できる仮想通貨「QASH」の将来性についてです。

以前当サイトでは取引所QUOINEXのメリットとデメリットをご紹介しましたが、2018年の現在はQUOINEXのサービス自体も大分改善されたようです。

取引画面は少々見辛いですが、QUOINEXは金融庁登録済の仮想通貨交換業者となっており、取締役やアドバイザー陣には金融業界やIT業界の重鎮が揃っています。

QASHトークン自体の本質的価値とは関係ありませんが、そのようなビジネス経験豊富なメンバーで経営されているため、日本で金融ビジネスをやりやすいのは事実でしょう。

仮想通貨QASHとは?

QASHは、イーサリアムのERC-20 Token Standardの上に構築されており、QUOINEX以外の仮想通貨の取引所でも取引が可能な暗号通貨トークンです。

なお、将来的にはQUOINEは独自のブロックチェーンを開発する予定のようです。

仮想通貨QASHを取り扱う、世界の仮想通貨の取引所

仮想通貨QASHはQuoineだけでなく、中国の三大取引所の一つである「Huobi」や、香港を拠点とする大手取引所の「Bitfinex」にも上場しています。

HuobiとBitfinexの取引ボリュームも大きいことから、日本人にだけ人気な仮想通貨やトークンという訳ではないということが分かります。

QASHは「LIQUIDプラットフォーム」のトークン

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。

更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。

そんなQASHは、LIQUIDプラットフォームと、QUOINEの既存プラットフォーム(QUOINEXとQRYPTOS)が提供するすべてのサービスに流動性を供給することを目的としているようです。

流動性という言葉だと難しいですが、要はQASHは「金融サービスにおける決済通貨(金融サービスにおけるビットコイン)」として広く普及することを目指しているようです。

QASHは金融サービスにおけるビットコインを目指す

金融機関やFintechスタートアップ、パートナー企業がQASHを決済手段として利用することで利便性がさらに高まり、その価値も上昇することを目論んでいるようです。

実際のところ、QUOINEの取締役やアドバイザー陣には金融業界出身者も多いため、日本の金融庁や金融業界との付き合い方に関しては卓越していると言えるでしょう。

QASHのロードマップ、アロケーションや資金使途

これまでのQASHの進捗と今後のロードマップですが、2017年11月に「1 QASH = 0.0008 ETH」でICO(トークンセール)を実施し、350,000,000QASHの調達(約150億円以上)に成功しました。

QASHの発行上限は10億QASHですが、将来的には一般へ80%を普及し、20%を経営陣やQUOINEの株主が保有する予定となっています。

当初からこのような配分設計となっていますので、このままQASHの価格が上昇すれば、QUOINEの経営陣は圧倒的な億万長者となり、株主は莫大なリターンを得ることでしょう。

仮想通貨QASHを発行する「QUOINE」とは?

QUOINEXはメリットとデメリットがある仮想通貨の取引所ではありますが、数年前と比べてQUOINEのメンバー数も増え、顧客サポートなどにも現在は力を入れているようです。

いずれにせよ、QUOINEにはSBI InvestmentやJAFCO、B DASH VENTURESなど、著名VCがこぞって出資しています。

累計調達金額は20億円以上にもなりますので、QUOINEやQASHにポテンシャルがあることは確かでしょう。また、QUOINEは大手監査法人トーマツとの監査契約も締結しています。

現在はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどを手数料無料で取引できるため、国内の仮想通貨の取引所の中では4〜5番目に取引高が大きくなっています。

仮想通貨QASHのチャート推移から見る、今後の将来性

最後に、そんな仮想通貨QASHの価格推移についてですが、ICO後に一時期停滞してはいたものの、2017年1月ごろから再び上昇傾向となっています。

リップル社のXRPと同じように、QASHの価格は、QUOINE社の知名度上昇とともに上がる可能性は高いでしょう。また、QUOINE社に関して何かしらの好材料ニュースが出るたびに、その価格が反応する可能性も高いでしょう。

QASHに投資するリスク

一方リスクとしては、先に大口購入している投資家が、どこかのタイミングで大量の売りに入る可能性がある点はあげられるでしょう。

また、QASHトークン自体に価値がある訳ではありませんので、QASHに投資する際は、どこかで日本円に利確することを前提として投資しても良いかもしれません。

以上になりますが、Quoineには元金融業界のメンバーが多数参画しており、日本の金融庁との付き合いも非常に上手いように見受けられます。

今後日本で事業を進めていく上では金融庁との付き合いも大事ですので、LIQUIDプラットフォームが成功するかどうかは未定ですが、政治的な面では非常に期待できる銘柄とは言えるでしょう。

資産運用を学ぶ方法