億り人になるにはどうすれば良い?これから億万長者になる方法

億万長者

億り人になるにはどうすれば良いのでしょうか?

実は2017年は仮想通貨で一億円以上稼いだ日本人が続出し、「億り人」と呼ばれるようになりました。

NHKニュースなどのテレビでも、実際に「億り人」になった人々が多く取り上げられ、2017年はまさに「仮想通貨元年」と呼ばれるほど、ビットコインなどの仮想通貨が話題な年となりました。

ただし、今後もこの仮想通貨だけで億り人になるのは正直難しいと思われます。そこで今回はこれまで億り人になった人々の振り返りと、これから億万長者になる方法をご紹介します。

仮想通貨で「億り人」になった日本人の人数は?

ビットコイン

それでは実際に仮想通貨で一億円以上稼いだ人々は、どれぐらいの人数がいるのでしょうか?

実は、2017年以前は「ビットコイン」で億万長者になった「億り人」が有名でした。もともとビットコインは2009年には0.07円でしたが、2013年には1万円〜13万円程度まで値上がりました。

このような値上がりから億万長者になった人には、Facebookのマークザッカーバーグにビジネスアイディアを真似されたとして訴訟し、多額の賠償金を得た「ウィンクルボス兄弟」などがいます。

他にも、Bitcoin.comの経営者であり、東京在住のビットコイン・エバンジェリスト「ロジャー・バー」氏などが有名です。彼らは早くから「ビットコイン」の本質的価値に気づいて投資をしたことで、2017年に日本で仮想通貨が話題になる遥か前から、すでにビットコイン長者と呼ばれていました。

しかし、2017年に続出した日本人の「億り人」は、ビットコイン以外の仮想通貨である「アルトコイン(オルトコイン)」への投資によって、財をなした人が多かったようです。

例えば、代表的なアルトコインには「リップル」や「ネム」と呼ばれる仮想通貨がありますが、これらはたった一年間で250倍以上にも値上がりしました。

2017年6月時点で500人以上が仮想通貨で1億円以上を稼ぐ

なお、ビットコイン研究所の調査によると、典型的な「億り人」は、元手200万円程度から資産を50倍以上に増やし、1億円以上のお金を稼いだような人々とのことです。

2017年6月時点にて、1億円以上稼いだ「億り人」は500人以上もいたようです。

億り人の詳細
  • 1億円以上:216人(59%)
  • 2億円以上:33人(9%)
  • 3億円以上:15人(4%)
  • 5億円以上:102人(28%)

出典:ビットコイン研究所

このような典型的な億り人の多くは、元手200万円程度から「イーサリアム」などの時価総額の高い仮想通貨に投資をして資産を増やしながら、「リップル」や「ネム」などが50倍近くに暴騰した2017年5月のタイミングで、一気に財をなしたようです。

しかし、まだまだ「リップル」や「ネム」などの主要な「アルトコイン」は、長期的に見れば値上がりは続くと考えている人が多いようで、そのまま保有し続ける予定の億万長者も多いようです。

【追記】日本で購入できる仮想通貨のリターン(2017年)

仮想通貨の名称 1月1日時点の価格 12月31日時点の価格 年間リターン
ビットコイン 117,353円 1,570,001円 約13倍
リップル 0.7円 232円 約300倍
ネム 0.4円 110円 約255倍
リスク 19円 2,270円 約119倍
ダッシュ 1,376円 117,750円 約86倍
イーサリアム 995円 85,094円 約85倍
ライトコイン 531円 25,683円 約48倍
モネロ 1,643円 38,241円 約23倍
イーサリアムクラシック 175円 3,010円 約17倍
オーガー 460円 7,857円 約17倍
ファクトム 346円 5,260円 約15倍
ジーキャッシュ 5,742円 54,656円 約9.5倍
ビットコインキャッシュ 32,825円 278,663円 約8.4倍

なお、最終的には1年間の年間リターンは上記の通りとなりました(ビットコインキャッシュは8月1日に誕生)。

上記の結果を改めて確認すると、2017年は株式投資よりも仮想通貨投資の方が、はるかに儲かっていたことが分かります。ただし、仮想通貨バブルは2018年に弾け、税金が払えなくなった人も多数続出しました。

仮想通貨で得られた利益は総合課税に該当するため、給与所得などの他の所得と合わせて税金がかかります。そのため所得が多くなるほど税金も高くなり、1800万円以上の所得となると住民税と所得税あわせて50%がかかります。

このように税金面でも優遇されていませんので、それでは今から投資で「億り人」になるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

今から「億り人」になる方法とは?元手別に億万長者になる方法を紹介

億万長者

億り人になる方法は、最初の「元手」によって分類することが可能です。なぜならば、元手によって目指すべき倍率が変わるからです。

① 元手が5,000万円以上あって億り人を目指す

例えば、元手がすでに5,000万円以上あるのであれば、あえて仮想通貨に投資する必要もありません。インデックス投資を行いコツコツと十数年で億り人を目指すことは十分に可能です。

>>おすすめの5,000万円の資産運用方法はこちら

② 元手が1,000万円以上あって億り人を目指す方法

続いて、元手が1,000万円程度の場合は、これだけで億り人を目指すのはかなり難しいでしょう。

もちろん全額を投資できるのであれば、理論上は株式投資で10数倍以上に値上がりする銘柄を引き当てれば1年で億り人になることも可能ではあります。ただし、投資先の企業やが確実に上昇する保証はどこにもありませんので、十分に将来成長が見込めると考えられる企業を分析するスキルが必要になります。

さらに経済情勢の影響も受けますので、元手が1,000万円などの場合は、コツコツと資産運用をすることに加えて、引き続き元手を増やしていく努力が必要になるかと思われます。

>>おすすめの1000万円の資産運用方法はこちら

③ 元手が数十万円〜数百万円以上で億り人を目指す方法

ビットコインの価格は、すでに2009年の公開時点の0.07円からは何百万倍と値上がりしています。従って、これからビットコインの価格が数年で100倍になるとは少々考え辛いです。

ですので、元手が少ない方の場合は「ビットコイン」一本への投資で億万長者を目指すのは現実的ではないでしょう。そのため、元手が数百万円以上であれば、将来有望な「アルトコイン」へ投資をするのも一手です。

主要なアルトコインの価格は中長期的には数倍〜数十倍以上には上昇すると考えて、いくつかのアルトコインに投資をし、数年で「億り人」を目指すことも可能でしょう。

仮想通貨のモナコインやリップルはたった1ヶ月で暴騰

例えば、2017年10月には日本初の暗号通貨「モナコイン」が50円代から一時期2400円近くにまで暴騰、2017年12月には「リップル」が20円から300円近くにまで暴騰しました。

ですので、例えば2017年10月にモナーコインを50円代で700万円程度購入していて、800円代で売りさばくことができていたら、数日で「億り人」になることができていたとも言えるでしょう。

もともとモナーコインは2017年の初めは3円程度で推移していましたので、1年以上前に投資をしていれば、完全に億万長者になっています。2017年10月時点で2位のアドレスの残高でも9億円を超えています。

そのため、うまく上昇タイミング前にアルトコイン投資に参入できれば、短期間で資産を数倍〜数十倍に増やすことは十分可能と言えるでしょう。

従って、すでに元手が数百万円程度ある人の場合は、ネット上にそれなりに日本語情報もあって、ある程度注目されている「アルトコイン」への投資でも、短期間で「億り人」になることは十分可能と言えるでしょう。

元手が百万円程度の人の場合の投資で億り人を目指す方法

仮想通貨

最後に、元手が百万円程度の場合は、まだあまりメジャーではない仮想通貨へ投資を実行し、数十倍〜数百倍以上のリターンを得ない限りは「億り人」になることはできないでしょう。

1000種類以上ある仮想通貨の中には1年で1万倍になる仮想通貨もありますので、元手が1万円からでも理論上は「億り人」になることは可能です。

ですが、1000種類以上ある仮想通貨から、海外の仮想通貨の取引所のみが取り扱っているマイナーな仮想通貨に投資をしてそれを引き当てるのは、なかなか至難の技です。

そのため、実際のところ元手が百万円程度の場合は、まずは今の仕事を頑張ってお金を貯めるのが一番良いかもしれません。もしくは自分でビジネスを始めたりと、投資以外に目を向けてみるのが正直なところおすすめです。

>>100万円でハイリスクハイリターン投資を初心者がするなら何が良い?

専業トレーダーになるならFXに挑戦するのも一手だけれども…

仮想通貨とFXの違い

仮想通貨以外にも、FXなどのレバレッジ取引で億万長者を目指す方法もあります。しかし、こちらは専業トレーダーになれる人以外にはおすすめできる方法ではありません。

ですので、もし億万長者を目指すのであれば、やはりまずは元手を数百万円作ることから始められた方が良いかもしれません。もしくは、投資した仮想通貨の価格が上昇したタイミングで一度売却し、また時価総額が低い仮想通貨に再投資をしたりと、とにかく試行錯誤が必要です。

いずれにせよ、投資で資産を築くためにはあらかじめある程度の元手が必要となります。ただし、資産運用については少額からできるものも今ではたくさんあります。500円などの少額からの投資を検討されている方は、Tポイントを使って1株から投資ができるSBIネオモバイル証券などを利用するのも良いでしょう。