国内店舗も利用可能!マネパカードのメリット・デメリット・注意点まとめ

今回は、海外旅行予定の方や、海外に長期滞在予定の方におすすめのマネパカードの口コミです。

マネパカードは海外のお店で使えたり、海外現地のATMで外貨の引き出しが可能なことに加えて、日本国内のMasterCardを受け付けている店舗でも使えます。

ですので、基本的には日本国内のほとんどのお店でも使えるプリペイドカードと考えて良いでしょう。

マネパカードのメリットは海外で手数料が安くなる点

マネパカードの一番のメリットは、海外のお店などで普通のクレジットカードを使うより、手数料がとても安くなる点です。

普段日本で使っているクレジットカードをそのまま海外で利用してしまった場合、大体1.6%程度は手数料がかかってしまいます、一方、マネパカードの場合はその半分の0.8%程度で済みます。

また、マネパカードであれば、海外旅行で余った外貨を、インターネット上のサイトで日本円に戻すことも簡単にできます。外貨を日本円に戻す際の両替手数料も、無料です。

ですので、例えば海外旅行に行く際にいつも空港で両替している方などは、かなり手数料で損をしています。そこで、年会費無料のマネパカードを持てば、手数料面ではかなり節約できるでしょう。

マネパカードは6通貨をチャージできるプリペイドカード

マネパカードは、入会費も年会費も無料なプリペイドカードです。

具体的には、円、ドル、ポンド、ユーロ、オーストラリアドル、香港ドルをチャージすることができます。カードにチャージしておけば、海外現地や日本国内のMasterCardを受け付けている店舗で利用が可能です。

例えば、マネパカードの公式サイトから、マネパカードに10万円をチャージしておくとします。

そうすると、アメリカ旅行に行く際には、5万円をドルに両替して現地で利用し、イギリス旅行に行く際には5万円をポンドに両替して現地で利用するなどの使い方も可能です。

マネパカードのデメリットは両替時間や使える国が限られる点

一方、マネパカードのデメリットは、公式サイトにも記載されているように、基本的に土日は外貨両替ができない点です。

一応土曜日の夜中にはできますが、そのため平日の間にインターネット上で両替しておく必要があります。

また、マネパカードのもう一つのデメリットは、アジア(香港以外)を旅行する時に適していない点です。なぜかと言うと、マネパカードには、米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・香港ドルしかチャージできないからです。

一応マネパカードに韓国ウォンをチャージする方法はありますが、若干手数料が高くなります。なので、対象通貨以外の地域に行く人には、正直あまり向いていません。

NZかCAかSGならキャッシュパスポートの利用がおすすめ

そのため、対象通貨がもう少し多いカードが良い方には、海外専用プリベイドカードのキャッシュパスポートが適しています。キャッシュパスポートは、海外のMasterCardや銀聯の加盟店で利用が可能です。

キャッシュパスポートの場合は、マネパカードの対象通貨に加えて、ニュージランドドル、カナダドル、シンガポールドルのチャージが可能です。

キャッシュパスポートも入会金や年会費などは無料ですので、それらの地域に滞在予定の方は、キャッシュパスポートを利用するのも一手です。

キャッシュパスポートの良いところは、年齢制限もなく、銀行口座すらなくても、無審査で最短1週間で発行できる点です。そのため、海外に行く直前であっても、すぐに発行することができます。

また、キャッシュパスポートは世界210以上の国や地域で使えることに加えて、ATMで現地通貨も引き出せます。海外でもローカルな観光地では現金しか使えなかったりしますので、現地通貨が引き出せる点は便利になるでしょう。

海外長期滞在時にはクレジットカードを複数持参するのがおすすめ

なお、基本的に海外に長期滞在する場合は、最低限2枚はカードを持参するのがおすすめです。なぜならば、クレジットカードを1枚紛失した直後に、何かしらの理由で急にお金が必要になることもあるからです。

また、カードを複数枚持参すると管理が大変と思われるかもしれませんが、たとえ海外で紛失してしまっても、カード会社に連絡をすれば、すぐにカードの利用を停止させることができます。

現在では、カードの盗難や紛失対応については、24時間対応しているカード会社が一般的です。また、万一スマホを紛失し、パスポートを紛失してしまったとしても、クレジットカードがあれば割となんとかなったりもします。

そもそも、海外でのショッピングやレストランでは、基本的にクレジットカードを利用することが一般的です。クレジットカードをほとんど利用せずに大量の現金を持ち歩いたり、どこかに現金を置いておく方が危険です。

ですので、特に海外に長期滞在される予定の方は、少なくともマネパカードと、あと1枚程度は何かしらクレジットカードを持っていかれるのがおすすめです。

発行手数料・年会費無料のマネパカードの申し込み方法

マネパカードの申し込み方法自体は簡単ですので、一緒に確認しましょう。

まずはこちらの公式サイトから必要事項を入力し、マイナンバー確認書類と本人確認書類(運転免許証など)の写真のアップロードを行います。そうするとマネパカード側で審査がありますので、審査に通ればカードが登録した住所に郵送されてきます。

マネパカードに与信審査はありませんが、通常発行までには2週間程度はかかります。


ですので、海外に行く予定が少々先の方なども、予め申し込んでおかれるのがおすすめです。

なお、マネパカードに申請する本人確認書類は、下記のどれかがあればOKです。

本人確認書類の一覧
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面)
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明書

運転免許証がない方でも、健康保険証やパスポートなどがあれば、マネパカードの申し込みはOKです。

マネパカードで暗証番号を忘れると再発行が必要なので注意

最後に、マネパカードの暗証番号については注意が必要です。海外のATMでマネパカードを利用して現地通貨を引き出す場合、4桁の暗証番号が必要になります。

ATMで5回以上暗証番号の入力ミスをすると、セキュリティロックがかかって利用できなくなります。また、暗証番号を忘れてしまうと、再発行手続き(1,000円/回)も必要になります。

このようにマネパカードを使う際には多少の注意点はありますが、海外留学や海外駐在で利用するには、とても便利なカードです。運営会社も東証一部上場企業のマネーパートナーズですので、発行元の信頼性も高いと言えるでしょう。

資産運用を学ぶ方法