J-REIT(不動産投資信託)のおすすめよりもOwnersBookの利回りが高い件

不動産

投資信託をやったことがある方でしたら、「J-REITのおすすめ商品ないかな」と探したことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

ご存知の方も多いとは思いますが、REIT(リート)とは「Real Estate Investment Trust(不動産投資信託)」の略称です。J-REITの「J」はJapanですので、つまりJ-REITは「日本版の不動産投資信託」ということになります。

ですが実は近年では、インターネット上でお金を集めて不動産投資をする、不動産特化型クラウドファンディング「OwnersBook」という、J-REITよりも利回りが高い金融商品が出てきています。

そこで今回は、そんなOwnersBookをJ-REITと比較しながらご紹介します。

J-REITとOwnersBookの商品性の違い

不動産

まず、J-REITとOwnersBookの商品性の違いを紹介します。

J-REITは「不動産投資信託」ですので、つまるところは「投資信託」の一種です。簡単に言うと、投資家から資金を集めて不動産投資を実行し、その不動産投資で得た賃料収入などを、投資家に分配する金融商品を指します。

手軽に不動産投資ができるような形になりますので、J-REITは数年前から人気の投資信託となっています。実際、J-REITの購入は大体10万円程度からになりますので、実際の不動産投資と比べると敷居は低いと言えるでしょう。

ですが、J-REITは今ではかなり種類がありますので、投資信託の中には「J-REITに投資をするJ-REIT」などもあり、投資家は「具体的にどの物件に投資しているのか分からない」ことが多いのです。

ですので、基本的にJ-REITに投資をする場合は、ざっくり「このようなジャンルに投資をしている商品です」という説明がされている「投資信託」を購入することになります。

OwnersBookはソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング
画像出典:OwnersBook

一方、OwnersBookは「ソーシャルレンディング」というビジネスモデルになります。

つまり、インターネット上で、お金を借りたい人と貸したい人をマッチングさせるビジネスです。ですので、投資家である私たちからお金を集めて、そのお金を不動産会社などに貸し付けて、金利収入を得るビジネスモデルになります。

お金を貸した不動産会社が、しっかりお金を返済してくれれば、リターン(金利収入)が得られるというビジネスモデルになっています(直接OwnersBookの不動産投資のプロが投資する場合もあります)。

J-REITよりもOwnersBookが良いところは、まず「具体的にどのような不動産物件に投資をするのか?」を確認できる点です。例えば、OwnersBookのサイトでは下記のような募集概要を確認できます。

OwnersBookの募集概要の例

東京都港区芝大門に所在する店舗・事務所ビルの区分所有(物件①)と、東京都世田谷区北沢に所在するアパート1棟(物件②)を担保とする「シニアローン(物件①②共に)」への投資となります。

物件①を所有する総合不動産会社A(貸付先1)に12,000万円、物件②を所有する総合不動産会社D(貸付先2)に50万円、合計12,050万円の貸付を行います。

ここまで案件を記載してくれるJ-REIT(不動産投資信託)はありませんので、投資家がしっかりと個別案件を確認できる点は、評価できるでしょう。

また、まるで自分が不動産オーナーになったかのような気持ちで投資することができますので、不動産投資の勉強にもなります。

J-REITとOwnersBookの利回りの違い

まとめ

続いて利回りに関してですが、J-REITの平均的な利回りは3%程度です。時折4~5%台の商品もありますが、あまり数は多くないでしょう。

一方、OwnersBookの平均利回りは5~6%となっており、J-REITランキングの上位商品より利回りが高くなっています。実際にOwnersBookのこれまでの案件利回りを確信してみても、14.6%や8.8%などの高利回り案件もありました。

運用期間が4~6ヶ月でこの利回りのリターンをもらえる案件はJ-REITにはありませんので、こういう案件もあるという点で、OwnersBookには今後も期待できるように思います。また、OwnersBookは売買手数料や講座維持手数料などは無料ですので、手数料面でも投資信託よりもお得です(OwnersBookの各種手数料に関する詳細はこちら)。

OwnersBookは、投資信託と比べてこのように色々と優位性があるため、上記のような利回りの高い案件は、募集開始後すぐに埋まってしまいます。投資期間が長いものであれば検討する時間もそれなりにあるのですが、利回りが高い案件は現状早い者勝ちのようです。

将来的に不動産投資案件への投資もポートフォリオに加えたい方は、まずはOwnersBookに無料の投資家登録をしておくと良いでしょう。

Ownersbookの運営会社の信頼性は?

会社の信頼性

ここまで色々とOwnersBookの案件の良い面をお伝えしてきましたが、そもそもOwnersBook自体の信頼性は大丈夫なのでしょうか?

OwnersBookは「ロードスターキャピタル株式会社」が運営しています。ロードスターキャピタルは2012年に設立された若い会社ですが、インターネット上に自社の財務情報も公開しており、業績は好調に推移している企業です。

資本金は5億4,955万円(資本準備金とあわせて10億8,910万円)、役職員は32名とまだまだベンチャー企業ではありますが、この5年間でなんと売上を50億円にまで伸ばしている急成長企業です。

また、金融庁などの各種登録もしっかりと済んでいます。

  • 第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2660号
  • 宅地建物取引業 東京都知事(2)第94272号
  • 総合不動産投資顧問業 国土交通大臣 総合 – 第147号

更に、各種団体や協会にも加入されています。

  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会
  • 一般社団法人 Fintech協会
  • 一般社団法人 不動産証券化協会
  • 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会

加えて、下記のような大手銀行とも取引があるようです。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行

経営陣も元ゴールドマン・サックス・リアルティジャパン出身などの不動産投資のプロが揃っている会社ですので、明日潰れるような会社ではないですし、なかなか信頼性が高く、今後が期待できる企業と言えるでしょう。

(追記)2017年8月に東証マザーズに上場

OwnersBookは2017年に東証マザーズに上場しましたので、関心のある方は「ロードスターキャピタル株式会社の詳細」をご確認ください。

OwnersBookに関しては、案件がすぐに埋まってしまうと言う点以外、インターネット上での評判や口コミなども上々です。

J-REITを検討されていた方は、一度新しい金融サービスを提供するOwnersBookも、資産運用の選択肢にいれてみても良いのではないでしょうか?

資産運用を学ぶ方法