JCBゴールドカードのメリット・デメリットを他社比較しておすすめの利用者を検討

JCBゴールドカードの口コミです。

JCBゴールドカードのメリット・デメリットを他社カードと比較しつつ、ご紹介します。

JCBゴールドカードのメリット・デメリットまとめ

まず、JCBゴールドカードのメリットには、下記が挙げられます。

JCBゴールドカードのメリット
  • 全国の対象店舗にて飲食代金の割引
  • 全国約1,200ヵ所のゴルフ場の手配
  • 旅・食・趣味・地域情報などを掲載した冊子
  • 専用の通話料無料のインフォメーションデスク
  • 家族カードは1名まで年会費無料
  • 国内の主要空港・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが無料
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • 海外旅行傷害保険(海外最高1億円/国内最高5000万円)
  • ショッピングカード保険(年間最高500万円)
  • Apple Pay利用可能

一方でデメリットには、下記が挙げられます。

JCBゴールドカードのデメリット
  • 使えるお店がVISAやMasterCardと比べると少ない
  • ポイント還元率が0.5%と高くはない

JCBは海外で使えないお店があるためVISAとの併用が無難

日本国内ではJCBが使えないお店はそんなにありませんが、海外旅行に行くと、例えば中国などでは、JCBが使えないお店が結構存在したりします。

そのため、JCBのカードを1枚保有しておくのは良いのですが、JCBのカードだけでは海外旅行の時に使えなかったりします。ですので、基本的にはJCBのカードを保有する場合は、VISAやMasterCardなどのカードと併用するのがおすすめです。

ポイント還元率を重視する女性の場合はJCB「W Plus L」or「W」

また、ポイント還元率を重視する方にも、別のカードがおすすめです。例えば、39歳までの女性の場合は、ポイント還元率が2倍のJCB「W plus L & W」を利用されても良いでしょう。

もしくは、ゴールドカードが欲しい場合は、ポイント還元率が1%で、なおかつ年間100万円以上の利用で年会費が無料になる、住信SBIネット銀行のミライノカード GOLDの方がおすすめです。

年会費が安いミライノカードGOLDとミライノカードの違いを比較してメリットとデメリットを検討

2018.05.28

JCBゴールドカードを住信SBIネット銀行や三井住友VISAカードと比較

会社名 カード名(公式HP) 年会費 対象
JCB Extageカード 無料 18歳〜29歳
Extageゴールド 3,240円(初年度無料) 20歳〜29歳
JCB「W」 無料 18歳〜39歳の女性
「W plus L」 無料 18歳〜39歳の女性
JCB一般カード 1,352円(①MyJチェックの登録、②年間50万円以上利用で次年度無料)
※オンライン入会の場合のみ初年度年会費無料
18歳以上
JCBゴールドカード 年会費10,800円
※オンライン入会の場合のみ初年度年会費無料
20歳以上
プラチナカード 年会費27,000円 25歳以上
住信SBIネット銀行 ミライノカード 初年度無料
(年間10万円以上利用で次年度無料)
18歳以上
(高校生不可)
ミライノカード GOLD 3,240円
(年間100万円以上利用で次年度無料)
20歳以上
(学生不可)
三井住友VISAカード 三井住友VISAクラシックカード 初年度無料(「マイ・ペイすリボ」登録 & 前年1回以上のカード利用で次年度無料) 18歳以上
三井住友VISAプライムゴールドカード 1,620円・2700円・4,320円・5,400円
(コースに応じて年会費が変動)
20代限定
三井住友VISAゴールドカード 4,320円・5,400円・9,720円・10,800円
(コースに応じて年会費が変動)
30歳以上

まず、上記の比較表を確認すると、20代の方には20代限定のゴールドカードの利用がお得です。

具体的には、JCBであればExtageゴールド、三井住友VISAカードであれば三井住友VISAプライムゴールドカードを利用された方が、年会費や特典の面ではお得と言えるでしょう。

また、上述したようにJCBは海外で利用できない店舗も結構ありますので、基本的にはJCBとVISAの二枚持ちをするのがおすすめです。

ミライノカードGOLDは、ゴールドカードの割には年会費が安く、ポイント還元率も高いのですが、JCBしかありません。

ですので、おすすめとしてはJCBゴールドカード+VISA or MasterCardの組み合わせか、ミライノカード GOLD+VISA or MasterCardの組み合わせでの保有です。

続いて、JCBゴールドカードの口コミや評判を確認してみます。

JCBゴールドカードの口コミや評判まとめ

JCBゴールドカードの口コミは良いものが多いですが、中には楽天カードと利用を迷われている方もいます。楽天カードはポイント還元率が高いことで有名で、楽天プレミアムカードであれば最大5%程度の還元率となります。

すでに楽天銀行の口座を保有していたり、楽天市場など楽天のサービスをよく利用される方は、楽天カードの申し込みを検討されてみても良いかと思われます。

楽天カードとイオンカードの還元率を比較してメリット・デメリットを検討

2018.06.21

JCBゴールドカードのお申し込みが向いている方

以上を踏まえて、JCBゴールドカードの利用が向いているのは下記のような方です。

JCBゴールドカードが向いている人
  • ゴールドカードを初年度無料で利用したい方
  • すでにVISAやMasterCardのカードを保有している方

初年度の年会費が無料のゴールドカードの数は多くありませんので、上記のような方の場合は、特にJCBゴールドカードを申し込みされても良いのではないかと思われます。

一方で、年間100万円以上の利用で、次年度の年会費が無料になるゴールドカードを利用されたい方や、ポイント還元率を重視したい方などは、住信SBIネット銀行のミライノカード GOLDの方がおすすめです。

年会費が安いミライノカードGOLDとミライノカードの違いを比較してメリットとデメリットを検討

2018.05.28

資産運用を学ぶ方法