株式投資はいくらから始められるの?始める前に知っておきたい資産運用の基本

株式投資

株式投資は数千円〜1万円からでも始めることは可能です。ですが、練習として株式投資に取り組むとしても、最低10万円は用意すべきです。なぜなら国内株式の最低購入価格は数十万円するものが多いからです。

一般的な株式投資にかかる費用や手数料

投資

企業の株式を購入するにあたっては、株式の最低購入株数(単元株式数)が存在します。A社の株は1株から購入できるけれども、B社の株は100株からしか購入できないといったことがあり、会社ごとに単元株式数が異なるのです。

例えば、株価が3,000円で単元株式数が100株の場合、最低購入価格は3,000円×100株=300,000円からとなります。また、株式の売買には、各証券会社が定める「株式委託手数料」が別途かかります。

従って、一般的に株式を購入する際には「現在の株価」×「購入株数」+「証券会社の手数料」分のお金が必要となってきます。この金額が国内株式であれば、大体10万円以上はすることが多いということです。

株式投資で資産運用をするなら元手は大きい方が有利

投資

資産運用という観点から考えると、株式投資は元手300万円程度から始めた方が大きなリターンは得やすいでしょう。なぜなら、仮にテンバガーと呼ばれる10倍株を引き当てたとしても、最初の投資金額が10万円でしたら100万円にしかなりません。一方、300万円を投資していたら3,000万円になる訳ですから、レバレッジが効くのです。

但し、単純に元手が大きければ大きいほど良いとは一概には言えません。さすがに何億円という単位の大きな金額になってきますと、一気に売ろうとしても株式市場で買い手がつかない場合もあるからです。ですが、数百万円〜数千万円規模でしたら、元手は大きい方が有利です。

なお、資産の全額を全て株式に投資してしまっては、全財産を失ってしまう可能性もありますので、株式投資をされる際は全財産の3割程度の余剰資金で取り組まれることをおすすめします。

株式投資のデメリットとメリットは?初心者がリスクを回避する方法は?

また、これではなかなか株式投資は敷居が高いと感じられた方には、練習として少額で株式投資を始める方法もあります。

少額から株式投資を始める方法

投資

少額から株式投資を始める方法は、単元未満株やミニ株を利用する方法です。

まず、単元未満株とは、単元株より少ない株数の株のことをさします。つまり、最低購入株式数が1000株のところを100株や10株や1株で買えたり、100株のところを10株や1株で買えたりするということです。ミニ株は1/10での購入が可能な株です。

なお、単元未満株の呼び名は証券会社によって異なり、SBI証券なら「S株」、カブドットコム証券なら「プチ株」、マネックス証券なら「ワン株」などと呼ばれています。

単元未満株やミニ株は少ない元手で株式を購入できるというメリットがある一方で、売買タイミングが決まっているため、リアルタイムでの取引が出来ないというデメリットもあります。他にも細かい違いはありますが、ここでは欲しい株があった場合に単元未満株やミニ株を利用すれば購入が可能といったことを覚えておけば良いかと思います。

単元株を購入して始めるにせよ、単元未満株やミニ株を利用して株式投資を始めるにせよ、株式投資は勉強しなければ勝てるようにはなりません。当サイトではこちらで「おすすめの株式投資スクール」を紹介しておりますので、良ければ参考にしてみてください。

資産運用を学ぶ方法