仮想通貨ICOの危険性や将来性は?参加方法から情報収集のやり方まで初心者向けに具体的に解説

コイン

2017年に入ってから「ICO(Initial Coin Offering)」という資金調達手法が話題になりました。

ICOとは、仮想通貨を新しく発行することで資金調達をする手法です。例えば、現在では仮想通貨の大手取引所「コインチェック」が取り扱っている「Augar(オーガー)」という予測市場に関するプロジェクトも、ICOを実施して資金調達をしました。

「Augar」というプロジェクトに将来性を感じた世界中の投資家たちは、ビットコインなどを「Augar」のプロジェクトに投資することで、代わりに「Augar」が発行する「REP」という仮想通貨を得ることができました。

なお、この「REP」はすでにICO実施時から何百倍にも価値があがっているため、ICOに参加することで億万長者になった人々も多数います。

ICOの危険性と注意点

注意

まず、ICOに参加する場合に伴う第一の危険性は「詐欺プロジェクト」が2017年から増えてきている点です。もちろん全うなプロジェクトもある訳ですが、中には詐欺的なものや、詐欺なのかそうでないのかの見分けがつき辛いプロジェクトも存在します。

そのような詐欺に騙されないためには、まずは公式HP(メンバー、アドバイザー、ホワイトペーパー、SNS、GitHubなど)をしっかりと確認することが大事です。

続いて、最近では日本語で情報をまとめてくれている人もいますので、そのような情報も参考までに確認しておくと良いでしょう(中にはそのサイト自体が詐欺のような場合もありますので、その点は注意が必要です)。

フィッシング詐欺にも注意

続いて、ハッカーによるICOに対するフィッシング詐欺も横行しています。ICOに参加する際には、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を特定の「アドレス」に送金する必要があります。

そしてプロジェクトの最新情報を取得するために、メールアドレスを登録して情報収集をすることが多いのですが、そこで自分が登録したメールアドレスに、偽のICOの送金先のアドレスを送信してくることがあるのです。

ですので、ICOに参加する際は、送金先のアドレスが本当に指定のICOのアドレスなのかどうかは、きっちりと仮想通貨を送金する前に確認しておく必要があるでしょう。

ICO参加時には以上の点に注意すべきではありますが、今まで未上場企業への投資は、一部の投資家のみに限られていました。そういった意味では、ICOは非常に多くの人に投資の門戸を広げたとは言えるでしょう。

ICOの特徴や今後の将来性

Coin

ICOの特徴的な点は、世界中の誰でも、仮想通貨で、国境を超えて、未上場企業への投資に参加できるところです。

先ほどもお伝えした通り、これまでは未上場企業への投資は、エンジェル投資家やベンチャーキャピタル、プライベートエクイティなどの限られた企業や人々しか参加できませんでした。

ですが、今ではビットコインなどの仮想通貨を持っている人であれば、誰でもそのような投資に参加できるようになったのです。そして、ICOを実施したコインの価値が1年で1万倍になることもあるため、現在では多くの仮想通貨の億万長者が誕生しています。

また、資金調達側も投資家に「株式」を渡さずに、新しく仮想通貨を発行することで、世界中の不特定多数の投資家から資金を調達することができます。

そして、そもそも資金調達側は「株式会社」という形態である必要すらなく、プロジェクト形式でも良いのです。

取引所へのコインの上場

もう一点特徴的なのは、仮想通貨の取引所(日本円をビットコインに交換したり、ビットコインを日本円に交換できたりするサービスなどを提供している業者)は、勝手に新たに発行されたコインを取り扱い始めることができる点です。

この状態を「取引所にコインが上場した」と表現する場合がありますが、仮想通貨の取引所が勝手にコインを「上場」させることで、ICOに投資した投資家は、そのコインを自由に売買できるようになるのです。

つまり、コインを発行している企業が実際の株式市場に上場することがなくても、勝手にコインが取引所に「上場」しさえすれば、仮想通貨市場での売買が可能になるのです。

また、株式投資と異なり、このような仮想通貨の取引は365日24時間可能ですので、土日も関係ありません。このような点がICOが画期的と言われる所以でもあるのでしょう。

ICOについての理解を深めるためには

以上のように、ICOはハイリスク・ハイリターンな投資ではありますが、同時に色んな可能性を秘めた仕組みでもあります。

2017年には日本初のICOであるALISプロジェクトが4億円の資金調達に成功したり、ICOに関する規制も日本では世界に先駆けて進んでいます。

ですので、ICOに関心のある方は、一度勉強がてら、まずは少額からでも実際に仮想通貨を購入してみると、よりICOに対する理解は進むのではないでしょうか。

ICOへの具体的な参加方法

コイン

そんなICOですが、一番簡単に参加する方法は以下になります。

ICOへの参加方法
  1. 仮想通貨の取引所に口座を開設して、イーサリアムを購入する
  2. MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を作成する
  3. 仮想通貨の取引所から、MyEtherWalletにイーサリアムを送金する
  4. MyEtherWalletから指定のアドレスに送金する

1. 仮想通貨の取引所に口座を開設する

まず仮想通貨の取引所に口座を持っていない方は、イーサリアムを取り扱っている大手取引所の「コインチェック」などで口座開設をしましょう。本人確認書類などを手元に準備しておけば、3分程度で簡単に作成することができます。

コインチェックでの口座開設が完了したら、ビットコインに続いて時価総額2位の仮想通貨である「イーサリアム」を購入します。なぜなら、ICOに参加するには、たいていの場合「ビットコイン」か「イーサリアム」での参加が可能だからです。

2. MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を作成する

続いてコインチェックでイーサリアムを購入したら、「マイイーサウォレット(MyEtherWallet)」にイーサリアムを送金します。MyEtherWalletとは、イーサリアムを保管しておくインターネット上の財布です。

MyEtherWalletのページにアクセスしたら、右上の「日本語」ボタンから日本語に変更し、左上の「New Wallet」ボタンを押してお財布の作成画面にします。

お財布の作成

パスワードを入力して「お財布の作成」ボタンを押します。

そうすると上記の画面が出ますので、ダウンロードボタンを押します。このファイルのアップロードと、先ほど入れたパスワードで、MyEtherWalletを開くことができます。

そして「理解できました。続けます」のボタンをクリックします。そうすると「秘密鍵」が出てきます。

この「秘密鍵」でもMyEtherWalletを開くことができますので、「秘密鍵」は忘れないようにどこかにコピー&ペーストしておきます。

なお、この「秘密鍵」は誰にも知られてはいけません。もし「秘密鍵」がばれたら、他の人に自分の財布の中身を取られてしまう可能性があるからです。

ウェブ上の財布であるMyEtherWalletは、この「秘密鍵」で開けることができます。

「秘密鍵」を使って自分のお財布を開けると、「自分のアドレス(公開鍵)」を見ることができます。

続いて、こちらの「自分のアドレス」に、イサーリアムを仮想通貨の取引所から送金します。

3. 仮想通貨の取引所から、MyEtherWalletにイーサリアムを送金する

コインチェックから送金

ここでは「コインチェック」での例ですが、「コインを送る」ボタンから、「Ethereum」を送るボタンをクリックし、「宛先」にMyEtherWalletの「自分のアドレス」を入力し、送る金額を決めて送金します。

なお、最初から大金を送るのではなく、きちんと送れたかどうか確認するために、最初は少額を送金してみることをおすすめします。イーサリアムネットワークの混雑の度合いによりますが、早ければ数分〜数十分程度でMyEtherWalletに到着します。

きちんと送金が確認できてから、大きな金額の送金を試してみましょう。

4. MyEtherWalletから指定のアドレスに送金する

そして最後に、MyEtherWalletからICOの指定のアドレスに送金することで、ICOへの参加が完了します。ICOの指定のアドレスは、公式HP上に掲載されることが多いです。

ICOの情報は、大抵の場合はICOを実施する企業ないしはプロジェクトの公式HP上にメールアドレスの登録フォームなどがありますので、そちらで登録しておけばメールで連絡がきます。

ICOの最新情報を知れるサイト(英語)

Web

それでは、そもそも新しいICOの情報はどこで手に入れることができるのでしょうか?

ICOの日本語サイトもいくつかありますが、詐欺が多いですし、最新情報を入手するに当たっては英語サイトを利用した方が良いでしょう。下記に仮想通貨のICOの最新情報を知れるおすすめの英語サイトをご紹介します。

1. Smith + Crown

まずは「Smith + Crown」です。こちらは英語で検索するとすぐ出てくるサイトですが、2017年5月時点で約25万PVもあります。

2. Token Market

次に「TokenMarket」です。こちらはサイトの作りが細かく画面も見やすいです。2017年5月時点にて約70万PVあります。

3. ICO Countdown

続いて「ICO Countdown」です。こちらは2017年5月時点で約30万PVあります。日本でも有名なサイトのように思いますが、少々画面は見辛いです。

4. Coinschedul

最後に「Coinschedule」です。こちらも認知度の高いサイトの一つです。

ICOに関するまとめ

PC

ICOの情報サイトのPV推移を確認すると、どこも2017年に入ってから凄まじくアクセス数が伸びています。日本で仮想通貨市場が盛り上がりをみせたのは2017年の5月ごろですので、まだまだこの仮想通貨市場は始まったばかりです。

今後さらに「仮想通貨」自体の認知度は日本でも進み、多くの人がこのICOにも参加していくことが想定されます。ですが、ICOへの参加は、あくまでも余剰資金で取り組まれることをおすすめします。全財産をICOに投じてしまっては、大きく資産を失ってしまう可能性もあります。

また、ICOに関しては、ICOを通じて毎月のように新しいビジネスやプロジェクトが生まれていることも事実です。ですので、ICOへ参加することを単純に「投機行為」と決めつけるのではなく、新しいテクノロジーやサービス学べる良い機会として捉えても良いでしょう。

資産運用を学ぶ方法