【仮想通貨の取引所の選び方】初心者が口座開設前に知っておきたいこと

仮想通貨の取引

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、インターネット上で仮想通貨の取引所に口座を開設する必要があります。

その際に、一体どの仮想通貨の取引所を使ったら良いのか分からないという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、これから仮想通貨を始める初心者の方から、すでに取引をされている中級者の方に向けて、具体的な仮想通貨の取引所の選び方をお伝えします。

仮想通貨の取引所を選ぶ4つの観点(初心者〜中級者)

仮想通貨の取引所の選び方
  1. 初心者向け:大企業が運営している取引所から選ぶ
  2. 初心者向け:スマホアプリが使いやすい取引所から選ぶ
  3. 中級者向け:仮想通貨の取り扱い種類が多い取引所から選ぶ(分散投資をしたい場合)
  4. 中級者向け:手数料が安い取引所から選ぶ(欲しい通貨が決まっている場合)

まず、仮想通貨の取引所を選ぶ観点は、初心者〜中級者によって異なりますので、それではそれぞれの詳細をお伝えします。

1. 初心者向けの選び方:大企業が運営している取引所から選ぶ

取引所 運営会社 売上高 サービス開始日
1位 サイバーエージェント
ビットコイン
サイバーエージェント 約3,700億円 2018年春
2位 SBI Virtual Currencies SBI Holdings 約2,600億円 2018年春
3位 GMOコイン GMOインターネット 約1,400億円 2017年5月31日

これから仮想通貨の取引を始めるに当たって、とにかく大企業が運営している安心感が欲しい方は、上記の取引所を利用されるのが適しています。

大企業の仮想通貨の取引所を選ぶメリットは、セキュリティ面などの信頼性が高い点、運営企業に資本体力があり、倒産リスクが低くなる点などです。

そして、現状東証一部上場かつ売上高1,000億円以上の企業で、仮想通貨の取引所のサービスを提供しているのはGMOコインのみとなります。

ビットコインなどの仮想通貨の値段が上がってしまう前に購入しておきたい方は、まずはGMOコインの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

【口コミ】GMOコイン取引所の特徴や登録・入金・買い方を図解!

2017.09.08

2. 初心者向けの選び方:アプリが使いやすい取引所から選ぶ

取引所 見やすさ 手数料 現物 レバレッジ チャート
1位 ビットフライヤー PCのみ
2位 Zaif
3位 GMOコイン PCのみ
4位 DMM Bitcoin

続いて、スマホアプリで簡単に仮想通貨の通常の売買(現物取引)をしたい方には、ビットフライヤーのアプリが一番適しています。

ビットフライヤーのスマホアプリは、仮想通貨の「数量」を入力し、あとは「売る」「買う」ボタンをクリックするだけで、仮想通貨の売買が完了します。

なお、ビットフライヤーのアプリを利用するためには、まずは公式サイトから登録し、本人確認書類をアップロードし、後日登録した住所に届くハガキを受け取る必要があります。

ビットフライヤーの評判や株価は?上場の見通しや関連銘柄は?

2017.08.28

一方、Zaifは取引の手数料は安いのですが、初心者の方には若干取引の画面が見辛くなっています。

その他、GMOコインはビットコインFXに特化したアプリのため、通常の現物取引はできません。

最後に、DMM BitcoinはアルトコインFXに適しているアプリのため、レバレッジ取引をしたい方は利用されるのが良いでしょう。

続いて、様々な仮想通貨に分散投資をしたい方は、仮想通貨の取り扱い種類が多い取引所が適しています。

3. 中級者向けの選び方:仮想通貨の種類が多い取引所から選ぶ

取引所 BTC BCH ETH ETC LTC XRP XEM MONA LSK
1位 コインチェック 8種類
2位 Zaif 11種類
3位 ビットフライヤー
4位 仮想通貨ならビットバンク
5位 GMOコイン

(追記)コインチェックは仮想通貨の取り扱い種類が日本一でしたが、2018年1月にコインチェックは仮想通貨のハッキング被害にあったため、現在サービスを停止しております。

そのため、コインチェック以外の仮想通貨の交換業者を分散して利用されるのが良いでしょう。

2位の「Zaif」の他の11種類とは、トークンになります。トークンとは、企業などがブロックチェーン(分散型台帳技術)上で発行した独自コインのことになります。

例えば、Zaifが取り扱うトークンの中には、1年間で価値が100倍以上になった「カイカコイン」などがあります。カイカコインは上場企業が発行しているコインです。

これらのトークンは、Zaifでしか購入ができませんので、企業が発行するトークンなどにも分散投資をしたい方は、金融庁登録済の仮想通貨の取引所「Zaif」を利用されると良いでしょう。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

4. 中級者向けの選び方:取引手数料から取引所を選ぶ

業者名 取引所 販売所 スプレッド 入金 出金
1位 Zaif -0.1%〜0.3% 無料 振込手数料 350円(50万円未満)
756円(50万円以上)
1位 仮想通貨ならビットバンク 無料 振込手数料 540円(3万円未満)
756円(3万円以上)
3位 GMOコイン 無料 無料 無料
4位 bitFlyer 0.01%〜0.15% 無料 振込手数料 540円(3万円未満)
756円(3万円以上)

最後に、中級者以上の方は取引手数料から選ばれるのが良いでしょう。なお、仮想通貨の取引手数料は、仮想通貨の種類によって異なります。

従って、実は上記の仮想通貨の取引所に全て口座開設をし、スプレッドを取引所間で比較しながら利用を使い分けるのが、一番お得です。

例えば、日本円でビットコインを購入したい場合は、Zaifの取引所、ビットバンク、GMOコイン、ビットフライヤーのbitFlyer Lightningのレートを比較し、一番安いところから購入した方が良いということです。

また、日本円でビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)をお得に購入したい場合は、仮想通貨の種類によってお得な取引所が異なります。

(追記)2018年時点において、アルトコイン別に一番安く購入できる取引所を以下に記載します。

日本円でアルトコインを一番お得に購入できる取引所リスト

日本円でアルトコインを購入する場合

以上になりますが、購入したい仮想通貨を調査して決めた上で、自分にあった仮想通貨の取引所を利用するのが良いでしょう。

なお、ビットコインを含む、それぞれの仮想通貨の特徴や詳細は下記の記事をご参照ください。

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコインの価値の裏付けは?仮想通貨の価値の源泉とは?

2017.11.10

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュの今後の将来性と、購入で手数料が安い取引所は?

2017.10.16

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムの購入でおすすめは?日本円で安く買える仮想通貨の取引所

2017.11.23

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシックが安い取引所は?今後の将来性は?

2017.10.27

ライトコイン(LTC)の特徴

ビットコインとライトコインのどっちに投資が良い?共通点や違いは?

2017.07.20

リップル(XRP)の特徴

仮想通貨リップルへの投資は危ない?詐欺では無いが金融庁登録済の取引所で購入すべき

2017.07.07

匿名系仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)の特徴

アルトコインZ-Cash(ジーキャッシュ)とJPモルガンの関係は?今後の将来性は?

2017.09.29

匿名系仮想通貨ダッシュ(DASH)の特徴

アルトコインDash(ダッシュ)とは?今後の将来性や保管方法は?

2017.09.07

匿名系仮想通貨モネロ(XMR)の特徴

アルトコインMonero(モネロ)の今後や購入方法は?マイクロソフトとの関係は?

2017.10.30

日本初の仮想通貨モナーコイン(MONA)の特徴

モナーコインの購入で手数料が安い取引所は?今後の将来性は?

2017.09.06

仮想通貨の取引所の選び方のまとめ

以上になりますが、仮想通貨にはきちんと調査をした上で投資されることをおすすめします。

また、取引所については、分散投資やリスクヘッジの観点から、最低でも2~3個程度の複数の取引所を併用するのが良いかと思われます。

資産運用を学ぶ方法