仮想通貨リップルに30万投資は危ない?詐欺では無いが金融庁登録済の取引所で購入すべき

ripple

2017年に入ってから仮想通貨の「リップル(通貨単位:XRP)」が話題です。こちらの記事ではリップルが詐欺ではないかどうかや、リップルの将来性などをご紹介します。

なお、リップルはbitbankで手数料無料で一番安く購入することができます。リップルの購入を検討されている方は、まずはbitbankを利用されるのが良いでしょう。

リップルは世界各国の金融機関が関係しており詐欺ではない

「リップル詐欺」というニュースも出ましたが、こちらは金融庁に登録していない違法業者が、勝手にリップルを販売していたということでした。

米国のリップル社が発行する「リップル(XRP)」自体は、2017年に日本の三菱東京UFJ銀行みずほ銀行、米国大手銀行のバンク・オブ・アメリカなどが、リップルネットワークを利用した国際送金を行うことを表明しましたので、全く詐欺ではありません。

米国のリップル社には、Googleなど世界の大企業が出資

また、仮想通貨「リップル」を提供する米国の会社「Ripple, inc.」には、日本のSBIグループに加えて下記のような著名企業も出資をしています。

世界最大のコンサルティングファーム「アクセンチュア(Accenture)」や、米国No.1のベンチャーキャピタル「アンドリーセンホロウィッツ(ANDREESEN HORWITZ)」、みなさんご存知のGoogleのベンチャーキャピタル部門である「Google Ventures」などです。

ですので、Ripple, inc.という会社自体は詐欺では無いのです。

しかしながら、今では「リップルを高い価格で売りつける詐欺」が日本では発生しており、リップルをそのような詐欺師から間違って高い価格で購入してしまい、損してしまう方がいるようです。

販売代理店やリップルコインには要注意

注意

例えば、代表的な詐欺には「当社は日本唯一の代理店です」と歌って、「リップルコイン」なるものを購入させる詐欺などが横行しているようです。

まず、リップルは「販売代理店」で購入するものではありません。きちんと金融庁に登録された「仮想通貨交換業者」が提供する「仮想通貨の取引所」で購入が可能です。

また、リップルには「リップルコイン」というものは存在しません。日本円の通貨単位が「円」であるように、リップルの通貨単位は「XRP」になります。

ですので、「リップルコイン」と言ってくる人は詐欺師である可能性が高いです。

リップルを購入する場所は、公式サイトに掲載されている

リップル

それでは、リップルはどこで安全に購入できるのかと言いますと、リップルを提供するRipple,inc.の公式HPには「リップルを購入できる場所(仮想通貨の取引所)」がきちんと記載されています。

日本で公式の「仮想通貨の取引所」は「Coincheck(コインチェック)」と「bitbank(ビットバンク)」しかありません(今後SBIグループも取り扱い予定です)。

(2018年1月追記)東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営する「GMOコイン」でも、2017年からリップルの取り扱いを開始しました。

そのため、大企業の安心感が欲しい方は、GMOコインを利用されるのが良いでしょう。

GMOコインの評判や無料登録・口座開設・入金方法・買い方まで徹底解説

2017年9月8日

仮想通貨のリップルとは?今後の将来性は?

それではそもそも「リップル」とは何なのでしょうか?

一言で言うと、世界中の銀行と提携して「国際送金」を今よりも安く早く出来るようになることを目的とした、仮想通貨の一種です。つまり「法人向けのサービス」ということです。

世の中に仮想通貨はすでに数百種類とありますが、その中でも広く知られており、時価総額も高い仮想通貨の一つです。

仮想通貨のリップルの通貨単位はXRP

なお、日本円の通貨の単位が「円」であるように、リップルの通貨の単位は「XRP」です。

「リップルコイン」と呼ばれることは基本的にはありませんし、そのような呼び方をしている人は「詐欺師」である可能性が高いです。

ビットコインも通貨の単位は「BTC」ですので、「ビット」と呼ばれることはありませんし、そのような呼び方をしている人は「詐欺師」である可能性が高いです。

仮想通貨のリップルで、早く安く国際送金が可能に

今現在個人で銀行を使って国際送金をした場合、1万円をアメリカに送るのに、銀行によっては5,000円以上の手数料がかかったりします。

また、銀行の場合は、24時間365日国際送金ができるわけではありません。しかし、リップルを使えば、24時間365日、早く安く国際送金ができるようになります。

これは個人にとってはとても便利ですし、銀行の既存のシステムコストも何万分の一にも削減されるようです。

仮想通貨のリップルへの期待値から、大きく価格が上昇

このような背景があってリップルへの期待値も高まり、2017年にリップルの価格は一時期1円から50円へと50倍近くに上昇しました。

(2018年追記)最終的に2017年の一年間で、XRPの価格は最高で約400倍に暴騰しました。このため、NHKニュースによると、リップルによって億万長者となった方が数百名と誕生したようです。

現在は価格は落ち着いてきていますが、今後また何かのニュースをきっかけに暴騰する可能性はあるでしょう。

リップルコインは違法なの?詐欺なの?


出典:金融庁

ちなみに、「リップルの販売は違法だ」「リップルコインは詐欺だ」というコメントを、時折インターネット上で見かけます。

ですが、上記のようにリップル(XRP)は、すでに金融庁に登録された仮想通貨のリストに掲載されています。

従って、現段階でリップルを違法とは言えないでしょう。

Ripple, inc.(リップル社)には世界的に有名な企業が出資

また、アメリカ合衆国のカリフォルニア州に本拠を置くRipple, inc.(リップル社)には、GoogleのベンチャーキャピタルやSBIグループなども出資をしています。

そのため、繰り返しになりますが、特に詐欺的な会社ではないと言えます。

現在、世界中で155兆米ドル以上の国際送金が行われています。しかしながら、それを支えるSWIFTなどの送金インフラは、多大なコストがかかり、送金スピードも遅いです。

そこでリップル社は、銀行や送金業者、デジタルアセット取引所をRippleNetでつなげ、スムーズな国際送金の実現を目指しているのです。

拡大するグローバルなネットワーク、RippleNet

こちらのRippleNetには、実際に三菱東京UFJフィナンシャルグループなどの大手の銀行や、アメリカンエクスプレスなどのクレジットカード業界の重鎮なども、次々と参加しています。

ですので、リップル社に対する期待値は世間からも高いとは言えます。

しかしながら、リップル社が発行する仮想通貨のXRPそのものには価値がないため、XRPは無価値だとの意見を持つ人も存在します。

リップルのXRPそのものに価値はない

確かに、XRPは金などの実物資産ではありませんので、XRPそのものに価値がある訳ではありません。また、日本円と違って、日本政府がその価値を保証している訳でもありません。

ただし、XRPを欲しいと思う人がいれば、XRPに価値はつきます。

もともと2017年に1円以下だったXRPは、2017年の年末は一時期300円を超えました。ですので、2017年の1年間を通して、それだけXRPを欲しいと思った人がいた、とは言えるでしょう。

従って、例えば自分がXRPを購入した後に、まだXRPを買いたいと思う人が増えるかどうか?を考えてみるのも、一つの投資の考え方として成り立つでしょう。

リップルの価格は将来どうなるのか?10000円になる?

リップル社がXRPのターゲットプライスをいくらにしているのか、明確に明示している訳ではありません。

現在は数十円〜数百円の範囲で推移していますが、将来的にこれが数千円になるのか、1万円を超えるのかは不明です。しかしながら、今後現在の価格が上昇するかどうかを検討することは可能です。

XRPの将来のポテンシャル

単純な話ですが、仮想通貨は多くの取引所が取り扱えば取り扱うほど、その価格は上昇します。

それは多くの人がその仮想通貨にアクセス可能になるからというのもありますし、それだけ仮想通貨業界のプレイヤーである、仮想通貨の取引所がそのコインの価値を認めている証拠でもあるからです。

と言いますのも、仮想通貨の取引所側からしてみても、そのコインに価値が無ければ、取り扱うメリットが全く無いからです。仮想通貨の取引所側も、できれば将来的に価値が上がり、売買が盛んになるコインを取り扱いたいはずです。

XRPの取引ができる仮想通貨の取引所は、まだBTCほど多くはない

現状、XRPの取引を採用している仮想通貨の取引所は、ビットコインやイーサリアムなどと比べると、まだまだ少ないです。例えば、日本の大手仮想通貨の取引所でも、全ての取引所ではXRPが取り扱われていません。

しかしながら、逆に言えばこれからさらに多くの仮想通貨の取引所にXRPが上場することで、より多くの人々がアクセスできるようになり、その価格も上がっていく可能性があるとは考えることができます。

リップル(XRP)の具体的な購入方法は?

そんなリップル(XRP)ですが、日本では金融庁登録済の仮想通貨の取引所、ビットバンク(bitbank.cc)で購入することができます。

ビットバンクであれば取引手数料も無料で、一番安くXRPを購入することが可能です。なぜなら、ビットバンクは、ユーザー同士がXRPを取引する場を提供している仮想通貨の取引所ですので、余計な手数料がかからないのです。

また、ビットバンクでXRPを取引をしているユーザー数は多く、実際に世界的にもビットバンクにおけるXRPの取引高は大きいため、取引の流動性も高くなっています。

【図解】ビットバンク(bitbank.cc)でのリップル(XRP)の買い方!アルトコインの購入方法を初心者に解説

2018年1月4日

初心者はまずはGMOコインを利用するのも一手

GMOトップページ

ただし、ビットバンクは使い方になれないと、初心者には少々使い辛いかもしれません。ですので、これから仮想通貨を始めようという方は、GMOコインを利用されても良いでしょう。

GMOコインは上場企業のGMOインターネットが運営していますので、セキュリティ面でも安心感があります。

ただし、GMOコインの場合は、ユーザーはGMOコインから直接XRPを購入する形となります。そのため、GMOコインに対する手数料が発生し、ビットバンクよりも手数料は高くなります。

このようなコインの販売形式を、仮想通貨の販売所と言います。ただし、その分GMOコインは、画面が見やすく使いやすかったりします。

ですので、これから仮想通貨を始める初心者の方でも、簡単にXRPを購入することができます。また、GMOコインであれば、大量のXRPを同じ値段で購入できるというメリットもあります。

XRPは無価値で、今後価値が下がると考えた場合は?

ちなみに、リップル(XRP)にはレバレッジ取引もあります。レバレッジ取引とは、少ない元手を仮想通貨の取引所に預けることで、大きな金額の取引ができる仕組みです。

このレバレッジ取引の良いところは、売りから入れる(ショートできる)ため、XRPの価格が下がった時にも利益を出すことができる点です。

そのため、もしXRPに価値がなく、今後XRPの価格が下がると考えている方は、このレバレッジ取引を利用すれば、XRPをショート(売り)して、利益を出すことが可能なのです。

XRPのレバレッジ取引は、DMM Bitcoinで可能

そんなXRPのレバレッジ取引は、DMM Bitcoinのみ可能です。

DMM Bitcoinでは、日本円とXRPのレバレッジ取引だけでなく、ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)のレバレッジ取引も可能です。

そのため、ビットコインに対してリップルの価値が下がると思っている方も、リップルを売る(ショートする)ことで、利益を上げることができます。

DMM Bitcoinでは、アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinのレバレッジは5倍固定で、取引手数料や入出金手数料は全て無料です。

また、日をまたいでトレードをした時だけ、0.04%のレバレッジ取引手数料がかかりますが、デイトレードであれば手数料は全て無料です。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引の種類
  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ネム/円(XEM/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • イーサクラシック/円(ETC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

また、上記のようにDMM Bitcoinでは、XRPに限らず各種アルトコインのレバレッジ取引が可能です。

筆者の場合も、相場が下げトレンドの時はショートを狙うこともありますので、DMM Bitcoinにも口座を保有しています。XRPに限らず、価格が下がった時にも利益を出したい方は、DMM Bitcoinを利用されるのがおすすめです。

仮想通貨のリップルへの投資検討のまとめ

以上になりますが、インターネットで検索すると、色々とリップルに関連する怪しいサイトがたくさん出てきます。

リップルは冒頭でご紹介した「安全な仮想通貨の取引所」を通して簡単に購入できますので、変なところで購入しないように気をつけて下さい。

仮想通貨は世界にイノベーションをもたらしうる期待値が高いテクノロジーの一つですが、日本では現在「仮想通貨詐欺」が横行しています。

そのような詐欺にはだまされずに、ぜひ安全にリップルを購入して下さい。