【仮想通貨の購入方法】初心者にビットコインキャッシュの買い方をGMOコインとZaifで簡単に解説

GMOトップページ

初心者向けに仮想通貨の購入方法について、簡単に図解でご説明します。

今回は例として、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営するGMOコインと、手数料が安くスプレッドも狭いZaifで、ビットコインキャッシュを購入する方法をご説明します。

まず、GMOコインでは、投資の初心者でも、非常に簡単に仮想通貨を購入することができます。

また、ビットコインキャッシュ以外にも、ビットコインやイーサリアム、リップルやライトコインなど、他の代表的な仮想通貨も同様の手順で簡単に購入が可能ですので、先にご紹介します。

仮想通貨の購入手順は3ステップで完了!

GMOトップページ

まず、ビットコインなどの仮想通貨は、インターネット上の仮想通貨の取引所で購入が可能です。

現在では、仮想通貨の交換業者になるためには、事前に金融庁と財務局への登録が必要です。

GMOコインは当然金融庁に登録済の取引業者ですが、中には怪しい業者もありますので、仮想通貨の取引所を利用する際には、詐欺にご注意ください。

具体的には以下の3ステップで、仮想通貨の購入が完了します。

仮想通貨の購入手順
  1. GMOコイン(仮想通貨の交換業者)に登録する
  2. GMOコイン(仮想通貨の交換業者)に日本円を入金する
  3. GMOコイン(仮想通貨の交換業者)で仮想通貨を購入する

また、購入した仮想通貨を日本円に戻したい場合も、簡単に仮想通貨を売却して日本円として出金することが可能です。なお、GMOコインであれば出金手数料も無料です。

1. GMOコインへに登録する

まず、仮想通貨の交換業者である「GMOコイン」へ登録をします。GMOコインへの登録自体は簡単ですので、一緒に見ていきましょう。

まずはこちらのGMOコインの公式サイトへ飛び、トップページ右上にある「口座開設」ボタンをクリックします。

その後、「メールアドレス」を登録し、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

「Facebook」や「Google」での口座開設も可能ですが、万が一自分のSNSのアカウントがハッキングされた場合、他人にログインされてしまう危険性がありますので推奨はしません。

そうすると登録したメールアドレスにGMOのZ.comコインからメールが届きますので、そちらに記載されているURLをクリックします。

GMOコインからメールが届くので、URLをクリック

その後、初期パスワードを設定し、運転免許証などの「本人確認書類」をアップロードして提出すると、「仮口座」開設の申請が完了します。

ですが、「仮口座」では仮想通貨の売買はできませんので、「仮口座」から「口座」にする必要があります。

仮口座から、口座にする必要がある

口座の種類

口座開設の申請からだいたい2~3営業日で、GMOコインから佐川急便で「口座開設コード」が記載されたハガキが届きます。

無事ハガキを受け取ったら、そちらのハガキに記載された「口座開設コード」を、マイページにログインして入力をします。

そうすると口座開設が完了し、GMOコインで仮想通貨の売買ができるようになります。

2. GMOコインに入金する

続いて、GMOコインに日本円を入金します。

入金方法ですが、再びこちらからGMOコインの公式サイトへ飛び、右上の「ログイン」ボタンをクリックします。

そして、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

マイページにログインすると、左側に「入出金」タブがあります。

日本円の入出金タブをクリックする

そちらで「日本円」をクリックして「即時入金」を選択します。その後、自分が利用している銀行(楽天銀行 or 住信SBIネット銀行 or その他の銀行)を選択して、次に進みます。

続いて、「入金金額」欄に希望の入金金額を入力します。そうすると「即時入金お手続き」の画面にいきますので、こちらで入金金額を入力します。

即時入金お手続きで、入金金額を入力する

上記の例では、50,000円を入金しています。

こうして進んでいくと、「Z.comコイン」という画面になります。

Z.comコインの画面に遷移する

そのまま「銀行でお支払い」のタブで「ネットバンク/モバイルバンク」を選択します。

続いて、お使いの銀行が「ゆうちょダイレクト」以外の方は、「Pay-easy(ペイジー)」を選択します。

Pay-easy(ペイジー)を選択する

そのまま進んでいくと、金融機関を選べますので、自分の利用している金融機関を選択します。

例えば、「三井住友銀行」を選ぶと下記の画面がでます。

そのまま三井住友銀行のインターネットバンキング画面に進み、そこで振込の手続きを完了させると、無事GMOコインに入金が完了します。

無事入金が完了したら、GMOコインの会員ホームの画面に戻ります。

3. GMOコインで仮想通貨を購入する

最後に、具体的な仮想通貨の購入方法です。

まずは「トレード」タブから、「仮想通貨現物売買」のタブを選択します。続いて、購入したい仮想通貨を選択します。例では「ビットコインキャッシュ」を選択しています。

購入方法は「金額指定(円)」でも「数量指定(BCH)」でも可能です。

例えば「10万円分買いたい」ということであれば、そのまま「金額指定(円)」のタブで「100,000」と入力し、「購入」ボタンを押せば完了します。

一方、「1BCH」だけ購入したいという場合は「数量指定(BCH)」を選択し、「1」を入力して「購入」ボタンを押せば、1BCHが手に入ります。

仮想通貨の購入方法に関するまとめ

以上になりますが、仮想通貨の売買は、株式投資やFXなどよりも非常に簡単になっています。

また、例えビットコインの価格が100万円になろうとも、0.01などの小さな単位からでもビットコインの購入は可能です。そのため、千円もあれば仮想通貨の購入を始めることはできます。

これから仮想通貨を始めてみようという方は、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムなど、まずは多くの仮想通貨の取引所が取り扱っている仮想通貨から購入を始めてみるのが良いでしょう。

【仮想通貨の手数料一覧】安い取引所をトレードの種類別に初心者に簡単に紹介

2018.02.25

500万円の資産運用でおすすめの方法は?初心者が最初に考えるべきことや注意点!

2018.02.23

SBIの仮想通貨の取扱銘柄は?SBIバーチャル・カレンシーズから見えてくること

2018.02.23

リップルのXRPは無価値?10000円になる日がくるって本当?

2018.02.19

お金の教養講座に大学生の時に行っておけば良かったという話

2018.02.17

ビットコインキャッシュを安く買いたい人向けの方法


出典:Zaif

続いて、ビットコインキャッシュを安く買いたい人向けに、Zaifでのビットコインキャッシュの購入方法をお伝えします。

GMOコインは初心者でも簡単に購入ができるというメリットと、ビットコインキャッシュを大量に売買できるというメリットがありますが、Zaifよりも手数料は高くなっています。

そのため、「とにかく安くビットコインキャッシュを購入したい!」という方は、同じく金融庁登録済の仮想通貨の取引所である「Zaif」を利用されるのが良いでしょう。

それでは具体的にZaifでのビットコインキャッシュの購入方法を、一緒に見ていきましょう。

まずは下記のボタンから、Zaifの公式サイトへ移動します。

取引所Zaifでのビットコインキャッシュの購入方法

まずは、Zaifのトップページからメールアドレスを登録します。その後、Zaifからメールが届きますので、そちらに記載のURLをクリックして、個人情報などを入力していきます。

その後、運転免許証などの本人確認書類をアップロードすると、口座開設の申請が完了します。後日、Zaifから登録した住所に、「本人確認コード」が記載されたハガキが届きます。

こちらのハガキに記載された「本人確認コード」を再度マイページで入力すると、口座開設が完了します。

Zaifに日本円を入金する

こうして無事Zaifに口座開設が完了したら、マイページにある「入出金と履歴」のタブから、日本円の入金を選択します。

そうして、入金した金額を入力し、入金開始ボタンを最後にクリックします。そうすると、振込先の口座情報が出てきます。

そちらに、Zaifから指定された振込人名義に変更して、Zaifの指定先口座に日本円を振り込みます。GMOコインとは異なり、振込人名義の変更が必要になりますので、その点はご注意ください。

Zaifでビットコインキャッシュを売買する

こうして無事Zaifに日本円の入金が完了したら、ビットコインキャッシュと日本円の取引画面に移動します。

チャート画面の下に、売買注文という画面がありますので、まずはそちらを確認します。

上記の図の緑色の注文が、売り注文になっています。

例えば、青枠で囲った緑色の142,500円は、142,500円で5.2506BCH(BCH:ビットコインキャッシュの単位)を売りたいという注文になります。

そのため、この時に142,500円で5.2506BCHを買いたいという注文を出せば、即座に注文が約定され、BCHを手に入れることができます。

Zaifでは、価格と数量を指定する指値注文が可能

価格は自分で決めれますので、右上から買いたい価格と、買いたい数量を入力し、最後に「買い注文」ボタンをクリックすれば、注文が発注されます。

自分が買いたい価格と数量分のBCHを売りたい人がいれば、無事注文は成立し、ビットコインキャッシュを手に入れることができます。

なお、Zaifの取引手数料はmaker手数料0%、taker手数料0.3%となっています。maker手数料とは、注文を発注する際の手数料で、taker手数料とは発注された注文を消費する際の手数料を指します。

Zaifは取引手数料もこのように安くなっており、取引板にならんだスプレッド(購入価格と売却価格の差額)も狭くなっています。

また、ビットコインキャッシュと日本円の取引高は世界的にも大きい取引所ですので、とにかくビットコインキャッシュを安く購入したい方は、Zaifを利用されるのが良いでしょう。

【仮想通貨の手数料一覧】安い取引所をトレードの種類別に初心者に簡単に紹介

2018.02.25

500万円の資産運用でおすすめの方法は?初心者が最初に考えるべきことや注意点!

2018.02.23

SBIの仮想通貨の取扱銘柄は?SBIバーチャル・カレンシーズから見えてくること

2018.02.23

リップルのXRPは無価値?10000円になる日がくるって本当?

2018.02.19

お金の教養講座に大学生の時に行っておけば良かったという話

2018.02.17

資産運用を学ぶ方法