【簡単図解】GMOコインの登録・入金・ビットコインの購入方法や特徴を解説

東証一部上場企業GMOインターネットグループが運営する「GMOコイン」を利用した感想やサービスの特徴、具体的な登録方法、日本円の入金方法、ビットコインの購入方法までを漏れなくお伝えします。

GMOコインへの登録方法

GMOコインへの登録方法は簡単ですので、一緒に見ていきましょう。まずはこちらのGMOコインの公式サイトへ飛びます。続いて、トップページ右上の「口座開設」ボタンをクリックします。

その後、「メールアドレス」を登録し、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「無料口座開設」ボタンをクリックします。

FacebookやGoogleで口座開設も可能ですが、自分のアカウントがハッキングされた場合、ログインされてしまう危険性がありますので推奨はしません。

そうすると登録したメールアドレスにGMOからメールが届きますので、そちらに記載されているURLをクリックします。

その後、初期パスワードを設定し、運転免許証などの「本人確認書類」をアップロードして提出すると、「仮口座」開設の申請が完了します。

ですが、「仮口座」では仮想通貨の売買はできないため、「仮口座」から「口座」にする必要があります。

口座の種類

申請完了から2~3営業日で、GMOコインから佐川急便で「口座開設コード」が記載されたハガキが届きます。そちらの「口座開設コード」をマイページ上で入力をすれば口座開設が完了し、仮想通貨の売買ができるようになります。

GMOコインへの入金方法

続いて入金方法ですが、こちらからGMOコインの公式サイトへ飛び、右上の「ログイン」ボタンをクリックします。そして、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

その後、「入出金」タブの「日本円」をクリックし、「即時入金」を選択します。

自分が利用している銀行を選択し、次に進みます。その後「入金金額」欄に希望の入金金額を入力します。

その後先に進み、確認を求められますのでそのまま進んでいきます。

そうすると自分のインターネットバンキングのページに飛んでいきますので、問題がなければそのまま入金を実施します。

GMOコインでのビットコインの購入方法

GMOコインにログインした状態で「仮想通貨現物売買」タブをクリックし、「ビットコイン」を選択します。GMOコインは「金額指定(円)」と「数量指定(BTC)」が可能です。

上記の例では「金額指定(円)」で、10万円のビットコインを購入する例を示しています。GMOコインの場合は購入価格のレートは決まっていますので、同じレートで10万円分のビットコインを購入することができます。

実際にやってみれば操作は非常に簡単ですので、これからビットコインなどの仮想通貨の購入を検討されている方は、一度GMOコインの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

GMOコインの特徴

GMOトップページ
出典:GMOコイン

元々GMOコインは2017年5月に「Z.comコイン」としてスタートしましたが、2017年8月9日に名称を変更しています。現在は「仮想通貨の現物の売買」と「仮想通貨のFX」、「ビットレ君」というスマホアプリを提供しています。

GMOコインの主な特徴
  • 各種手数料が全て無料(新規・決済注文、入出金手数料など)
  • 365日24時間、いつでもペイジーで即時入金ができる
  • ビットコイン以外にもイーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン等が購入できる
  • スマホアプリが使いやすくて高機能
  • ビットコインFXでは追証が無く、レバレッジも5倍・15倍・25倍から選べる

GMOコインは、各種手数料が全て無料な点が特徴的です。日本の仮想通貨の取引所では、唯一入出金手数料も無料で、いつでもインターネットバンキングから入金が可能です。また、GMOコインはGMO証券のノウハウがあるGMOインターネットグループが運営していますので、ビットコインFXのサービスも充実しています。

GMOコインはビットコインの販売所

GMOコイン

GMOコインは「ビットコインの販売所(=取引の相手方はGMO)」になります。つまり、売買する数量に関わらず、提示された価格でビットコインを購入することが可能です。

通常の仮想通貨の取引所では、取引の相手方は「ユーザー」になりますので、スプレッド(購入価格と売却価格)が小さくなる代わりに、希望の量を購入できなかったり、約定する際のレートがバラバラになってしまったりします。

一方、GMOコインであれば、100万円を超える金額の取引でも、希望の金額で即座に売買が可能です。そのため、大きな金額を扱いたい方には適している仮想通貨の販売所と言えます。

GMOコインを利用するメリット

仮想通貨

1. 大企業の信頼感があり、セキュリティ面で安心

続いてGMOコインを利用するメリットをお伝えしますが、まず東証一部上場のGMOインターネットグループが運営していますので、運営会社に対する安心感や信頼感があります。GMOコイン株式会社自体の資本金も7.5億円と資本体力は十分です。

また、GMOグループにはサーバーを貸し出す事業を運営している「GMOクラウド株式会社」も入っているため、GMOコインには「サーバーダウンが起こりにくい」とも考えられます。

GMOインターネットグループというインターネットのプロ集団が運営していますので、サーバー対策やセキュリティ対策には力を入れていることは確かです。

実際にログイン時にはSMS認証やメール認証などの2段階認証が必ず取り入れられていますので、利用者側としてはセキュリティ面での安心感があります。

2. 各種手数料が全て無料で、即時入金も可能

続いて、GMOコインは取引手数料が無料で、入出金手数料も無料で、Pay-easyによる即時入金サービスもあります。そのため、土日に急いで入金したい際にも、365日24時間即座に入金が可能です。

一方、ビットコインFXの場合、ポジションを持ったまま数日トレードをすると「レバレッジ手数料(借入手数料)」が毎日0.05%かかります。ですので、ビットコインFXに取り組まれる場合は、デイトレードのスタイルが良いでしょう。

3. スマホアプリ「ビットレ君」の機能が豊富

最後に、GMOコインには「ビットレ君」というスマホアプリがあり、通常のFXのスマホアプリと似た設計になっています。FX経験者にとって使いやすいです。両建や全決済の発注、IFD注文やOCO注文も可能になっています。

スマホアプリでもビットコインの日足チャートを確認できますので、長期のトレンドを把握する上でも役立ちます。

GMOコインを利用するデメリット

メリット

一方、GMOコインを利用する主なデメリットは以下です。

デメリット
  • 証拠金維持率75%で強制ロスカットされる
  • 取り扱い仮想通貨の種類が少ない

証拠金維持率75%で強制ロスカットされるという、安全性の高い仕組みが導入されているため、数日〜数週間単位でポジションを持ち続けるビットコインFXのトレードには向いていません。

ビットコインは通常のFXよりもボラティリティが高いため、証拠金維持率の変動が激しくな可能性が高いです。そのため数日間のトレードをされたい方には、証拠金維持率20%までロスカットされない「ビットバンクトレード」の方が適しています。

ビットバンクの手数料は高い?評判や株価を利用者目線で紹介!

2017.08.28

また、GMOコインの取り扱い仮想通貨は現在「ビットコイン」「イーサリアム」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」となっています(2017年中に「リップル」と「イーサリアムクラシック」を取り扱い予定です)。

ですので、「ダッシュ」や「ジーキャッシュ」などの匿名系仮想通貨を日本円で購入したい方や、様々な仮想通貨に分散投資をしたい方には「コインチェック」の利用が適しています。

コインチェックの評判は怪しい?株価や上場は?初心者におすすめは本当?

2017.09.05

仮想通貨の取引所は、取引所ごとに提供している仮想通貨の種類や手数料も異なりますので、これから仮想通貨の売買を始めようという方は、まずは複数の取引所に口座開設されることをおすすめします。

ビットコイン取引所ランキング