グローバル・リンク・マネジメントの評判は?不動産投資セミナーを東京で無料開催中

不動産投資

数十個の不動産投資セミナーをリサーチした中で、今回は「グローバル・リンク・マネジメント」の不動産投資セミナーはおすすめできるかと思いましたのでご紹介します。

時折、インターネット上で10数個の不動産投資セミナーを紹介している記事をみかけますが、普通に考えますと一般人は10個もいく暇はありません。そしてそもそも不動産投資セミナーは、そんなに何十個もいくものでもありません。

世の中には残念ながら「胡散臭い不動産投資セミナー」があふれていますので、それらには参加せずに、真に「信頼できる不動産投資セミナー」に絞って2~3個ぐらい参加する方がよっぽど有益です。

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーの評判や口コミ

不動産投資

まず、グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーは、主に渋谷で開催される参加費無料のセミナーです。

不動産投資の初心者の方から、年齢も20代後半以上の方からと、基本的に幅広い方を対象としているようで、「これから不動産投資を始めよう」といった方にもおすすめできるセミナーです。

特に、他の不動産投資セミナーとの違いは、年収400万円以上から始められるという点が挙げられます。基本的に多くの不動産投資セミナーは年収500万円以上が対象ですし、「前提として年収1,000万円以上でないと相手にしない」という不動産投資業者も中にはありますので、そのような業者と比べると敷居は低いと言えます。

ちなみに以前は会社自体が売上を追い求めるフェーズであったせいか、グローバルリンクマネジメントの社員が「飛び込み営業」をしていたり、「勧誘電話がしつこい」等のネガティブな口コミもあったようです(2010年時点)。

ですが、今では電話営業はなくなり、インターネット上での口コミや評判も大分改善されて来ているようです(2016年時点)。

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーに向いている人は?

まとめ 

そんなグローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーは、主に下記のような方を対象としているようです。

対象になる方
  • 何か良い投資商品を探している方
  • 将来や貯金に不安があり、今のうちから準備したい方
  • 会社で働きつつ、副収入が欲しい方
  • 将来への備えとして、生命保険に入ろうか検討している方
  • すでに年収400万円以上あり、不動産投資の実行前に知識を学びたい方

やはり会社で働きながらも「何か他に副収入を得られるものが欲しい」と思う方は多く、その一つの選択肢として「不動産投資」は改めて注目されています。

特に近年は「IT」の活用によって、今までの不動産投資をもっと効率的にして、かかる費用も削減していこうという「不動産テック(不動産×テクノロジー)」の動きもありますし、ITを活用した不動産投資関連サービスも続々と出てきています。

東京近郊にお住いで、不動産投資自体に関心のある方は、参加すると「不動産投資入門ガイド」ももらえますので、一度情報収集がてら無料の不動産投資セミナーに参加してみても良いかと思います。

もしくは、徹底的に「不動産投資」について学びたいという方には、筆者も実際に参加した下記の「不動産投資スクール」をおすすめします。

【無料】不動産投資セミナーに実際に参加しておすすめだと思った業者

2017.10.13

グローバル・リンク・マネジメントの信頼性は?

会社概要

それでは続いて、そもそも「グローバル・リンク・マネジメントは会社として大丈夫なの?」というところも、きちんと確認しておきす。

上記が会社概要になりますが、まず前提としてきちんと「宅地建物取引業」の免許登録はされており、公的な各種団体にも加盟しています。平成17年創業と歴史もそれなりにある会社で、資本金が2億円あるという点も信頼感がおけます。

続いて、大元のホームページから「取引金融機関」なども確認しておきます。取引銀行のラインナップは以下になります。

グローバル・リンク・マネジメントの取引銀行は?

取引銀行一覧
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 東京スター銀行
  • SBJ銀行
  • オリックス銀行
  • ダイヤモンドアセットファイナンス 三井住友銀行
  • スルガ銀行
  • 東日本銀行
  • 西武信用金庫
  • クレディセゾン
  • リコーリース 三菱東京UFJ銀行
  • 関西アーバン銀行
  • 楽天銀行
  • イオン住宅ローンサービス

ちょっと銀行が多すぎるようには見受けれますが、このような不動産関連業者は取引銀行が多くなってしまう傾向はあります。これはなぜかと言うと、どんなに良い会社であっても、一つの会社に対して銀行側が融資できる上限があるからです。

多数の不動産物件を保有する会社の場合、毎回同じ銀行から借りていては、自社物件の数も増やせませんので、必然的に様々な銀行と付き合う必要が生じてきます。実際に同業他社のHPを確認しても、複数の銀行と付き合っているところが多いです。

グローバル・リンク・マネジメントについては、みずほ銀行やりそな銀行などの大手銀行がついている点や、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のグループ企業ともきちんと取引がある点は、評価に値するでしょう。

グローバル・リンク・マネジメントの経営陣は?

評判

続いて、グローバル・リンク・マネジメントの経営陣についても確認しておきます。まず、代表取締役は「金大仲」氏です。

代表取締役:金大仲氏

神奈川大学法学部法律学科 卒業

新卒で金融機関に入社

さらに実家の焼き肉屋経営を立て直した後大手不動産企業に転職し年間トップセールスを達成。

そこでの経験を経て30歳の時に独立し、グローバル・リンク・マネジメントを設立。

色々とビジネスで実績を残してきている、40歳以上の方のようです。また、その他の経営陣をみてみても、不動産業界で経験を積んだキャリアがある方が大半でした。

ここまでの経歴を拝見すると、社長は中々異色の経歴と言えそうですが、社外取締役や監査役に関しては、どうやらエリート揃いのようです。

社外取締役①:高山直樹氏

東京大学工学部システム創成学科卒。

米国系大手投資銀行の債券部門金融商品開発本部にて、金利、為替、クレジットデリバティブ等の様々な金融商開発業務に携わる。続いて別の米国系大手投資銀行の投資銀行部門にて、製造業、航空業、消費財関連企業等の大型案件・クロスボーダー案件でファイナンス、資本提携を含むM&Aアドバイザリー業務に携わる。

その後、香港の大手華僑と共同で、日本企業にアジアのビジネスパートナーとなる優良企業を紹介し投資するという、日本・アジア間の橋渡しとなるプラットフォーム構築事業に携わる。

2016年5月、グローバル・リンク・マネジメントの社外取締役(監査等役員)に就任。

社外取締役②:琴 基浩氏

大学卒業後、外資系会計事務所にて外資系企業の税務申告や外国人の確定申告などの国際税務に従事する。

1992年税理士試験合格。その後、都内税理士事務所へ入所し、相続税申告など資産税の仕事に携わる。

1995年琴税理士事務所開業。

2016年5月、グローバル・リンク・マネジメントの社外取締役(監査等委員)に就任。

社外取締役③:伊田 賢司氏

公認会計士第2次試験合格後、大手監査法人に入所。

国内監査部門にて化学メーカー、製造業、小売業等の会計監査に従事する。

その後、会計監査だけでなく株式公開めざす会社の各種業務支援やパブリックセクター(公益法人・中央省庁)の業務支援にも従事する。

2016年5月、グローバル・リンク・マネジメント 社外取締役(監査等委員)に就任。

2016年8月、グローバル・リンク・パートナーズ 監査役に就任。

このように優秀な経営陣を集めているようですので、外からのコーポレートガバナンスも効いている企業と評価できるでしょう。

特に大手外資系投資銀行出身者や、税理士と会計士が社外取締役に付いている点から、今後上場する可能性も十分に考えられる会社といって良いでしょう。

グローバル・リンク・マネジメントの組織体系は?

組織図

また、HPに掲載されている「組織体系」もしっかりとしている会社です。更に役員などの経営陣だけでなく、しっかりと社員紹介も掲載されており、きちんと「顔の見える経営」をしている会社のように思います。

以上より、会社概要や組織体系、社員紹介などからも、一定の信頼がおける会社と言えるでしょう。

グローバル・リンク・マネジメントに関するまとめ

まとめ

以上、そもそものセミナー内容、会社概要や経営陣、社外取締役や組織体系、インターネット上の口コミなどから総合的に判断しても、グローバル・リンク・マネジメントの「不動産投資セミナー」は、巷によくある「胡散臭い不動産投資セミナー」ではないかと思います。

特に東京近郊に住んでいる方であれば、インターネット上の情報だけでなく、実際に不動産投資に関する生の声を聞きに、一度リアルな不動産投資セミナーに参加して、総合的に不動産投資を検討してみても良いのではないでしょうか。

 

なお、リアルな不動産投資セミナーに参加する時間がとれない方や、東京近郊以外の遠方にお住いの方などは、以前ご紹介したRenosyが「不動産投資の始め方や成功の秘訣を記載したノウハウBook」をインターネット上で無料配布していますので、まずそちらで資料請求をしても良いでしょう。

Renosy(リノシー)の評判は?不動産投資の初心者向けサービスを徹底検証

2017.07.18

資産運用を学ぶ方法