フィスココインとは?価値や将来性は?Zaifでの買い方を図解

フィスココインのチャート

金融庁登録済の仮想通貨の取引所「Zaif」で購入が可能な「フィスココイン」の特徴や価値、将来性などについてです。

フィスココインとは?トークンとは?

フィスココイン
出典:フィスコ

「フィスココイン」は株式会社フィスコが発行するトークンです。

「トークン」とは、公式の説明では「ブロックチェーン技術を用いた分散型台帳上の記録」となっていますが、要はブロックチェーン上で発行された「コイン」です。ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または分散型ネットワークのことをさします。

そのため、トークンの場合は、このブロックチェーン上にトークンの総量、誰がどのぐらい持っているのか?(各人のトークン保有比率)や、誰が誰に送金したのか?(送金の履歴情報)などの情報が、誰からも改ざんできない形で全て記録管理されます。

この全て記録管理される点が、例えば楽天ポイントなどの仮想の「コイン」と異なります。

フィスココインの発行枚数

トークン

フィスココインの発行枚数は、合計5000万枚です。例えば、フィスコの関連会社であるカイカ株式会社が発行する「カイカコイン」の発行枚数は3億枚ですので、それよりも少なくなっています。

フィスココインは2016年10月と2017年5月の2回に分けて、一部のコインを株主に対して無償で配布しましたが、2017年7月13日にフィスココインの追加発行ロックを発表し、発行枚数は今後5000万枚以上に増えることがないことを確定しました。

このようにフィスココインの追加発行をロックしたことで、今後はフィスココインの価値の希薄化が起こり辛くなり、フィスココインの市場価格の安定・向上が期待されています。2017年7月時点にては、フィスココインの安定保有者の保有数を除いた市場流通枚数は約1100万枚と想定されています。

また、このフィスココインの追加発行のロックについても、上述したブロックチェーン上に、誰からも改ざんできない形で記録管理されています。

フィスココインの用途


出典:ネクスファーム

フィスココインでは、様々な財・サービスと交換が可能です。

例えば、自社が発行するフィスココイン専用のレポートを購入できたり、関連会社のネクスグループが運営する「ネクスファーム」では、野菜が購入できたりもします。

また、「ウェブトラベル」ではハワイ旅行のサービスを購入することができたりもします。

海外旅行
出典:ウェブトラベル

今後フィスコグループでは、フィスココインと交換できる財・サービスの種類を拡充し、将来的にはフィスココインと財・サービスとを交換できるポータルサイトを構築する予定のようです。

フィスココインのチャートと今後の将来性について

フィスココインのチャート

まず、フィスココインが大きく上昇したのは2017年7月で、一時70円近くまで上昇しました。この要因はおそらく2017年7月13日にフィスココインの追加発行ロックを発表したことが大きいでしょう。

当初フィスココインは2~3円程度で推移していましたので、この時期に購入された方は3ヶ月程度で20倍以上のリターンを得られていたことになります。

フィスコの株価チャート

フィスコの株価

フィスコの株価チャートを確認してみると、2017年10月に大きく株価は上昇していますが、フィスココインに特段の影響はなかったようです。

今の所、実際の会社の株価とフィスココインのチャートに相関があるとは言い切れませんが、何かしらの好材料ニュースが出た際には、フィスココインも上昇する可能性はあるでしょう。

Zaifでのフィスココインの買い方

最後に、フィスココインは「フィスコ仮想通貨取引所」か「Zaif」で購入が可能ですが、「フィスコ仮想通貨取引所」は「Zaif」のシステムを利用しています。

また、「Zaif」の方が購入可能な仮想通貨の種類が多かったり、ビットコインの購入手数料がお得だったりしますので、「Zaif」での購入方法をお伝えします(「Zaif」への登録方法はこちらの記事の後半にてご紹介しております)。

まず、Zaifの公式サイトからマイページにログインしたら、「取引」ボタンをクリックし、左上のコインの選択ボタンから「フィスココイン」を選択します。

その後、すぐに購入したい方は、チャートの下にある売買注文の板から、一番安い売値を選択します。

そうすると購入したい価格がセットされます。その後は、購入したい「数量」を入力し、最後に「買い注文」ボタンを押します。

まだ先に誰かに購入されていなければ、売買が成立してフィスココインを手に入れることができます。最初はこの「指値注文(値を指定して注文する方法)」に慣れないと、取引が難しく感じてしまうかもしれませんが、慣れれば簡単です。

これからトークンや仮想通貨の購入を検討されている方は、金融庁にも登録済で、様々なトークンや仮想通貨を購入できるZaifの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

資産運用を学ぶ方法