【フィスコ仮想通貨取引所の評判】Zaifと比較して利用がお得なのはどっち?

フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所の口コミです。

まず、フィスコ仮想通貨取引所は、株式会社テックビューロが運営する、仮想通貨の取引所「Zaif」のシステムを利用していましたが、2018年9月に関連会社のカイカのシステムに移行が完了しました。

そして、2017年10月にはフィスコ仮想通貨取引所が、Zaifを買収しました。

筆者もフィスコ仮想通貨取引所に口座は保有しておりますが、口座維持手数料は無料ですので、持っておいて損はない口座の一つです。

フィスコ仮想通貨取引所の基本情報

フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所は「金融庁登録済の仮想通貨売買業者」であり、親会社のフィスコもJASDAQ(ジャスダック)に上場しています。

この点で、取引所の利用の際に一定の安心感があることは確かです。また、会社概要は下記になります。

フィスコ仮想通貨取引所の会社概要
  • 社名:株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • 設立:平成28年4月12日
  • 資本金:5,250万円
  • 所在地:東京都港区南青山五丁目4番30号 CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex 2F
  • 登記上の本店所在地:大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号
  • 役員:代表取締役 越智直樹
  • 株主構成:株式会社フィスコ、SEQUEDGE INTERNATIONAL LIMITED、株式会社カイカ(旧社名:SJI)

2016年4月12日設立され、同年8月29日に仮想通貨売買のサービスがスタートしていることが分かります。

また、資本金も5000万円以上ありますので、明日潰れるような会社ではないことは確かでしょう。

フィスコ仮想通貨取引所とZaifの手数料やサービス面の比較

フィスコ Zaif
取引手数料 無料 -0.05%〜0.3%
出金手数料 350円(50万円未満)
756円(50万円以上)
350円(50万円未満)
756円(50万円以上)
入金方法 銀行振込 銀行振込、Pay-easy
仮想通貨の種類 3種類 5種類
トークンの種類 3種類 9種類(+CMS2種類)
レバレッジ取引 ×
積立サービス ×
スマホアプリ取引 ×

続いて、仮想通貨の取引所Zaifと、手数料やサービス面の比較をします。

まず、フィスコ仮想通貨取引所の取引手数料は無料ですが、Zaifの場合は、ビットコインの売買をするたびにビットコインをもらえる「マイナス手数料」のサービスを導入しています。

ですので、ビットコインの購入を検討されている方は、Zaifを利用する方がお得です。また、取り扱い仮想通貨も下記のように異なります。

フィスコ仮想通貨取引所とZaifの取り扱い仮想通貨の比較

フィスコ仮想通貨取引所の仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナーコイン(MONA)
Zaifの仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナーコイン(MONA)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)

上記のように、Zaifには日本でも人気の仮想通貨である「イーサリアム」や「ネム」などの取り扱いがあります。

ですので、それらのアルトコインを購入したい方は、Zaifの利用を検討された方が良いでしょう。

また、トークンに関しても、フィスコ仮想通貨取引所が取り扱う「フィスココイン」「カイカコイン」「ネクスコイン」は、全てZaifで購入が可能です。

これらの企業トークンに加えて、Zaifでは下記のトークンが購入可能です。

Zaifだけが取り扱うトークン

Zaifだけが取り扱うトークン
  • ザイフ(ZAIF)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • ストレージコイン(SJCX)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • ゼン(ZEN)
  • CMS(E)
  • CMS(N)

例えば、Zaifが発行するZaifトークンは、当然ながらZaifでしか購入することができません。

Zaifでは仮想通貨の信用取引などのレバレッジ取引が可能

Zaifの取引板

また、Zaifではビットコインの先物取引や信用取引などのレバレッジ取引ができます。一方、フィスコ仮想通貨取引所は今のところはそのようなサービスを提供していません。

他にも、Zaifにはビットコインやイーサリアムなど、主要な仮想通貨の積立サービスがありますが、フィスコにはそのようなサービスはありません。

ですので、幅広い種類の仮想通貨やトークンに分散投資をしたい方や、ビットコインのレバレッジ取引をされたい方、仮想通貨の積立投資をしたい方などは、Zaifを利用された方が良いでしょう。

フィスコ仮想通貨取引所を利用するメリット

フィスコ仮想通貨取引所の取引板

一方で、フィスコ仮想通貨取引所を利用するメリットは、上場企業である安心感です。

他の仮想通貨の取引所と比較した場合でも、GMOコインほどではありませんが、やはり上場企業が運営している安心感があります。

また、フィスコ仮想通貨取引所のスマホアプリは、ニュースや価格チェックに便利なアプリとなっています。

フィスコ仮想通貨取引所のスマホアプリ

フィスコスマホアプリ

フィスコ仮想通貨取引所のスマホアプリでは売買はできませんが、様々な仮想通貨の値段を日本円で確認することができます。

また、日々フィスコが配信する仮想通貨関連のニュースを確認することもできます。

フィスコアプリ

ちなみにこちらのアプリは、フィスコ仮想通貨の取引所に登録をしなくても、アプリをダウンロードすれば利用が可能です。

また、フィスコのマーケットレポーターの高井ひろえさんが、ビットコイン初心者向けに「仮想通貨セミナー」を定期的に東京で開催したりもしています。

基本的にフィスコ仮想通貨取引所は、これから仮想通貨を学びたい人向けの情報を配信している印象です。

フィスコ仮想通貨取引所を利用するデメリット

フィスコ仮想通貨取引所を利用するにあたって、これといったデメリットは特にありません。

ですが、仮想通貨売買をする際には、複数の取引所を利用するのが鉄則です。なぜなら、仮想通貨のハッキングリスクや、仮想通貨の取引所の倒産リスクから自分を守る必要があるからです。

ですので、仮想通貨投資をこれから始めようという方は、フィスコ仮想通貨取引所に口座開設をするのであれば、金融庁登録済の他の仮想通貨の取引所も、合わせて利用されるのがおすすめです。

資産運用を学ぶ方法