EthereumClassicとは?Ethereumとの違いや購入で安い取引所を紹介

2016年7月に誕生した、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)と、元祖イーサリアム(Ethereum)についてです。

今回はイーサリアムクラシックやイーサリアムを購入するのにお得な仮想通貨の取引所や、それぞれの特徴・将来性・リスクなどをご紹介します。

目次

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の取引所の比較

業者(公式HP) 購入価格 売却価格 差額 取引手数料 取り扱い開始日
コインチェック 1196円 1118円 78円 無料 2016年7月28日
ビットフライヤー 1302円 1166円 136円 無料 2017年7月26日
QUOINEX 無料 2018年1月予定
GMOコイン 無料 2018年予定

日本の仮想通貨の取引所ではコインチェックとビットフライヤー、QUOINEXで取り扱いがあります。なお、今後GMOコインでもETCは取り扱い予定とのことでしたが、今の所取り扱いがありません。

GMOコインは、これまでにビットコインキャッシュやライトコインの、スプレッド縮小キャンペーンなどもやっています。

そのため、今後はGMOコインで購入した方が安くなる可能性もありますので、イーサリアムクラシックを大量に購入予定の方は、合わせてGMOコインにも口座開設をしておくと良いでしょう。

【口コミ】GMOコインの無料登録・口座開設・入金・買い方を徹底解説

2017.09.08

イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いは?

イーサリアムクラシックは、イーサリアムからハードフォークして誕生しました。

2016年に「The DAO」というプロジェクトがICOを行って合計150億円近くを調達したものの、コードの脆弱性をつかれ、推定50億円相当のイーサリアムがハッカーに盗まれた事件がありました。

そこで、このハッキングをなかったことにするために、イーサリアムがハードフォークを実行しました。それが現在の「イーサリアム」です。

ですが一方で、ハードフォークする前の元祖の「イーサリアム」を支持する人々が存在し、それが現在の「イーサリアムクラシック」となっています。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の基本的な特徴

イーサリアムクラシックの特徴
  • 誕生日:2016年7月20日
  • システム:Proof of Work
  • アルゴリズム:Ethash
  • 発行枚数:約2億1000万ETC(元々は無限)
  • ブロックタイム:0.2分
  • 用途:少額決済やスマートコントラクトへの利用(仮)

現時点でのイーサリアムとの違いは、発行上限です。イーサリアムの発行枚数は無限ですが、ETCは約2億1000万ETCになる見込みです。

(2018年追記)2017年12月に無事アップデートが完了し、発行上限が2億1000万ETCとなりました。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の保管場所

現在では、イーサリアムと同じく「MyEtherWallet」というウェブウォレットで、イーサリアムクラシックの保管は可能になっています。

他にも、「Trezor」というハードウェアウォレットでも保管が可能です。ハードウェアウォレットで保管した方が、ウェブウォレットよりもセキュリティは高くなります。

そのため、大量にイーサリアムクラシックを購入された方は、ハードウェアウォレットのTrezorで保管された方が良いでしょう。

なお、TrezorはZaifに登録して購入すると割引になりますので、まだZaifに口座を保有していない方は、合わせて利用されると良いでしょう。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のマイナー


出典:ETC CHAIN

イーサリアムクラシックのマイニングには、イーサリアムのマイナーのEthermine・Nanopool・F2Poolが参戦しています。


出典:Etherscan

F2Poolはビットコインのマイニングにも取り組んでいますが、現時点ではマイナーもマイニングする価値があると判断しているようです。

また、ビットコインの最大のマイナーであるBitmain社が運営するAntpoolも、Twitter上ではマイニングしていることを発表しています。

イーサリアムクラシックの価格の推移(2016年7月24日〜)

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックの価格は、ドルベースで一番低い時で0.6$、一番高い時で22$の値をつけています。

底値で上手く購入できていれば、1年間で20倍以上のリターンを得ることもできたとは言えるでしょう。

(2018年1月追記)現在は31$付近にまで上昇しています。

イーサリアムクラシックの今後や将来性

続いてイーサリアムクラシックの将来性を考える上で、イーサリアムクラシックが現在のイーサリアムを代替することがあるのかどうか?を検討します。

イーサリアムベースのアプリケーションは増加

2017年に入ってから、イーサリアムベースのアプリケーションはかなり増加しています。

一方、イーサリアムクラシック上に作られた有名なアプリケーションは今のところありません。以前に「ETCWin」というプロジェクトがありましたが、現在はサイトも無くなっています。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の使用用途

上記の状況を鑑みると、イーサリアムクラシックがイーサリアムのようなプラットフォームとしての役割を代替する可能性は、今のところは高くないように見受けられます。

それでは、イーサリアムクラシックは一体どのような使われ方をされるのでしょうか?

IOT分野に使われるという噂もありますが、デジタルカレンシーグループの創業者兼CEOのバリー・シルバート氏(Barry Silbert)は、イーサリアムクラシックは「少額決済やスマートコントラクトへの利用」が考えられるとも話しています。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)ファンドの存在

そして、もう一点注目すべきは、2017年4月に上記のデジタルカレンシーグループの子会社である「グレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)」が、イーサリアムクラシックのファンドを開始すると発表したことです。

なお、グレイスケール・インベストメンツは、すでに「ビットコインのファンド」「ジーキャッシュのファンド」も運用しています。

おそらくデジタルカレンシーグループは、これからイーサリアムクラシックに多額の資金が流れ、その価値が上昇すると考えているようです。

イーサリアムクラシックの価格変動リスク

イーサリアムクラシック

一方、当然ながらイーサリアムクラシックへの投資にもリスクはありますので、検討してみます。

イーサリアムクラシックの想定リスク
  1. イーサリアムクラシックの開発が滞る
  2. ハッカーに盗まれたイーサリアムクラシックが、ある時点で大量に売られる

(2018年追記)イーサリアムクラシックの開発にIOHKが参画

まず1点目のイーサリアムクラシックの開発リスクですが、現在はIOHKがイーサリアムクラシックのプロジェクトに参画しています。

IOHK(Input Output HK)は、2015年にCharles HoskinsonとJeremy Woodによって設立されたエンジニアリングおよびテクノロジー企業で、多くのエンジニアを抱えています。

そのため、この点については以前よりも開発力が上がったと考えて良いでしょう。

長期的に見れば、ハッカーによるETC売却もプラス材料

続いて、ハッカーの件についても、そこまで悲観する必要はないように考えられます。

当然、盗まれたイーサリアムクラシックが一度に大量売却された際には、一時的にイーサリアムクラシックの価格は下落することはあるでしょう。

ただし、イーサリアムクラシックの時価総額が大きくなれば、一瞬価格は下落することがあれど、長期的に見れば「イーサリアムクラシックが無事に市場に戻ってきた」という見方もできます。

そのため、その時期を過ぎれば、再びファンダメンタルで、イーサリアムクラシックの価格は回復することも見込まれます。

イーサリアムが伸びればイーサリアムクラシックも伸びる?

以上になりますが、もともとイーサリアムクラシックの機能はイーサリアムと同じです。イーサリアムと同じように、イサーリアムクラシックにもきちんと「コミュニティ」が生まれています。

価格については、実際のところはイーサリアムへの人気が出るにつれて、イーサリアムクラシックもそれに引っ張られて上昇していくと考えるのが自然かとは思われます。

イーサリアムは仮想通貨の販売所と取引所で購入が可能

続いて、仮想通貨イーサリアム(Ethereum)についてです。

まず、イーサリアムを購入する際には、スプレッドと手数料から仮想通貨の取引所を比較して、一番お得に購入できる業者を確認します。

具体的には、イーサリアムは①仮想通貨の販売所と、②仮想通貨の取引所の両方で購入することが可能です。

1. 仮想通貨の販売所のメリットとデメリット

まず、仮想通貨の販売所は、業者から直接仮想通貨を購入する場所です。

そのため、初心者でも簡単に購入できる設計になっています。また、一度に同じ金額で大量に仮想通貨を購入することができるというメリットがあります。

しかしながら、業者から直接購入するため、購入価格と売却価格の差額である「スプレッド」が大きくなっています。

上記のビットフライヤーの例では、イーサリアムの購入と売却で、約7,500円もの差額がありますので、この点がデメリットです。

2. 仮想通貨の取引所のメリットとデメリット

一方、仮想通貨の取引所ではユーザー同士が売り買いをします。

例えば、上記はビットフライヤーが提供するbitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)というサービスですが、こちらではユーザー同士が売り買いをできます。

そのため、売り手の希望価格と買い手の希望価格の差額である「スプレッド」は、0.52%(状況に応じて変動あり)と、仮想通貨の販売所よりもはるかに狭くなっています。

ただし、ビットフライヤーの場合は、BTC/ETHのペアでしか取引ができませんので、日本円とイーサリアム(JPY/ETHのペア)で取引ができる取引所を、続いてご紹介します。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)取引所の手数料を比較

業者名(公式サイト) 通貨ペア maker手数料 taker手数料 取引手数料
Zaif JPY / ETH 0% 0.1%
ビットポイント JPY / ETH 0% 0%
QUOINEX JPY / ETH
BTC / ETH
QASH / ETH
約定金額の0.25%
仮想通貨ならビットバンク BTC / ETH 0% 0%
bitFlyer Lightning BTC / ETH 0.2% 0.2%

まず、Zaifの手数料について、maker手数料は取引の板に注文を並べる際の手数料、taker手数料は、取引の板に並んだ注文を消費する際の手数料を指します。

したがって、今の所イーサリアムを購入する場合は、Zaifかビットポイントが最安値です。

しかしながら、取引所同士でもスプレッドに差があります。そこで実際に確認してみると、Zaifの方がより安くイーサリアムを購入できる可能性が高いことがわかります。

Zaif(ザイフ)のイーサリアムの取引板

上記の図で、Zaifでは売り手の最安値が118,480円ですので、買い手の最高値は118,005円となっています。

そのため、一定時点ではありますが、スプレッドは400円程度しかありません。

ビットポイント(BITPOINT)の取引板

一方、ビットポイントでは一番安くて120,300円で購入することができ、一番高くて119,000円で売ることができます。そのため、スプレッドは1300円となっています。

ですので、ビットポイント1,300円>Zaif400円と、Zaifよりは大きくなってしまう可能性が高いとは言えます。

ただし、実際に購入できる価格がどちらが安くなるかは、その時の取引板の参加者によって変わってきます。実際に見比べて購入したい方は、両方に口座開設をされておくと良いでしょう。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ

2017.09.14

ビットポイントのスマホアプリを比較!総合口座開設前に知っておきたいこと

2018.02.10

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)販売所のスプレッドを比較

業者名(公式サイト) 取引手数料 入金手数料 出金手数料 スプレッド
GMOコイン 無料 無料 無料 7,000円
ビットフライヤー 無料 振込手数料 216円〜756円 8,703円

イーサリアムの販売所は、基本的にどこも取引手数料は無料です。

そのため、一定時点でのスプレッドを比較することが大切です。そこで、イーサリアムを業者から直接購入する場合に安いのは、GMOコインと言えるでしょう。

ビットフライヤーでイーサリアムを安く購入する方法

なお、ビットフライヤーには下記の手順を踏めばイーサリアムを安く購入することができます。

イーサリアムの購入方法
  1. ビットフライヤーに日本円を入金する
  2. ビットフライヤーライトニングでビットコインを購入する
  3. ビットフライヤーライトニングでイーサリアムを購入する

ビットフライヤーのアルトコイン販売所でアルトコインを購入してしまうと、スプレッドが大きいため、大体購入金額の5%以上は手数料がかかってしまいます。

一方、ビットフライヤーライトニングの手数料は0.20%です。

ビットフライヤーライトニングの手数料は安い

ビットフライヤーライトニングであれば、スプレッドも狭くなるため、手数料は0.2%×2回ほどかかるものの、結果としてイーサリアムを安く購入できるのです。

まずはビットフライヤーへ無料登録が必要

まだビットフライヤーに登録が済んでいない方は、まずはビットフライヤーへ登録が必要です。下記のボタンをクリックして公式サイトへ飛びます。

その後、トップページからメールアドレスを登録すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。そちらのURLをクリックし、各種確認事項を承諾して、本人情報の登録に進みます。

本人確認の登録を済ませないと、仮想通貨の売買ができませんので、右下にある項目の一つ一つの登録を済ませます。

本人確認資料などを提出

こうして、ご本人情報のご登録、ご本人確認資料のご提出、お客様の取引目的等のご確認、携帯電話認証、銀行口座情報確認、IDセルフィーの各種登録を完了させます。

そうすると、1週間以内にビットフライヤーから登録した住所にハガキが送られてきます。

転送不要書留郵便のお受け取りを完了させる

そちらのハガキの受け取りが完了すると、最後に「転送不要簡易書留郵便のお受取」が「受取済」に変わります。

なお、Facebook連携は、万一SNSがハッキングされた際に資産まで奪われてしまう可能性がありますので、連携しない方が良いでしょう。

①ビットフライヤーに日本円を入金する

続いて、左側の「入出金」タブから、ビットフライヤーに指定された銀行口座に、銀行振込で日本円を入金します。

今回は例で10万円を振り込みましたが、無事振り込みが完了すると、資金が反映されます。続いて、ビットフライヤーライトニングのタブに移動します。

②ビットフライヤーライトニングでビットコインを購入する

そうすると左上に①「BTC/JPY」のタブがあることがわかります。そこでまずは、左上の①「BTC/JPY」タブをクリックして、ビットコインを購入します。

ビットフライヤーでは「ビットコイン販売所」のタブからもビットコインを購入することができますが、ビットフライヤーライトニングから購入した方がスプレッドが狭くなります。

そのため、ビットコインを購入する際もライトニングを利用された方が良いでしょう。

ビットフライヤーライトニングでの指値注文のやり方

右側の注文スペースから、買いたい「数量」と、買いたい「価格」を入力して、黄色の「買い」ボタンをクリックすることで、指値注文を発注することができます。

上記の画像の例では、1BTCを140万円で買いたいという注文になりますが、無事注文が通ればビットコインを手に入れることができます。

このように、買いたい値段と数量を指定する注文方法を「指値注文」と言います。

ビットフライヤーライトニングでの成行注文のやり方

もしくは、上記のように「成行注文」のタブを利用して、買いたいビットコインの「数量」だけを指定して注文することも可能です。

そうすると、コンピューターが勝手にその時点での最適なレートで約定を完了してくれます。こちらの注文方法を成行注文と言います。

すぐにビットコインが欲しい方は、成行注文を利用しても良いでしょう。

③ ビットフライヤーライトニングでイーサリアムを購入する

こうしてビットコインを購入したのちに、今度は購入したビットコインでイーサリアムを購入します。そのためには、ビットフライヤーライトニングの左上のタブから「ETH/BTC」を選択します。

そうしてさきほどと同じように、購入したいETHの数量と価格を指定した指値注文か、数量だけを指定した成行注文を利用して、注文を発注します。

イーサリアムとビットコインの取引においても、アルトコイン販売所よりもスプレッドは狭くなっています。

ビットコインからアルトコインを購入する際は税金に注意

なお、ビットコインを購入後、ビットコイン価格が購入時点よりも上がった状態でアルトコインを購入した場合、その時点でのビットコインの含み益に税金がかかってしまいます。

2018年時点の日本の法律では、そのような課税制度となっていますので、注意が必要です。

ただし、ビットコインを購入後、ビットコインの価格が下がったタイミングでイーサリアムを購入すれば、税金はかかりません。

つまり、含み損には課税はされませんので、そのままイーサリアムを保有しておけば税金は気にしないですみます。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)を取り扱う取引所数は多い

なお、イーサリアムの世界での月間取引高は平均して高く、取り扱っている取引所の数も世界で400を超えており、世界的に取引できる場所が多い仮想通貨となっています。

もちろん仮想通貨界の基軸通貨である「ビットコイン」の取引ボリュームが一番大きいのですが、続いて「ビットコインキャッシュ」、そして「イーサリアム」の順番になっていることが多いです。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)は企業が利用する可能性も


出典:EEA

また、イーサリアムには、イーサリアムの活用に共同で取り組む企業連合「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」があります。

2017年5月には「三菱東京UFJフィナンシャルグループ」や「トヨタ自動車」など、日本を代表する大企業が加盟したことで非常に話題になりました。

このように、すでに企業向けへの利用用途は着実に広がってきています。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の決済サービスが開始

また、2017年には東証一部上場企業のリミックスポイントが運営する仮想通貨の取引所「ビットポイント」が、個人向けにも「イーサリアム」の決済サービスを始めたりしています。

ですので、イーサリアムは企業だけでなく、個人にも利用される未来があるのかもしれません。

イーサリアム連合には大企業が参加しているとお伝えしましたが、実際にサービス面では、プラットフォームであるイーサリアムの上に、様々なアプリケーションやサービスが誕生しています。

そのため、そもそものプラットフォームであるイーサリアムの価値も、2018年にはますます上昇することが期待されるでしょう。

アルトコイン別に手数料が安い取引所の一覧

最後に、アルトコインの購入は、購入するアルトコインの銘柄によって、手数料が安い仮想通貨の取引所は異なります。

下記に、一番アルトコインをお得に購入できる「仮想通貨の取引所」の一覧をご紹介します。

日本円でアルトコインを購入する場合
  • ビットコインキャッシュ(BCH):Zaif or bitbank
  • イーサリアム(ETH):Zaif
  • イーサリアムクラシック(ETC):QUOINEX
  • ライトコイン(LTC):GMOコイン or BITPOINT
  • リップル(XRP):bitbank
  • モナーコイン(MONA):Zaif or bitbank
  • ネム(XEM):Zaif
  • リスク(LSK):bitFlyer
  • その他のトークン(Zaifトークン/フィスココインなど):Zaifのみ

アルトコインを日本円から購入した場合、そのまま保有しておけば、日本円に換金するまでは税金もかかりませんので、長期の保有が可能です。

仮想通貨は現実のお店やサービスで使える場所も増えていますので、将来的には主要なアルトコインを日常生活で使える日が来る可能性も高いでしょう。

日本円から直接手数料安くお得にアルトコインに分散投資をしたい方は、まずはZaif仮想通貨ならビットバンクGMOコインあたりに無料の口座を開設しておけば、全てのアルトコインをお得に購入可能になります。

資産運用を学ぶ方法