仮想通貨は危険?損失や失敗から初心者が身を守る方法

リスク

仮想通貨は危険なのでしょうか?2014年から仮想通貨の世界に足を踏み入れた筆者が、その危険性や対策方法をお伝えします。

仮想通貨の危険性とは?

まず、そもそも仮想通貨に投資をした場合、元本保証ではありません。仮想通貨には価格が変動するリスクがありますので、購入時より価格が下がってしまう可能性はあります。

例えば、下記のビットコインの価格推移を表すチャートで、ビットコインの価格が高い時点で購入してしまい、価格が低い時点で売却してしまった場合、大幅な損失となります。


出典:コインチェック

一方、価格が安い時に購入して高い時に売れることができれば儲かるということになります。

通常の金融商品と比べた際のリスク

但し、通常の金融商品と比べた際、仮想通貨に投資をする場合は下記のようなリスクも出てきます。

  • 仮想通貨の詐欺に騙されるリスク
  • 仮想通貨の取引所が破綻するリスク
  • 自分の仮想通貨が盗難されるリスク

まず、「仮想通貨の詐欺」が最近多くなってきていますので、その点には留意が必要ですが、基本的に金融庁に登録済の「仮想通貨の取引所」から仮想通貨を購入すれば問題ありません。

続いて、自分が利用している「仮想通貨の取引所」が破綻してしまうリスクや、預けていたコインが盗難されてしまう(ハッキング)リスクなども懸念されます。

ですので、仮想通貨の取引所を利用する際には、金融庁登録済みで信頼できて、セキュリティ対策もなされている業者を利用すべきです。当サイトでは信頼できる仮想通貨の取引所をご紹介しておりますので、良ければ参考にしてみてください。

仮想通貨の盗難・ハッキングへの具体的な対策方法

また、ビットコインなどの仮想通貨を仮想通貨の取引所で購入した後、多額の仮想通貨を取引所にそのまま保管しておくと、ハッキングや盗難のリスクが伴います。

これに対して、一般的にはインターネット上の財布(ウェブウォレット)へ資金を移動させて保管しておく人もいれば、「TREZOR(トレザー)などのハードウェアウォレットに保管しておく人もいます。

インターネットから物理的に隔離した「ハードウェアウォレット」への保管の方がセキュリティは高くなりますので、仮想通貨を大量購入される予定のある方は「TREZOR(トレザー)の利用を検討しておくと良いでしょう。

仮想通貨の投資で損失や失敗のリスクを抑える方法

リスク

続いて、仮想通貨の投資(現物取引)で、損失や失敗のリスクを抑える方法をご紹介します。

方法①:含み益が出るまで売らない

まず、仮想通貨の現物取引であれば、極論、売らなければ損はありません。

2017年10月時点でビットコインの価格は60万円を超えていますが、例えば70万円の高い価格で購入したとしても、再び価格が70万円を超えるまで辛抱強く待ってからビットコインを売却することができれば、損することはありません。

但し、株式投資と同じで、もう一生価格が浮上してこない可能性もありますので、その点は留意しておく必要がありますが、長期的目線で「価格が上昇する」と信じられる銘柄に投資をした方が、辛抱強く待つこともできるでしょう。

また、ビットコインに限らず、投資しようとしている仮想通貨が「最高値」を更新している際などに慌てて手を出すのではなく、十分に価格が落ち着いた際に、大幅な安全余裕度を持って購入されることをおすすめします。

方法②:アービトラージ取引に専念する

アービトラージ取引とは、仮想通貨の取引所間の仮想通貨のレートの差額を狙って収益を上げる方法です。例えば、日本の仮想通貨の大手取引所である「コインチェック」と「ビットフライヤー」の価格差に注目してみます。

下記はあくまで例ですが、赤線で囲んだ「イーサリアム(単位:ETH)」の価格に注目して見ます。

そうすると、ビットフライヤー(bitFlyer)という取引所では「1ETH=36,873円」であるのに対して、コインチェック(Coincheck)という取引所では「1ETH=34,706円」というレートの状況になっていることがわかります。

つまり、手数料やスプレッド(購入価格と売却価格との差額)を無視すれば、単純にコインチェックで「イーサリアム」を購入して、コインチェックから「イーサリアム」をビットフライヤーに送金し、ビットフライヤーで「イーサリアム」を売却することで、利益をあげることが可能なのです。

もちろん仮想通貨の購入時には取引手数料やスプレッドが存在しますし、少額ですがイーサリアムの送金手数料もかかりますので、毎回確実に利益を上げられる訳では無いですが、非常にわかりやすい取引手法と言えるでしょう。

なお、もちろんイーサリアムを送金している間に、イーサリアムの価格自体が下落してしまうリスクはありますので、この点は留意しておくべきです。ですので、このアービトラージ取引を行う際は、基本的には上げ相場で、取引所間の価格差が大きく開いている時に取り組まれるのが良いでしょう。

資産運用を学ぶ方法