【Tポイントを大量に貯める方法】クラウドクレジットでキャンペーン開始

Tポイントを1度で大量に貯める方法はあるのでしょうか?

1万円からできる貸付型クラウドファンディングのクラウドクレジットでは、20万円以上の投資でTポイントが5000ptも貯まるキャンペーンを2019年9月13日から開始しました。

筆者もクラウドクレジットには口座を保有していますが、表面利回りが年利約5.5%~12.5%となっており、累計出資金額約220億円、運用残高約124億円、ユーザー登録数は39,000名以上(2019年9月8日時点)のサービスです。

クラウドクレジット株式会社には、大手総合商社の伊藤忠商事も出資をしていることで有名です。インターネット上から投資初心者でも簡単に海外新興国投資ができる点が特徴で、債券や預金よりも利率が良く、株式市場などの動向に影響されづらいなどの特徴をもちます。

新興国投資のクラウドクレジットは1万円からできる貸付型クラウドファンディング

【公式サイト】https://crowdcredit.jp/

クラウドクレジット』は、1万円から海外新興国の今後成長が見込まれるベンチャー企業に投資をすることができます。これまでの平均利回りは6%程度と高く、クラウドクレジットの公式サイトでも損益分布図は公開されています。

直近の具体的な案件としてはキルギスやユーラシア、インドネシアやメキシコなど幅広い海外案件が掲載されています。

表面利回りは8〜12%程度が多く、期間も13〜31ヶ月と幅広い案件が掲載されています。

投資をしながらTポイントを貯めたい方などは、この機会にクラウドクレジットの口座開設をされてみてはいかがでしょうか。Tポイントは、日本人の2人に1人を超える6,961万人が利用する共通ポイントサービスです。

サービス開始から15年以上経ち、今ではコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、衣料店、家電量販店、携帯電話、ネットショッピング、電気・ガスなど全国106万を超える店舗で、生活に密着したあらゆるライフシーンで利用が可能です。

クラウドクレジットの良い口コミ

クラウドクレジットの悪い口コミ

ネット上にはクラウドクレジットの良い口コミも悪い口コミもありましたので、為替リスクなども吟味した上での案件の投資判断が重要で、当サイトでもクラウドクレジットの案件投資判断方法については解説しています。

クラウドクレジットの口座開設方法(無料)

クラウドクレジットの口座開設方法は簡単です。

まずはこちらから公式サイトに移動します。そうすると「ユーザー登録」ボタンがありますので、そちらをクリックします。

そうすると「CrowdcreditID」「パスワード」「Eメールアドレス」「秘密の質問」などの項目がありますので、それぞれを入力して「送信」ボタンを押します。送信が完了すると「info@crowdcredit.jp」から、登録した「Eメールアドレス」宛にメールが届きます。

クラウドクレジットから届いたメールのURLをクリック

そして届いたメールのリンクをクリックして、24時間以内にページを有効化します。

ページを有効化した後は、アカウント情報(投資家適合性や個人情報など)を登録します。アカウント情報の登録が完了すると、下記のメールがクラウドクレジットから送られてきます。

クラウドクレジットからハガキを受け取り、お客様コードを入力

クラウドクレジットマイページ登録完了

クラウドクレジットの審査に無事通過すると、通常3営業日〜1週間程度で、クラウドクレジットからハガキが自宅に届く仕組みになっています。

ハガキには「お客様コード(5桁の数字)」が記載されていますので、そちらのお客様コードをマイページの「投資家申請」ページで入力すると、口座開設が完了します。

なお、ネットでのアカウント情報登録後、15日以内にお客様コードの入力が必要になりますので、直近に投資をしない場合でも、ハガキが到着したらまずはコードを入力しておくのが良いでしょう。