コインチェックにハードウォレットは無い!日本で購入ならココが安い

2018年1月26日に、仮想通貨の大手取引所「コインチェック」から約580億円相当の仮想通貨ネム(単位:5億2300万XEM)が、何者かによって盗まれました。

2014年に、当時世界最大の取引所であった「マウントゴックス」からビットコインが盗まれて以来の、世界最大級のハッキング事件が発生しました。

このようなハッキングのリスクから、自らの大切な資金を守るために一番簡単で最適な方法は、「ハードウェアウォレット」を利用することです。

ハードウェアウォレットとは?


出典:Zaif

まず、ハードウェアウォレットとは、上記の画像のようなUSBのような「デバイス」のことです。

ハードウェアウォレットにビットコインなどの仮想通貨が保管される訳ではなく、ハードウェアウォレットで「秘密鍵」と呼ばれる、資金を引き出すためのパスワードを管理するのです。

このように、インターネットから隔離されたオフラインの「デバイス」で大切な「秘密鍵」を管理することで、ハッカーからの盗難を防ぐのです。

ハードウェアウォレットは故障しても紛失しても、秘密鍵があれば大丈夫

なお、万一ハードウェアウォレットに故障や紛失があっても、ハードウェアウォレットの「秘密鍵(リカバリーフレーズ)」さえ分かれば、資金を無事に復活させることができます。

なぜならば、また新しく別のハードウェアウォレットを購入すれば、そのハードウェアウォレットで情報を復活させることができるからです。

2018年時点では、日本語対応のハードウェアウォレットの提供事業者を含めて、ウォレットサービスの提供事業者は世界中に複数存在しています。

そのため、万一利用しているハードウェアウォレット事業者が破綻したとしても、互換性のある他のウォレットで無事に資金を復活させることもできるのです。

コインチェックのネムは、ホットウォレットで管理されていた

コインチェック株式会社は、ビットコインは「コールドウォレット」で保管していたものの、仮想通貨「ネム」は常時ネットワークに接続された「ホットウォレット」で管理していました。

このような「ホットウォレット」で管理していたということは、不正アクセスによって第三者に資金を送金されてしまう可能性があったということです。

一方、ハードウェアウォレットであればオフラインで「秘密鍵」を管理できますので、「ホットウォレット」管理の取引所に置いておくよりも、資金の安全性が高いのです。

セキュリティ水準が高い仮想通貨の交換業者は?

なお、国内の仮想通貨の取引所であっても、顧客と自社の資産の分別管理を行い、ハッキング対策のために、オフラインで仮想通貨を保存(=コールドウォレット対応)している業者もあります。

例えば、東証一部上場企業が運営する「GMOコイン」では、分別管理、オフライン保存に加えて、内部不正対策(マルチシグネチャ)も実施しています。

GMOコインの仮想通貨の盗難対策

GMOインターネットグループは、売上高1400億円を超える大企業であり、グループ企業にはGMOクリック証券という証券会社を保有し、2018年にはGMOあおぞらネット銀行を設立予定です。

このような金融事業をグループに保有しておりますので、セキュリティ意識は高く、顧客資産の安全性確保のためには非常に力を入れている企業と言えるでしょう。

【口コミ】GMOコイン取引所の特徴や登録・入金・買い方を図解!

2017.09.08

bitbankも最先端のセキュリティを提供

他にも、金融庁登録済の仮想通貨の交換業者である、ビットバンク株式会社が提供する「bitbank」も、世界最高レベルのセキュリティを提供しています。

具体的には、オフラインのコールドウォレットでビットコインを管理しており、マルチシグでハッキングや内部犯対策にも力を入れています。

さらに、ビットコインセキュリティ専門企業の「BitGo」と提携することで、インターネットに常時接続されている「ホットウォレット」の安全性も確保しています。

ビットバンクのセキュリティ意識の高さの背景には、代表取締役CEO廣末氏が野村證券やGMOインターネットなど、金融×IT業界でキャリアを積まれたことと関係があるのかもしれません。

ビットバンクの手数料は高い?評判や株価を利用者目線で紹介!

2017.08.28

仮想通貨の取引所に、全額資金を置いておくのは危険

管理

上記のようなセキュリティ意識の高い仮想通貨の取引所を複数利用することも、自らの資産を守るためには大切です。

しかしながら、そもそも「コインチェック」に限らず、仮想通貨の取引所に全額資金を預けておくというのは、常時自分の全仮想通貨資金を何かしらのリスクに晒していること同じです。

そのため、大量の仮想通貨を取引所で購入した場合は、その後に必ず資金を「ハードウェアウォレット」に送金しておき、資産を分散して管理することが、リスクヘッジに繋がります。

ハードウェアウォレットは、Zaifに口座開設して購入がお得


出典:Zaif

なお、ハードウェアウォレットはコインチェックでは売ってませんので、購入する場合は、仮想通貨の取引所「Zaif」に口座開設をしてから購入するのが良いでしょう。

なぜ「Zaif」を利用するのが良いかというと、割引価格で購入できるからです。

具体的には、Zaifの運営企業テックビューロの提携先である「amaten.com」にビットコインをチャージしてAmazonギフト券を入手することで、割引価格で購入できるようになります。

しかし、いちいちビットコインでチャージするのが手間という方は、日本語対応のハードウェアウォレットの正規代理店で「Leger Nano S」を購入されるのが良いでしょう。

Zaifでは、TrezorとLeger Nano Sが購入可能

なお、Zaifであれば、ハードウェアウォレットの「Leger Nano S」以外にも、「Trezor」も安全なルートで購入することができます。

「Leger Nano S」で保管できる仮想通貨は、日本で人気のXRPを含めて、上記の図のように種類が豊富です。一方、「Trezor」で管理できる仮想通貨は下記になります。

Trezorのブラウザで管理可能な仮想通貨

Trezorの仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • ダッシュ(DASH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

「Trezor」の場合は、専用のブラウザウォレットでの管理でなければ、モナコイン(MONA)、ネム(XEM)、ユービック(UBIQ)、エクスパンス(EXP)、デジバイト(DGB)なども保管することが可能です。

Trezorなどのハードウェアウォレットの設定は特に大変な作業ではありませんので、保有している仮想通貨に応じて、最低でも1~2個程度は購入しておいた方が良いでしょう。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

資産運用を学ぶ方法