BTCボックスの評判は?ビットコインダイヤモンド付与を発表した取引所

金融庁登録済の仮想通貨の取引所の一つであるBTCボックス(BTCBOX)の口コミです。

BTCボックス株式会社の会社概要や信頼性、良い点や悪い点、独自のサービス、口座開設の方法などをお伝えします。

BTCボックスの会社概要や特徴、信頼性は?

BTCボックス株式会社は、2014年3月に設立された、業歴が長い日本の仮想通貨交換業者の一つです。創業者兼CEOはDavid Zhang氏、ビットコイン研究家の大石哲之氏も創業時にアドバイザーとして支援されたようです。

提携会社として株式会社夢真ホールディングス(ジャスダック上場企業)と、マーチャント・バンカーズ株式会社(東証2部上場)などの上場企業がある点からも、信頼性は高いと言えるでしょう。

BTCボックスの良い点(利用するメリット)

BTCボックスの良い点は、システムが安定している点、取引手数料が無料(キャンペーン期間中)な点、ライトコインを取引板形式で売買できる点などが挙げられます。

BTCボックスは以前は「ドージコイン」も取り扱っていましたが、ドージコインの開発が止まっていることもあってか、2017年に取り扱いは中止となりました。そのため、現在は下記の仮想通貨を取り扱っています。

BTCボックスの仮想通貨の種類
  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ(2017年8月〜)
  3. ライトコイン(2017年11月〜)
  4. イーサリアム(2017年11月〜)

また、現在はキャンペーン期間ということもあって手数料は無料です。

(追記)2018年1月23日より、BCH/JPY、LTC/JPY、ETH/JPYのトレーディングペアには0.2%の手数料が適応されました。


出典:ビットコイン日本語情報サイト

実際に上記のグラフのように国内の仮想通貨の取引所においても、ビットコインの取引高を順調に伸ばしています。

BTCボックスの悪い点(利用するデメリット)


しかしながら、大手仮想通貨の取引所「コインチェック」と比べると、取り扱い仮想通貨の種類は多くはないです。

コインチェックの仮想通貨の種類
  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ
  3. ライトコイン
  4. イーサリアム
  5. イーサリアムクラシック
  6. リップル
  7. ネム
  8. ダッシュ
  9. ジーキャッシュ
  10. モネロ
  11. ファクトム
  12. オーガー
  13. リスク

そのため、様々な仮想通貨に分散投資をされたい方は、コインチェックを利用された方が良いでしょう。

コインチェックの評判は怪しい?株価や上場は?初心者におすすめは本当?

2017.09.05

BTCボックスではライトコインを取引所形式で取引が可能

BTCボックスでは、ライトコインと日本円の取引を取引板形式で可能です。イーサリアムと日本円の取引は仮想通貨の取引所の「Zaif」でも可能ですが、Zaifではライトコインの取引はできません。

BTCボックスは注文画面も丁寧な作りになっていて、成行注文の説明が日本語にて表示されます。そのため、現状はライトコインを購入するにはお得な取引所と言えるでしょう。

しかし、ライトコインは「GMOコイン」でも手数料が無料で購入が可能です。また、GMOコインであれば、大量のライトコインを売買したい時でも、同じ価格で約定することができます。

そのため、あらかじめ両方に口座を開設しておいて、ライトコインの購入前には両者のレート状況を確認し、購入する枚数に応じて取引する場所を決めた方が良いでしょう。

【簡単図解】GMOコインの登録・入金・ビットコインの購入方法や特徴を解説

2017.09.08

ライトコインとビットコインのトレードは、ビットバンク

また、ライトコインとビットコインのトレードをされたい方は、ビットバンクのみで可能です。

ビットバンクではイーサリアムとビットコインのトレードもできますので、そのようなトレードをしたい方は、取引手数料も無料なビットバンクを利用されるのが良いでしょう。

ビットバンクの手数料は高い?評判や株価を利用者目線で紹介!

2017.08.28

BTCボックスには融資サービスやプミアム会員制度がある

BTCボックスには「融資サービス」や「プレミアム会員」制度などの独自サービスがあります。

融資サービスはその名前の通り、ビットコインを借りて取引ができたりします。日次の手数料は上記の図では0.08%〜0.15%程度となっています。

プレミアム会員については、平成29年10月1日以降から、①1回の入金額が3,000万円以上、②1回のビットコイン入金が100BTC以上、③1回の注文(買い・売り)金額が100BTC以上の場合は「プレミアム会員」になることができます。

「プレミアム会員」の内容としては、①専用ダイヤルまたは窓口による仮想通貨全般に関する相談、②ビットコイン出金のリアルタイム対応、③プレミアム会員様の座談会等を計画しているようです。

ビットコインダイヤモンドに問題がなければ付与を予定

最後に、BTCボックスはビットコインダイヤモンドに特段の問題がなければ、ビットコインの保有量に応じてビットコインダイヤモンドを付与するとの発表を出しています。

ビットコインダイヤモンドとビットコインの違い

ビットコインダイヤモンドは、発行枚数が2億1000万枚(BTCは2100万枚)、マイニングアルゴリズムがOPTIMIZED X13(GPU)(BTCはSHA256(ASIC))、ブロックサイズが8MB(BTCは1MB)な点などがビットコインと異なります。

すでにいくつかの海外の取引所では取引が始まっていますが、BTCボックスでも今後ビットコインダイヤモンドの取引が開始されるかは未定です。

BTCボックスの口座開設の方法

BTCボックスの口座開設の方法は簡単です。トップページから新規登録ボタンをクリックし、メールアドレスとパスワードを登録します。

そうするとBTCボックスからメールが届きますので、そのまま本人確認の登録に進みます。

氏名や生年月日、住所などを登録し、最後に運転免許証などの本人確認書類の写真をアップロードします。


そうすると口座開設申請が完了しますので、後日BTCボックスから登録した住所にハガキが届きます。

そちらのハガキを受け取ったあとは、再度BTCボックスのサイトにアクセスします。

右上の「セキュリティ」ボタンから、本人認証の「認証設定」をクリックします。

そうするとハガキに記載されたワンタイムパスワードの入力画面になります。

こちらでハガキに記載されたワンタイムパスワードの登録を完了すれば、BTCボックスの全ての機能が利用可能になります。

BTCボックスに関するまとめ

以上になりますが、BTCボックスは便利な取引所ではありますが、BTCボックスだけでは様々な仮想通貨に投資ができません。

また、仮想通貨の盗難リスクなどの面からも、仮想通貨の取引所は複数を並行して利用するのがおすすめです。

ビットコイン取引所ランキング