ビットフライヤーの評判や株価は?上場の見通しや関連銘柄は?

関連銘柄

仮想通貨の取引所大手の「ビットフライヤー」の口コミです。ビットフライヤーは、初心者向けの仮想通貨の取引所「コインチェック」と並び、国内の大手仮想通貨の取引所の一つです。

ビットフライヤーを運営する株式会社bitFlyerは、2017年時点では未上場のため株価はありませんが「関連銘柄」はあります。そこで今回は、筆者も利用している「ビットフライヤー」の会社概要や評判、関連銘柄や上場の見通しなどをご紹介します。

ビットフライヤーの会社概要や特徴は?

会社概要

ビットフライヤーは2014年に設立された仮想通貨売買の交換業者で、金融庁にも登録済です。資本金41億円、取引量やユーザー数(約100万人)ともに日本最大手の会社です。

ビットフライヤーはTVCMも放映中

ビットフライヤーはTVCMを放映していたり、ビックカメラ・マルイ・HISなどへの大手企業にもビットコイン決済を導入しており、このような取り組みで着実にユーザー数を伸ばしている会社です。

ビットフライヤーに関するネガティブな口コミ

但し、ビットフライヤーには、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を購入する際に「スプレッド(購入価格と売却価格の差額)が大きい」というマイナスポイントがあります。

スプレッドが大きく手数料を多く取る分、ビットフライヤーは儲かるため会社としては成長するのですが、私たち消費者にとってはマイナスポイントではあります。

ビットフライヤーのアルトコインの販売所は手数料が高い

例えば、ビットフライヤーの「アルトコインの販売所」で「イーサリアム」「モナーコイン」「ビットコインキャッシュ」などを購入してしまうと、上述したように非常にスプレッドが大きいため損をしてしまいます。

ですので、「イーサリアム」「モナーコイン」「ビットコインキャッシュ」などの仮想通貨を日本円で購入する場合は、手数料が-0.05%〜0.03%と安い仮想通貨の取引所「Zaif」を利用した方が、お得ということになります。

ですので、購入する仮想通貨の種類によって、仮想通貨の取引所は使い分けた方が良いですし、銀行口座と同じく、仮想通貨の取引所は2〜3個は開設しておいた方が、ハッキングや盗難リスク等への対策にもなります。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

ビットフライヤーは取り扱い仮想通貨の種類が少ない

手数料 

また、ビットフライヤーは仮想通貨の取引所「コインチェック」と比べて、仮想通貨の取り扱い種類が少ないです。

ビットフライヤーの仮想通貨
  • ビットコイン(Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサクラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • モナーコイン(Monacoin)

上記のリストに対して、コインチェックは下記になります。

コインチェックの仮想通貨
  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサクラシック(Ethereum Classic)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(Factom)
  • モネロ(Monero)
  • オーガー(Augur)
  • リップル(Ripple)
  • ジーキャッシュ(Zcash)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

コインチェックで取り扱っているリスクやダッシュなども、2017年だけで40倍以上になっています。ですので、ハイリスクハイリターンな仮想通貨へ分散投資をしたい方は「コインチェック」の利用も検討された方が良いでしょう。

コインチェックの評判は怪しい?株価や上場は?初心者におすすめは本当?

2017.09.05

ビットフライヤーに関するポジティブな口コミ

一方、ビットフライヤーは取引画面も見やすく、「使いやすい」との口コミが多いです。実際にスマホアプリも使いやすいですし、これからビットコインを始めようとする方はビットフライヤーを選択することも多いようです。

筆者も「ビットフライヤーライトニング」は、ビットコインを日本円にする際に利用する場合があります。

ビットコインFX(ビットフライヤーライトニング)に関して

また、ビットフライヤーライトニングは、取引手数料がしばらく無料で、レバレッジも1倍〜15倍と選べて、画面も高機能のため、ビットコインFXに取り組む人々には人気がありますし、実際の取引高も大きいです。

但し、ビットフライヤーライトニングに関しては、GMOインターネットグループが運営する「GMOコイン」と比べて画面推移が重いことがあったり、サーバーが落ちたりすることがしばしばあります。

GMOコインであれば追証がありませんので投資元本以上の損失はでませんし、レバレッジも5倍・15倍・25倍を選択できますので、より高いレバレッジをかけたりすることもできます。

そして何よりサーバーが安定していますので、そのような環境の下でビットコインFXの取引をされたい方はGMOコインを利用された方が良いでしょう。

【簡単図解】GMOコインの登録・入金・ビットコインの購入方法や特徴を解説

2017.09.08

以上を踏まえ、通常のビットコインの取引をしたり、ビットコインFXに取り組みたい方は、ビットフライヤーの利用を検討して見ても良いでしょう。

ビットフライヤーの株主構成から見る上場の可能性は?

株主構成

株式会社bitFlyerは非公開企業ということもあって業績は開示されていませんが、これまでにも多額の資金調達を実施し、順調に「社員数」も増やしています。2017年にはアメリカ進出も決まったことなどからも、年々企業規模は拡大していることが推察されます。

また、株主にはSMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなどなど、大手金融グループがこぞって出資しています。

このような株主構成は非常に安心感につながることに加えて、上場へのプレッシャーも強いことが想定されますので、今後数年以内には上場してもおかしくない企業と言えるでしょう。

ビットフライヤーの関連銘柄は?

関連銘柄

ビットフライヤーの関連銘柄としては、株式会社bitFlyerと業務提携した会社が挙げられます。

VOYAGE GROUP(3688)

VOYAGE GROUPが運営する「PeX」で獲得したポイントを、ビットコインへと交換できるようになりました。

リアルワールド(3691)

リアルワールドが運営するポイントサイトの「REAL WORLD」で貯めたポイントを、ビットコインと交換できるようになりました。

GMOメディア(6180)

GMOメディアが運営する「ポイントタウン」で獲得したポイントを、ビットコインと交換できるようになりました。

GMOペイメントゲートウェイ(3769)

ビットフライヤーと業務提携したことで、EC事業者向けに仮想通貨の決済サービスを提供するようになりました。

セレス(3696)

ビットフライヤーと業務提携したことで、仮想通貨の決済サービスを提供するようになりました。また、セレスが運営する「モッピー」で獲得したポイントを、ビットコインと交換できるようにもなりました。

ビットフライヤーの経営陣の信頼性は?

会社の信頼性

続いて、ビットフライヤーの経営陣の信頼性はどうなのでしょうか?

代表取締役「加納 裕三」氏の経歴

1976 年生まれ。2001 年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして自社決済システムの開発、トレーダーとしてデリバティブ・転換社債トレーディングに従事。

2014 年 株式会社 bitFlyer を共同設立。日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事として 2016 年の「仮想通貨法」の成立に尽力。オリジナルブロックチェーン「miyabi」を共同開発(関連技術の特許は一部取得済み、一部申請中)。

2016 年国際会議サイボスにおいて金融サービス分野の形成に貢献した金融イノベーターの 1 人に選出。

取締役CTO「小宮山 峰史」氏の経歴

1971 年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、1995 年、株式会社コナミ入社。ソニー・コンピュータエンタテインメントを経てゴールドマン・サックス証券に入社し決済システムを構築する。

タイムインターメディア CTO 就任後、数十の業務システムの設計を手掛ける。クラウド技術、暗号技術、ミッションクリティカルなシステムを得意としている。

2014 年 1 月に株式会社 bitFlyer を共同設立。好きな言語は数学、Haskell。得意な言語は C#。母国語 Perl。

取締役CFO「金光 碧」氏の経歴

1982 年生まれ。一橋大学経済学部卒業、ゴールドマン・サックス証券株式会社に入社。

投資銀行部門資本市場本部にて 10 年間勤務。転換社債、種類株、ハイブリッド証券等を用いた資金調達における商品設計を担当し、日本初となるストラクチャーの案件も複数執行。

またクロスボーダーM&Aにおけるリスク管理のアドバイザリー業務等にも携わる。2016 年 1 月に株式会社 bitFlyer に CFO として入社。PR 業務も担当。2017 年 3 月より株式会社 bitFlyer 取締役。

当初は代表の加納氏とCTOの小宮山氏が立ち上げた会社でしたが、2016年からは元ゴールドマン・サックス証券出身の金光氏が参画し、本格的に上場に向けて歩み始めたと言えるでしょう。

株式会社bitFlyerは経営陣のみならず社外取締役や他のメンバーも、ビジネスキャリアもあるエリート揃いですので、人材面での信頼性は高いと言えるでしょう。

ビットフライヤーに関するまとめ

まとめ

以上を踏まえ、ビットフライヤーは今後上場が期待されるベンチャー企業です。

実際に筆者も利用しており、金融庁にも登録済の信頼のおける企業です。これからビットコインを始めてみようという方は、利用を検討してみても良いのではないでしょうか? 

【簡単3分】ビットフライヤーの口座開設の方法(無料)

ビットフライヤーの口座開設は非常に簡単ですので一緒に見ていきましょう。まずはこちらの公式サイトへ飛びます。

ビットフライヤーにはメールアドレス・Facebook・YahooID・Googleのいずかで作成ができますが、SNSアカウントのハッキングリスクを回避するために、おすすめは「メールアドレス」での登録です。

メールアドレスを登録すると、登録したメールアドレスにビットフライヤーから下記のような「メール」が届きますので、メールに記載された「URL」をクリックします。

これでメールアドレスの登録が完了し、アカウントは「ウォレットクラス」になります。

続いて実際に仮想通貨の取引を始めるためには、この「アカウントクラス」を「ウォレットクラス」から「トレードクラス」にあげる必要があります。

何故かと言うと、ウォレットクラスのままでは仮想通貨の購入も売却もできないからです。

ウォレットクラスからトレードクラスへ引き上げる

そのため、ログイン後の画面右下の「アカウント情報」から「ご本人登録のご情報」「ご本人確認資料のご提出」「お客様の取引目的等のご確認」「携帯電話認証」「銀行口座情報確認」「IDセルフィー」を完了させます。

これらの登録や本人確認書類の提出が完了すると、後日登録した住所にビットフライヤーから「ハガキ」が届きます。そちらを受け取ったことをビットフライヤーが確認した時点で、「転送不要書留郵便のお受取」が完了し、口座開設は完了です。

そうしましたらマイページに再度ログインし、左下の「入出金」ボタンをクリックし、振込先の口座に資金を振込ます。

振込から早ければ数時間、遅くても1日程度では資金が反映されますので、その後に仮想通貨の売買が可能です。

ビットコイン取引所ランキング