ビットコインキャッシュ(BCH)の未来や今後の将来性を踏まえた投資判断

Bitcoin

2017年8月1日に誕生した仮想通貨ビットコインキャッシュの今後の将来性やリスクを踏まえた投資判断をお伝えします。

なお、ビットコインキャッシュの購入は、取引手数料が無料のbitbankで購入するのが一番安いです。

仮想通貨のビットコインキャッシュ(BCH)誕生の経緯


出典:BitcoinCash

ビットコインキャッシュは2017年8月1日に新しく誕生した仮想通貨です。

誕生の経緯を簡単にお伝えすると、もともとビットコインにおけるブロックチェーンの「ブロックサイズ」は1メガバイト(MB)に制限されていました。

そのため、1MBよりも大きいブロックは「無効なもの」として自動的にネットワークから排除されてしまう(=ビットコインによる取引が承認されなくなってしまう)という、通称「スケーラビリティ問題」が以前より存在していました。

このスケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインキャッシュはブロックサイズを「8MB」にして、ビットコインからフォークして誕生しました。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い

基本的にビットコインキャッシュを支持する人々は、ビットコインキャッシュの方が承認時間が早く、コストもかからず、スケールする可能性も大きいとの意見です。


出典:BitcoinGold

ビットコインとビットコインキャッシュとの技術的な面の主な違いは、ブロックサイズとSegwitにあります。

ビットコインのブロックサイズが1Mであるのに対して、ビットコインキャッシュは8Mです。また、ビットコインには「Segwit」という技術が実装されています。

ビットコインに導入されたSegwit(セグウィット)とは?

Segwitとは「Segregated Witness」の短縮語で、ブロックサイズを圧縮する技術です。

トランザクション ID の算出対象からトランザクションに対する署名を削除し、トランザクションから独立した署名領域 (Witness) を用いて署名をおこなうことを指します。

Segwitに対応することにより 1 ブロックに含められるトランザクションが多くなります。また、署名に特別な細工を施した場合であってもトランザクション ID が変化することがなくなり、トランザクション展性を防止します。

出典:bitFlyer

ビットコインは、こちらのSegwitと合わせて「ライトニングネットワーク」という技術を利用し、高速や少額の決済をオフチェーンで将来的に実現しようと計画しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)へのネガティブな口コミ

なお、インターネット上ではビットコインキャッシュに対してはネガティブな口コミの方が多く見受けられ、例えば以下のようなものがあります。

ネガティブな口コミ
  • ビットコインのコードを開発してきた優秀なデベロッパーがいない
  • ビットコインのプロジェクトへの外部からの貢献者が期待できない
  • (現状は)ビットコインよりもマイナーの報酬が少ないため、ビットコインキャッシュを採掘するインセンティブが無い

また、イーサリアムがハードフォーク(「Ethereum」と「Ether Classic」に分裂)した際とは異なるハードフォークの仕方と批判されてもいます。

つまり、ビットコインキャッシュのような方法で分裂してしまった場合、無限にビットコイン〇〇が生まれてしまうという点も指摘されています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性は?

Bitcoin

ここまで色々とビットコインキャッシュに関するネガティブな側面を見てきましたが、もちろんビットコインキャッシュに対してポジティブな口コミをする人々も存在します。

中国最大のマイナーであるBitmain社を運営するJihan Wuや、ビットコイン長者でありエバンジェリストのロジャー・バーなども、ビットコインキャッシュを支持しています。

ですが、それらはポジショントークとして捉えることもできますので、ここではビットコインキャッシュに関する将来性を検討するために、ビットコインキャッシュに関する事実を確認します。

① ビットコインキャッシュ(BCH)は詐欺コインでは無い

まず、そもそもの大前提として、ビットコインキャッシュは「詐欺コイン」ではありません。

ビットコインキャッシュは過大広告をしてICOを実施し、多額なお金を集めようとした仮想通貨などではないという事実は前提においておく必要があります。

② ビットコインキャッシュ(BCH)は多数の取引所が取り扱っている

コインチェック

続いて、ビットコインキャッシュを取り扱っている仮想通貨の取引所は、世界的にも多いという事実があります。

例えば日本の仮想通貨の取引所を確認してみますと、ビットコインの次に取り扱っている仮想通貨で一番多いのは「ビットコインキャッシュ」です。

時価総額が大きい「リップル」を大手取引所のbitFlyerは取り扱っていませんし、他にも時価総額が大きい「ライトコイン」を大手取引所Zaifは取り扱っていなかったりします。

ですが、それらのどの取引所も「ビットコインキャッシュ」は取り扱っています。

取り扱った理由は憶測するしかありませんが、そのような事実はありますので、「日本円からの資金流入の可能性が高くなる」とは言えるでしょう。

③ ビットコインキャッシュ(BCH)をマイニングする大企業が存在

続いてのポイントは、SBIグループやGMOインターネットグループがビットコインキャッシュをマイニングをしているという事実です。

こちらもどのような意図でマイニングしているのかは知る由もありませんが、ひとまずそのような事実があります。

ですので、この点を鑑みると「マイナーが採掘するインセンティブが無い」とは現時点では言いきれません。

また、実際に2017年10月時点での最新のビットコインキャッシュのマイニング状況を確認すると、正体不明のマイナーが40%以上存在します。

ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニング状況

出典:coindaice

こちらに既にSBIグループが含まれているのかもしれませんし、今後GMOグループが表示される可能性もあるでしょう。

(追記)2018年にSBIのマイニングが確認されました。

ちなみに、上記の割合をみると中華系のマイナーが多いようには見えますが、ビットコインコアの最新4日間のマイニング状況を確認してみます。

ビットコイン(BTC)のマイニング状況

ビットコイン
出典:blockchain.info

そうすると、上位のマイナーはビットコインコアとあまり面子が変わりません。

したがって、現時点ではビットコインキャッシュだけが「中国のマイナーに占有されているコイン」と言いきることはできないでしょう。

むしろ可能性としては、SBIグループやGMOグループがビットコインコアよりもシェアを取りにいっている可能性もあります。

また、こちらは補足的な話ですが、実際にGMOには「2017年9月にビットコインキャッシュの売買金額に応じたキャンペーンを実施した」という事実もあります。

GMOのビットコインキャッシュ(BCH)売買キャンペーン

GMOキャッシュバック

こちらはどのような意図があって実施されたのかは外野からは推測するしかありませんが、ひとまずこの事実があったことも念頭に置いておいた方が良いでしょう。

なぜかと言いますと、SBIグループもGMOグループも東証一部上場の大企業ですので、十分な社内検討があった上でこのような施策を走らせていると考える方が自然だからです。

④ ビットコインキャッシュ(BCH)は実際に使える場所がある


出典:The Accept Bitcoin Cash Initiative

続いてのポイントは、ビットコインキャッシュは、ビットコインと同じく実際に「使える」という特性がある点です。

例えば、ビットコインキャッシュの公式サイトを確認してみると、「Living room of satoshi」などが掲載されています。

Living room of satoshiはオーストラリアのサービスで、請求書を仮想通貨で払えたりします。また、日本では有名な銀座の沼津港や六本木のTwo Dogs Taproomなどで利用可能です。

ビットコインキャッシュ

まだまだビットコインキャッシュを実店舗で使える場所は少ないですが、一応はすでに使えるサービスや場所はあるという事実があります。

なぜこの「使える」という特性を取り上げたかというと、経済学上「①価値の尺度」「②価値の保存」「③交換の手段」という三つの特性がなければ、ビットコインキャッシュは「通貨」として成り立たないからです。

逆に言えば、それらを3つの特性を全て満たすことができれば、ビットコインキャッシュ は「通貨」として成り立ちます。

ですので、ビットコインキャッシュが「通貨」足りうるためには、実際に現実世界で使える必要があるのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)が現実世界で使えることは重要

例えば、ビットコインに関しては、ビットフライヤーなどの大手取引所の取り組みによって、日本でもビックカメラやマルイ、メガネスーパーやHISなどの大企業でも利用が可能になっています。

ビットコインは、実際に現実世界で使えるインフラが整いつつあるのです。

将来的に「ビットコインキャッシュ」の利用が可能になる場所が、日本でも更に増えるのかどうかは分かりません。

ですが、すでにビットコインキャッシュを使える場所が出て来ているという事実は、念頭においておく必要はあるでしょう。

⑤ ビットコインキャッシュ(BCH)には半減期がある

最後に、ビットコインキャッシュには、ビットコインやライトコン、モナーコインなどと同じく、半減期があります。

これまでのそれらの仮想通貨の半減期の歴史を振り返ってみると、半減期前に大きく価格は上昇しています。

これは歴史的な事実ではありますが、将来も確実に上がるとは言い切れません。ですが、そのような事実があったということは、今後の判断材料にはなるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)への投資リスク

ビットコインキャッシュの推進者からは、ビットコインキャッシュはビットコインよりも早く支払いが可能で、手数料が安く、成長余地があり、開発に携わるチームも多いという主張もあります。

しかしながら、ブロックサイズを上げたことで、今後ビットコインキャッシュに何かしらの「リスク」が発生する可能性はあります。

また、ビットコインコアの技術革新(ライトニングネットワークの普及など)によって、ビットコインの方が、今後さらに成功し、ビットコインキャッシュが使われなくなる可能性はあります。

このようなリスクも踏まえた上で、ビットコインキャッシュへの投資は決めるべきでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入で一番安いのは?

業者名 手数料 取引所 販売所 スプレッド 大量購入
1位 bitbank 0% 数百円
1位 Zaif 0%(買い)
0.3%(売り)
数百円
3位 bitFlyer Lightning 0.2% 数百円
4位 GMOコイン 0% 約数千円
5位 BITPOINT 0% 約数千円
5位 bitFlyer 0.01〜0.15% 約1万円

それでは、そんなビットコインキャッシュは、一体どこで購入するのがお得なのでしょうか?

まず、少量のビットコインキャッシュを日本円で購入する際は、仮想通貨の「販売所」ではなく「取引所」で購入した方がお得です。

仮想通貨の販売所とは?


出典:GMOコイン

例えば、GMOコインは仮想通貨の「販売所」しかありませんので、取引の相手方は常にGMOコインとなります。

そのため、例えば数百万円や数千万円以上のビットコインキャッシュの購入であっても、同じレートで購入できるというメリットがあります。

一方、その分スプレッド(購入価格と売却価格の差額)は大きくなるというデメリットがあります。そのため、仮想通貨の取引所よりも、仮想通貨の販売所のレートは悪くなります。

仮想通貨の取引所とは?

一方、bitbankの場合は、仮想通貨の「取引所」の機能がありますので、取引の相手は「ユーザー」となります。

そのため、スプレッド(購入価格と売却価格の差額)が小さくなるというメリットがあります。

ですが、大量のビットコインキャッシュを購入しようとした場合は、大量の売り手がいなければ希望のレートで全て購入することはできません。

結果として、仮想通貨の取引所を利用したものの、レートで損をしてしまう可能性はあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)購入量に応じて業者を使い分け

GMOトップページ

以上になりますが、上記の比較表の差額(スプレッド)は、ある一定時点での差額です。

当然、仮想通貨の交換業者がスプレッドキャンペーンなどを実施した場合は、その取引所を利用するのがお得になるでしょう。

ですので、実際にビットコインキャッシュを購入する際にレートや取引板を見て検討するためにも、上記の表でご紹介した仮想通貨の取引所には、全て口座開設(無料)をしておくのが一番良いでしょう。

まとめますが、大量のビットコインキャッシュを同じ価格で購入したい場合は、GMOコイン。一方、少額のビットコインキャッシュを購入したい場合は、ビットバンクで購入するのが一番お得です。

【口コミ】GMOコインの無料登録・口座開設・入金・買い方を徹底解説

2017.09.08

ビットバンクはおすすめ?運営会社の信頼性や株価、上場予定は?

2017.08.28

資産運用を学ぶ方法