ビットコインキャッシュの手数料が高い?スプレッドを比較してお得な購入方法を紹介!

ビットコインキャッシュの手数料を抑えて、安く購入できる仮想通貨の取引所はザイフ・ビットバンク・GMOコインになります。もちろん購入時のレート状況にもよりますが、手数料自体が一番安いのは「ビットバンク」です。

ビットコインキャッシュの取引所の手数料を比較

業者名(公式サイト) 形式 ペア 買い注文 売り注文 スプレッド
仮想通貨ならビットバンク 取引所 JPY/BCH
BCH/BTC
0% 0% 1%程度
Zaif(ザイフ) 取引所 JPY/BCH 0% 0.3% 1%程度
bitFlyer Lightning 取引所 BCH/BTC 0.2% 0.2% 1〜3%程度
GMOコイン 販売所 0% 0% 1%程度
コインチェック 販売所 0% 0% 5%以上
ビットフライヤー 販売所 0% 0% 5%以上

まず、上記の比較表を確認すると、ビットバンクのみ、取引ペアも「JPY/BCH」「BCH/BTC」の2種類があり、買い注文も売り注文も手数料が無料で、スプレッド(購入価格と売却価格の差額)も狭いことがわかります。

ザイフでも取引所形式(ユーザー同士が売り買いをする形式)でトレードができますので、購入時の手数料はビットバンクと変わりませんが、売却時には0.3%の手数料がかかってしまいます。

また、ビットフライヤーが提供するbitFlyer Lightningでは「BCH/BTC」のトレードしかありません。そのため、一番手数料安く、日本円からビットコインキャッシュを購入したり売却したりしたい方は、ビットバンクを利用されるのが良いでしょう。

ビットコインキャッシュの大量購入の場合

一方、例えば数十BCHなど、大量のBCHを一度に同じ値段で購入されたい方は、仮想通貨の「販売所」であるGMOコインの利用も適しています。

ビットバンクは仮想通貨の「取引所」になりますので、ユーザー同士がトレードをします。その分スプレッドは狭くなりますが、同じ価格で大量の売り注文を出す人がいなければ、同じ価格で大量購入することは難しいのです。

一方、GMOコインなどの仮想通貨の「販売所」は、取引の相手方が業者(=GMOコイン)となります。そのため、同じ価格で大量購入することが可能になります。

【仮想通貨の購入方法】初心者向けにビットコインキャッシュの買い方をGMOコインで解説

2017.11.03

ビットバンクでのビットコインキャッシュの買い方

まずは公式サイトの仮想通貨ならビットバンクから、マイページにログインして入金画面へ移動します(まだ口座開設が済んでいない方は、こちらの記事の最後に開設方法を記載しております)。

そうすると「振込用口座」が表示されますので、必ず振込人名義を「ビットバンクID+名前」に変更して、指定された入金口座に日本円を振込ます。そうすると大体10分程度で口座残高に資金が反映されます。

そうしましたら「BCC/JPY」のトレード画面へ移動します。

上記のように右側に注文画面がありますので、そちらで操作をします。

ビットバンクでの指値注文のやり方

上記の図の左側の上に「売り注文(ビットコインキャッシュを売りたい人の注文)」一覧、右側の下に「買い注文(ビットコインキャッシュを買いたい人の注文)」一覧が載っています。

例えば、売り注文の一番下の数字(327,999円で0.0056BCHを売りたい人の注文)をクリックすると、自動で注文画面にその価格数量が反映されます。それに応じて必要な日本円も表示されますので、問題なければそのまま注文ボタンをクリックします。

そうすると注文が発注されて約定されます。このように注文価格と数量を指定して注文する方法を指値注文と言います。

ビットバンクでの成行注文のやり方

一方、ビットコインキャッシュの買いたい量だけを指定して注文する場合は、成行注文を利用すると便利です。

上記のように「成行」を選択し、ビットコインキャッシュの 「数量」だけを入力して「注文」ボタンをクリックすれば、自動で注文が約定されます。

また、「予想」と書かれた入力欄に日本円(例では100万円)を入力すれば、日本円で購入量を指定することも可能です。

ビットバンクは初心者向けのコインチェックとは異なり、トレードの中級者向けの画面にはなっていますが、慣れれば操作は簡単です。手数料を抑えてビットコインキャッシュを購入されたい方は、利用されてみてはいかがでしょうか。

ビットバンクの手数料は高い?評判や株価を利用者目線で紹介!

2017.08.28

ザイフでのビットコインキャッシュの買い方

続いて、Zaifでのビットコインキャッシュの買い方もご紹介します(まだZaifに口座開設が済んでいない方は、こちらの記事の最後に手順をご紹介しています)。

ビットバンクと同じように、まずはこちらのZaifの公式サイトからマイページにログインし、Zaifの「入出金と履歴」タブから、日本円の入金を選択します。

そうして入金金額を入力し、入金開始ボタンをクリックすると、Zaifに指定された口座が出ます。ビットバンクと同じようにZaifに指定された振込人名義に変更して、銀行振込にて入金をすれば数時間以内には入金が反映されます。

その後こちらのZaifの取引画面に移動し、「BCH/JPY」のペアを選択します。

Zaifの取引画面の右下にある「売買注文(注文板)」を確認すると、左側の緑色の数字が「売り注文」、右側の赤色の数字が「買い注文」になっています。

上記の図では、緑色で囲った部分が「339,390円で0.1225BCHを売りたい人の注文」で、赤色で囲った部分が「339,305円で0.0410BCHを買いたい人の注文」となります。

実際に自分が注文する際には、売買注文画面から数字をクリックすると、右上の注文画面に「注文価格」が反映されます。

そうして注文価格を決めたら、買いたい数量を指定して、最後に「買い注文」ボタンをクリックすれば、注文が発注されます。無事それ以上に売りたい人がいれば、注文が約定されてビットコインキャッシュを手に入れることができます。

ザイフでの指値注文のやり方

なお、Zaifでは買いたい数量を指定する際に「使用残高」ボタンをクリックすれば、アカウントにある日本円のうち、どのぐらいの割合を使うか?を決めることができます。

上記のように100%・50%・30%・10%で選べますので、例えば日本円全てを使って購入したい場合は「100%」を選べば、そのままそれが数量に反映されます。

ザイフでの成行注文のやり方

また、Zaifの成行注文の場合は、買いたい「数量」だけを入力して「買い注文」ボタンを押せば、最適なレートで自動で約定してもらえます。そこまで注文価格にこだわりがない場合や、一度に大量に購入したい場合に利用すると便利です。

しかしながら、成行注文は自分が狙った価格で購入ができない可能性はありますので、利用時には注意が必要です。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

ビットコイン取引所ランキング