ビットコインは発行上限に達したら採掘終了でもう終わりなの?

問題点

ビットコインは発行上限に達したら終わりなのでしょうか?

それとは別にも、2014年ごろから毎年のように、経済学者や金融業界の有識者達に「ビットコインはバブルだ」と言われ続けています。

そして遂には「ビットコインは終わった」と言われることも良くありますが、本当にビットコインはもう終わりなのでしょうか?

ビットコインはもう終わり?ビットコインの発行上限について

ビットコイン

まず、ビットコインはもう終わりという話では、「ビットコインは発行上限に達したら、マイニング(採掘)されなくなって終わる」という論説を時折見かけます。

ビットコインには、2100万枚という発行上限があります。そして、現状はビットコインの採掘者(マイナー)の専用の計算機で、ビットコインが常に採掘されています。

今は、ビットコインをマイニングするインセンティブがある

マイナー達はビットコインの取引を承認する(マイニングする)ことで、その報酬として、新しくビットコインをもらっています。

ですので、現状マイナー達には、引き続きビットコインをマイニングするインセンティブがあるのです。

しかしながら、最終的にビットコインが発行上限に達した時はどうでしょうか? そこで、マイナー達がビットコインを採掘するインセンティブがなくなるのではないか?、という指摘があります。

2140年ごろに、ビットコインは発行上限2100万枚に達する

実は、ビットコインが発行上限に達するのは、大体2140年ごろと予想されています。

しかし、恐らく多くの人はその時代に生きていませんので、あまりそこについて深く考える必要性もないようには思われます。

また、マイナーがもらえる報酬は、ビットコインの採掘報酬だけではありません。マイナーは、ビットコインの送金依頼者が払う「送金手数料」ももらえるのです。

マイナーは採掘報酬だけでなく、送金手数料ももらえる

そのため、2140年以後は大規模なビットコインのマイニング事業者はいなくなるでしょうが、個人のPCでビットコインを採掘する人は、引き続き残る可能性はあります。

さらに、今から100年後の話ですので、それまでにはさらに新しい技術的革新などが起きると考える方が自然です。

より良いお金の仕組みが普及していると考えても良いかと思いますので、その点は考慮せずにビットコインの将来性を検討してみるのが良いでしょう。

よく言われる、ビットコインの問題点について

問題点

続いて、例えば元日本銀行出身の中島氏が執筆された「アフター・ビットコイン」という本では、明確に「ビットコイン終わった」とされています。

本書では「一部の人が多くのビットコインを保有している」「一部の人がビットコインの取引の承認作業と、それによる報酬を独占している」など、ビットコインの問題点が指摘されています。

一部の人が、多くのビットコインを保有しているのは本当に問題?

ビットコインの保有割合
出典:Bitcoin distribution

まず、ビットコインの保有状況については、現状1%以下のアドレスが90%近くのビットコインを保有しています。ですので、確かに一部の人が、多くのビットコインを保有している状況となっています。

ただし、このような状況は仮想通貨の世界だけでなく、現実の世界でも同じです。現実の世界でも富の約半分は、1%の富裕層によって占められていると言われています。

富の偏りの状況は、現実世界よりも多少マシ

従って、このような富の偏りの状況は現実世界と同じ、むしろ現実世界よりかは幾分かましとも言えるでしょう。

ビットコインの場合は、ビットコインの将来の可能性にいち早く気づいた人が保有していき、先行者利益を得ている状態です。

それではどんな人が最初にビットコインを購入していたかと言うと、おそらく大量保有者の多くは中国人や米国人でしょう。

ビットコインは、本当に中国人の通貨と言えるの?


出典:cryptocompare

この点に関してですが、確かに大量保有者は、恐らく2009年の公開当初から購入していた米国人や中国人が多いとは思われます。

ですが、現在のビットコインの取引を牽引しているのは、日本人です(正確に言うと「日本円」です)。

つまり、ビットコインの大量保有者には米国人や中国人が多いのかもしれませんが、現在実際にビットコインの取引をしているのは、日本人なのです。

2017年に中国ではビットコインの取引所が禁止されたこともあり、ビットコイン取引の主要通貨はUSDとJPYです。

そもそも世界的にみても米国、中国、日本はGDPも大きく富裕層も多い国ですので、いわば世界的な縮図から考えると、ある意味通常の状態となっていると考えても良いのではないでしょうか。

一部の人が、ビットコインの取引の承認作業と報酬を独占している?


出典:blockchain.info

また、上述したように、ビットコインはマイニング(ビットコインの取引の承認作業)によって、ビットコインを報酬としてもらうことができます。

このマイニングをするためには電気代がかかるため、現状は電気代が安い中国にマイナーが集中するという問題が起きていると本書では指摘されています。

確かに、実際にビットコインのマイニング事業者の上位はほぼ中国の企業です。

ビットコインのマイナーとは?今後いなくなる可能性や中国の主要企業は?

2017.11.29

マイニングには、誰が参加しても良い

ただし、こちらのマイニングについては、誰が参加しても良い訳です。

日本の企業であればGMOインターネットグループやSBIグループ、DMMグループなどが、2018年に向けて参入を表明していますが、今後アメリカやインドやヨーロッパの国々の企業が参加しても良いのです。

なので、現状は中国企業にほぼ独占されていますが、常に誰にでも門戸は開かれています。ですので、競争は実質的にはフェアであると言えるでしょう。

ビットコインは発行上限に達したらもう終わりなのか?

今回はビットコインの発行上限や、ビットコインの保有者の状況などの観点からビットコインについて検討してみました。

以上のようなビットコインの問題点を踏まえても、「まだビットコインは終わっていないのでは?」と思われた方は、まずは少額からでもビットコインの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

ビットコインは数百円からでも、誰でも簡単に、24時間365日購入が可能です。具体的には、インターネット上の仮想通貨の取引所で購入が可能です。

下記に金融庁に登録されており、信頼性が高い仮想通貨の取引所をまとめておりますので、良ければ参考にしてみてください。

資産運用を学ぶ方法