ビットコインキャッシュに1000万円投資すべき?ビットコインとの違いを踏まえて検討

ビットコイン投資

これから1,000万円を仮想通貨に投資する場合、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)、どちらに投資すべきなのでしょうか?

一般的によく言われている両者への主張を鑑みながら、仮想通貨への投資戦略を検討し、両方をお得に購入する方法までをお伝えします。

ビットコインとビットコインキャッシュのシステム上の違い


出典:Bitcoin Gold

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)のシステム上の主な違いは、下記の2点です(上記の図の真ん中のビットコインゴールド(BTC)は、マイナーの寡占化を防ぐために、マイニングマシンがGPUとなっています)。

BTCとBCHの違い
  1. BTCには「Segwit(セグウィット)」が導入されている
  2. ブロックサイズの大きさが違う(BTCは1MBに対して、BCHは8MB)

BTCは現在は1MBのブロックサイズが限界にきており、送金スピードが遅く、送金手数料も高くなってしまいました。そこで、「Segwit(セグウィット)」という新しい技術を導入することで、それらの問題を解決しようとしています。

将来的には、BTCは更に「ライトニングネットワーク」という技術を通じて、高速決済や少額決済なども実現しようとしていますが、それが実際に実現されて普及するのか不透明ではあります。

一方、BCHはブロックサイズを8MBに拡張したことで、2018年時点では送金スピードが早く、送金手数料も安いです。

ビットコインとビットコインキャッシュの性能の違い

上記の比較からしても、2018年時点ではビットコインキャッシュ(BCH)の方が性能は良くなっています。

また、ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれ、価値の保存の手段として考えられているのに対して、ビットコインキャッシュは、世界中で使える未来のお金として、サポーターには捉えられています。

もし仮に、ビットコインが現状の金の市場規模(約7兆ドル)まで拡大し、ビットコインキャッシュが現状のお金の流通総額(約177兆ドル)まで拡大した場合、下記のような倍率となります。

BTCとBCHの今後のポテンシャル

BTCとBCHのポテンシャル
  • BTC:時価総額2500億ドル(2018年1月)×28倍=7兆ドル(金の市場規模)
  • BCH:時価総額400億ドル(2018年1月)×4,425倍=177兆ドル(お金の流通総額)

こちらは簡単に言うと、BTCは現在の「1BTC=180万円程度」から30倍程度には伸びる可能性があり、BCHは現在の「1BCH=30万円程度」から4,425倍程度には伸びる可能性があるという主張です。

しかしながら、さすがにBCHが全てのお金の流通総額レベルに普及するかと言ったら、少々疑問は残ります。

ビットコインとビットコインキャッシュの将来価格は?

そこで、仮にBCHが「ドルの流通総額」の約1.5兆ドル程度にまでは伸びるだろうと、想定してみます。そうすると、現在から約40倍程度には伸びる可能性があるとは言えます。

こうしてBTCとBCHの将来価格を改めて予想すると、下記になります。

BTCとBCHの予想される将来価格
  • 1BTC:約5,400万円
  • 1BCH:約1,200万円(仮に世界のお金になった場合は約13.2億円)

この金額に到達するのがいつの日になるかは不明ですし、そもそも到達するのかどうかは不確実ではあります。

BTCとBCHの今後のポイント

今の所BCHには大きな問題が見つかっていませんが、BTCの場合はすでに送金の遅延や送金手数料の高騰という問題に直面しています。そのため、こののまま両者が順調に成長していくかは不確実なところではあります。

従って、BTCはライトニングネットワークなどの新しい技術の実現がポイントとなりますし、BCHはブロックサイズをあげたことによって何か新しい問題が起こらないかどうかがポイントとなり、両者のリスクには注意しておくべきでしょう。

このような背景から、BTCとBCHへの投資にあたっては下記のようなことが良く言われています。

ビットコインとビットコインキャッシュへ投資する際の注意点

BTCとBCHへの投資で良く言われていること
  • BTC派の意見:BTCには2008年からのマイングコスト分の価値があるが、BCHには2017年8月1日以降の分岐後の価値しかない
  • 中立派の意見:BTCとBCHは同枚数保有しておいた方が良い
  • BCH派の意見:BCHの価格はBTCを逆転する(2018年中)

以上の状況を踏まえて、ビットコインとビットコインキャッシュのどちらに投資するかを検討して見ても良いでしょう。

ビットコインとビットコインキャッシュの思想の違い

上記のBTCとBCHの哲学の違いを踏まえると、ビットコインコア派は「Censorship Resistance(対検閲性)」や「Decentralize(非中央集権)」という思想を重視していることがわかります。

しかしながら、実際のところ多くの仮想通貨のユーザーはそれらの思想を気にしておらず、中国系マイナーの寡占化に関しても、あまり気にしていないというところが実際のところです。

それよりも、一般的なユーザーにとっては、今後その仮想通貨の価格が上がるのかどうか?や、送金手数料が安くて便利なのかどうか?などの方に、もしかしたら関心があるのかもしれません。

ビットコインのマイナーの状況


出典:blockchain.info

2008年にNakamoto Satoshiによって発表されたビットコイン論文では、現在のような中国系マイナーの寡占状態を予想はしていなかったでしょう。

実際にビットコインのマイナーを確認してみると、5位のSlushPoolはチェコの企業ですが、Bitmain社、BTC.TOP、ViaBTCは中国企業です。また、Bitmain社はViaBTCに出資もしています。

更に、Bitmain社はマイニングに利用する「ASIC mining」というハードウェアを販売しており、マイナーがビットコインをマイニングするためには、このハードウェアが必要となります。

現在は中国のBitmain社の影響が強いが、今後は不透明

そのため、今のところビットコインは、かなりBitmain社の影響力が強い仮想通貨とは言えるのかもしれません。このような背景もあり、ビットコインコア派の開発者などは、このような中国企業による寡占状態を嫌悪しているようには見受けられます。

しかしながら、今後はSBIやGMO、DMMなどの日本の大手企業もビットコインのマイニングに参戦するため、このような寡占状態は今後変わる可能性もあります。

(2018年追記)韓国の大企業サムスンが、マイニングに利用するハードウェアの販売を開始すると表明しました。そのため、今後Bitmain社の独占状態は変わるかもしれません。

ビットコインキャッシュのマイナーの状況

一方、ビットコインキャッシュのマイナーに関しては、ビットコインと同じくBitmain社やViaBTC社などの中国系企業が多くのシェアを持っているものの、ロジャー・バーが運営する米国の「Bitcoin.com」も多くのシェアを持っています。

さらに、日本の大企業SBIとGMOインターネットグループも、ビットコインキャッシュのマイニングを表明しています。

そのため、将来的にはビットコインキャッシュのマイナーについては、中国企業の独占状態が無くなる可能性が高いと言えます。

こうして世界のGDPと比例して、米国・中国・日本・ヨーロッパなどの企業のマイナーが分散する形になると、ビットコインコア派からのビットコインキャッシュへの批判は消えていくのかもしれません。