300万円の投資先にビットコインを含めるのはオススメか?メリットとリスクを検討

300万円の投資先を考えた場合、現代では株式投資や不動産投資だけでなく、ロボアドバイザーやソーシャルレンディングなど、数多くの選択肢があります。

そこで今回は、最近話題の仮想通貨「ビットコイン」を投資先に含めるのが本当に良いのかどうかを、メリットとデメリット(リスク)を検討してみます。

ビットコインを100万円程度購入していた場合のリターン


出典:仮想通貨の取引所Zaif

まず、仮に2017年の年初に100万円程度ビットコインを購入していた場合、2018年の年末には約20倍程度になっていましたので、大体2000万円程度の収益が得られていました。

もちろんこれに税金がかかってきますが、一般的な金融商品と比べるとかなり高いリターンを得られていたと言えるでしょう。

また、300万円全額をビットコインを投資するのは、確かにリスクがあります。

ですが、そのうちの1/3程度の100万円を投資し、残りの200万円は他の安定的な金融商品に振り向けていれば、リスクも抑えられた資産運用と言えたでしょう。

ビットコインに投資するメリットとリスク

ビットコイン投資のメリット
  • 一般的な金融商品よりも、高いリターンが得られる
  • 誰でも簡単に少額から始められる
  • 365日24時間、いつでも投資が可能
  • ビットコインから日本円にすぐに換金が可能

ビットコイン投資のメリットをまとめると、数十倍〜数百倍レベルの高いリターン以外にも、誰でも簡単に少額から始められるという点が挙げられます。

また、株式投資やFXとは異なり、365日24時間いつでも投資が可能で、日本円にもすぐに換金することができます。つまり、流動性の高い金融商品なのです。

一方、デメリットやリスクとしては、元本保証の金融商品ではないという点が挙げられます。

ビットコイン投資は、元本保証では無い

ビットコイン投資のリスク
  • 損する可能性もある

ビットコインは、株式投資や不動産投資と同じように、値段が高い時に購入して安い時に売ってしまった場合は、損をする可能性があります。

投資は自己責任ですが、そのような点は踏まえて、ビットコインをポートフォリオに組み込まれると良いでしょう。

アルトコインを100万円程度購入していた場合のリターン

なお、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、実は2017年はアルトコインの方が年間のリターンは高くなっていました。

例えば代表的なアルトコインに、国際送金に利用されるリップル(単位:XRP)があります。

こちらのリップルを年初に100万円程度購入していた場合、年間リターンは200倍以上になっていたと言われています。

リップル(単位:XRP)へ集まる期待

リップル(XRP)を発行する米国のリップル社のネットワークには、上記のような世界中の著名な金融機関がすでに参加を表明しています。

このような背景もあり、今後もリップル社やXRPに対する期待値は高いと言えるでしょう。

なお、リップル社のネットワークには、日本では三菱UFJフィナンシャルグループや、みずほフィナンシャルグループなども参画しています。

仮想通貨リップルへの投資は危ない?詐欺では無いが金融庁登録済の取引所で購入すべき

2017.07.07

ビットコインを割高と感じたら、アルトコインに投資するのが吉

従って、仮想通貨に投資をする場合は、何もビットコインにだけ投資をする必要もないのです。

2009年に誕生した当初は0.07円だったビットコインですが、現在では100万円以上に値上がりしています。

そのため、「今後仮想通貨市場が成長するとは言われていても、今更ビットコインを始めるのは遅い…」と感じられている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしなら、現在ではビットコイン以外にも多くのアルトコインがあります。ですので、ビットコイン以外の仮想通貨である「アルトコイン」に分散投資をしておくのも良いでしょう。

アルトコインを安く購入できるのは、Zaif

なお、仮想通貨はインターネット上の「仮想通貨の取引所」で購入できますが、日本で一番アルトコインを安く購入できるのは、大手仮想通貨の取引所「Zaif(ザイフ)」です。

これから少しぐらい仮想通貨も保有しておこうと思った方は、まずはZaif(ザイフ)に無料の口座開設をして、分散投資をしておくのも良いでしょう。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

資産家や投資家も、ポートフォリオに仮想通貨を含める時代


出典:Businessinsider

元ペイパルの創業者で、米国大統領ドナルドトランプ氏を支持した資産家「ピーター・ティール」氏が運営するファウンダーズ・ファンドというヘッジファンドも、数億ドル相当のビットコインを組み入れています。

また、米国の伝説的な著名投資「ビル・ミラー」氏も、自身が運営するヘッジファンドのポートフォリオにビットコインを組み入れたことで、莫大なリターンを得ています。

もし仮に1,000万円の貯金があるなら、10%はリスクを取るのもあり

ですので、もし仮に今貯金が1,000万円程度ある方であれば、そのうち10%程度の100万円ぐらいは、仮想通貨などのハイリターン投資に挑戦してみるのも一手です。

残りの大部分はソーシャルレンディングなど、リスクをもう少し抑えた資産運用に回しつつ、一部はビットコインなどの仮想通貨に投資をした方が、全体リターンは良くなることもあるでしょう。

資産運用を学ぶ方法