ビットバンクの手数料は高い?評判や株価を利用者目線で紹介!

サービス

ビットバンク株式会社が提供する、金融庁登録済の仮想通貨の取引所「ビットバンク(bitbank.cc)」と、ビットコインFXの「ビットバンクトレード」の口コミ、メリット・デメリットをご紹介します。

ビットバンクは取引手数料が無料(キャンペーン中はマイナス手数料)ですので、ビットコインキャッシュ・モナーコイン・リップルなどを、日本円から一番手数料安く購入できる取引所です。

なお、ビットバンク株式会社は未上場企業ですので株価はありませんが、2017年に東証一部上場企業のセレスから8.5億円の資金調達をし、大株主には上場企業が入っている状況です。

ビットバンク株式会社の会社概要は?

ビットバンクの会社概要
出典:仮想通貨ならビットバンク

まず、ビットバンク株式会社は、2014年に設立された仮想通貨関連事業を営むベンチャー企業です。

冒頭に説明したように、2017年には東証一部上場企業の株式会社セレスから資金調達を実施していますが、注目すべきはビットバンク株式会社の経営陣です。

ビットバンク株式会社の経営陣の信頼性は?

ビットバンクの経営陣

代表取締役CEO「廣末紀之」氏の経歴

代表取締役の廣末氏は、野村証券→GMOインターネット常務→ガーラ代表→コミューカ代表→ビットバンク創業と、まさに経営のプロと呼べる方なようです。

また、金融業界やインターネット業界に長年携わっていたことから、ビットコイン業界への知見の深さがうかがえます。なお、廣末氏は「ブロックチェーンの衝撃」という本の執筆にも携わっています。

取締役「加藤」氏・「峰松」氏・「都木」氏の経歴

取締役の加藤氏は、シンガポール在住の「エンジェル投資家」です。

現KLab株式会社代表の真田氏が創業された(株)リョーマや、(株)ダイヤルキューネットワークの設立に参画後、有限会社日広を創業し、GMOインターネットグループに事業を売却しています。

まさにシリアルアントレプレナーと呼べる方ですが、加藤氏の詳細などは「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に記載されています。

その他の取締役には、ビットコインのシステム部分に知見のある「峰松浩樹」氏、東証一部上場企業セレスの代表取締役を務める「都木聡」氏なども参画しており、非常に優秀な経営陣が揃っていると言えるでしょう。

ビットバンク株式会社のサービス内容や特徴は?

ビットバンク株式会社は主に下記サービスを運営しています。

運営サービス
  1. ビットバンク/bitbank.cc(仮想通貨の取引所)
  2. ビットバンクトレード/bitbank Trade(ビットコインの先物取引サービス)
  3. ビットコインニュース BTCN(仮想通貨のニュースメディア)
  4. ビットバンクウォレット/bitbank Wallet(ビットコインのWebウォレット)
  5. bitbank exchange(仮想通貨取引所のマッチングエンジン)
  6. bitbank for broker(仮想通貨取引所参入事業者向けサービス)
  7. ブロックチェーン大学校(ブロックチェーンエンジニアの教育プログラム)

今回は、個人向けの主要サービスである「ビットバンク(bitbank.cc)」と「ビットバンクトレード(bitbank Trade)」についてご紹介します。

ビットバンク(bitbank.cc)を利用するメリットは?

ビットバンクの手数料
出典:仮想通貨ならビットバンク

まず、ビットバンクの仮想通貨の取引所サービスである「bitbank.cc」に関しては、キャンペーン期間中は現物取引の手数料が最大マイナス0.05%であったりしますので、手数料面では非常に使いやすいサービスです。

メイカーというのは、簡単に言うと「新規注文」して、取引板(気配値)に注文を並べることをさします。一方、テイカーとは、取引板(気配値)に並んだ既存の注文を「約定」することをさします。

ビットコインと日本円の場合は、日本円でビットコインを新規注文することが「メイカー」、ビットコインを日本円に戻すことが「テイカー」となるようです。

ビットバンクの取り扱い仮想通貨の種類

また、ビットバンクでは、下記の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱い仮想通貨
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • モナーコイン

ビットバンクは手数料マイナスキャンペーンなどを定期的に実施していますので、「モナーコイン」「リップル」「ビットコインキャッシュ」などのアルトコインを、日本円から安く購入したい方には非常に適しています。

ビットバンクのインターネット上の口コミは?

などなど、ビットバンクのソーシャル上の評判や口コミもなかなか良いようですが、ビットバンクを利用するデメリットは何でしょうか?

ビットバンク(bitbank.cc)を利用するデメリットは?

ビットバンクを使うデメリットは、取り扱い仮想通貨の種類が少ない点と、スマホアプリが無い点(スマホのウェブ画面は対応しています)です。

例えば、日本で一番仮想通貨の取り扱い種類が多い「コインチェック」では、下記の仮想通貨を取り扱っています。

コインチェックの取り扱い仮想通貨
  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサクラシック(Ethereum Classic)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(Factom)
  • モネロ(Monero)
  • オーガー(Augur)
  • リップル(Ripple)
  • ジーキャッシュ(Zcash)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

そのため、コンチェックの利用者は投資したい仮想通貨を上記の中から選ぶことができます。

なお、コインチェックが取り扱った仮想通貨は、2017年だけを見ても、その価値が30倍〜200倍以上になっている銘柄も多く存在しますので、コインチェックだけで一億円以上を稼いだ方もかなりいるようです。

また、コインチェックは「スマホアプリ」も提供していますので、様々な仮想通貨に分散投資をしたい方や、スマホアプリで仮想通貨を購入したい方などには、コインチェックの利用をおすすめします。

実際、いつもPCの目の前にいて仮想通貨の購入はできませんので、スマホアプリで気軽に購入できるのは便利です。

コインチェックの評判は怪しい?株価や上場は?初心者におすすめは本当?

2017.09.05

ビットコインFXのビットバンクトレード(bitbank trade)とは?

続いて「ビットバンクトレード(ビットコインFX)」ですが、こちらはビットコインの「先物取引」ができるサービスです。ビットコインの先物取引とは、「将来いくらで買う」という約束をする取引になります。

例えば、本日「1BTC=10万円」であった場合、1ヶ月後に「1BTC=10万円」で購入できる権利を購入し、実際に1ヶ月後に「1BTC=20万円」になった場合に「1BTC=10万円」で購入できるため、10万円の利益が出るという仕組みです。

もちろん手数料はかかりますが、ビットコインの信用取引との最大の違いは、取引所からビットコインを借りて取引する訳ではない点です。

そのため、他の取引所では日を超えて取引をすると「借入手数料(スワップポイント)」がかかってしまうのですが、ビットバンクトレードでは無料です。

ビットバンクトレード(bitbank trade)を利用するメリット

ビットバンクトレードのメリット
  • 追証なし
  • レバレッジ20倍
  • 逆指値注文が可能
  • 両建てが可能
  • 借入手数料が無料(日を跨いで取引をしても手数料がかからない)

まず一番のポイントは、この「追証なし」という特徴です。こちらは、追加で証拠金(担保)を入れる必要がないということですが、正確に言うと、証拠金残高が20%を切ったら自動的にロスカットされる仕組みがあるということです。

例えば、ビットフライヤーのビットコインFXなどでは「追証」制度を設けています。

従って、ビットフライヤーでFXを利用していて、ビットコイン相場が急変動した場合、最悪の場合、投資金額よりも大きな金額をビットフライヤーに支払わなければならないことがあります。

一方、ビットバンクトレードには「追証」制度がなく、投資金額よりも大きな損失が出ることはありません。

具体的には、証拠金残高が50%を切るとマージンコールと呼ばれる「メール」が登録したアドレスに届きます。そして、さらに相場が変動して証拠金残高が20%を切ったら、自動的に「ロスカット」されることになります。

ですので、ビットバンクトレードを利用する場合は、投資金額以上の損失を被ることはないのです。そのため、余剰資金の範囲内で取り組むのであれば、ビットバンクトレードは気楽にトレードができます。

一方、ビットバンクトレードのデメリットは下記になります。

ビットバンクトレード(bitbank trade)を利用するデメリット

ビットバンクトレードのデメリット
  • キャピタルゲインフィーが0.2%かかる

キャピタルゲインフィーというのは、取引をして利益が出た時にかかる手数料です。毎日の借入手数料がかかる分、利益が出た際にはその分手数料をくださいという仕組みとなっています。

0.2%と聞くと一見高いように思えますが、他の取引所では毎日0.04%〜0.05%程度の借入手数料がかかりますので、5日程度ポジションを持ち続けるのであれば、ビットバンクトレードの方がお得になる可能性は高いでしょう。

なお、ビットバンクトレードを利用するためにも、まずは「ビットバンク」へ登録しておくと、ビットバンクトレード に本人確認の連携ができますので手間が省けます。

ビットバンク(bitbank.cc)の利用に向いている人

ビットバンク

以上を踏まえて、ビットバンクを利用するのに向いている人は、主に「リップル、モナーコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどのアルトコインを安く購入したい方」です。

ビットバンクは「Ripple, inc.」の公式サイトにも取り上げられているため、安心して「リップル」を購入できます。また、日本初の暗号通貨である「モナーコイン」や、時価総額の高い「イサーリアム」なども、手数料を抑えて購入することが可能です。

そのようなアルトコインの購入を検討されている方は、一度「仮想通貨ならビットバンク」の利用されて見ても良いのではないでしょうか。

ビットバンクの口座開設の方法(無料)

ビットバンクの口座開設方法は簡単ですので一緒に見て行きましょう。まずはこちらの仮想通貨ならビットバンクの公式サイトへ飛びます。そこで「メールアドレス」を入力し、新規登録を行います。

その後、登録したメールアドレスに送られてきたURLをクリックし、パスワードの登録をします。マイページにログイン後に「登録情報」を選び、氏名や住所等の基本情報を入力していきます。

全ての基本情報の入力を完了させると、「本人確認情報」のアップロードに進むという画面が出てきますので、「本人確認書類」を写真で撮ってアップロードをします。

そうすると「審査中」の状態になり、後日登録した住所にビットバンクから書類が届きます。そちらの書類を受け取れば、口座開設は全て完了です。

ビットコイン取引所ランキング