ビットバンクの評判や株価は?ビットバンクトレードはFX初心者におすすめ

サービス

ビットバンク株式会社の提供サービス「仮想通貨ならビットバンク」や「ビットバンクトレード」の評判や信頼性に関してです。

ビットバンク株式会社は現状は未上場企業ですので、まだ株価はありません。ですが、ビットバンク株式会社は2017年に東証一部上場企業のセレスから8.5億円の資金調達をしておりますので、今後上場やM&Aの可能性はあるでしょう。

ビットバンク株式会社の会社概要や評判は?

ビットバンクの会社概要

まず、ビットバンク株式会社は、2014年に設立された仮想通貨関連事業を営むベンチャー企業です。

冒頭に説明したように、2017年には東証一部上場企業の株式会社セレスから資金調達を実施していますが、注目すべきはその経営陣です。

ビットバンク株式会社の経営陣の信頼性は?

ビットバンクの経営陣

代表取締役CEO「廣末紀之」氏の経歴

代表取締役の廣末氏は、野村証券→GMOインターネット常務→ガーラ代表→コミューカ代表→ビットバンク創業と、まさに経営のプロと呼べる方なようです。

また、金融業界やインターネット業界に長年携わっていたことから、ビットコイン業界への知見の深さがうかがえます。なお、廣末氏は「ブロックチェーンの衝撃」の執筆にも携わっています。

取締役「加藤」氏・「峰松」氏・「都木」氏の経歴

続いて取締役の加藤氏は、シンガポール在住の「エンジェル投資家」です。

現KLab株式会社代表の真田氏が創業したことで有名な(株)リョーマや(株)ダイヤルキューネットワークの設立に参画後、有限会社日広を創業し、GMOインターネットグループに事業を売却。

まさにシリアルアントレプレナーと呼べる方ですが、加藤氏の詳細などは「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に記載されています。

その他の取締役には、ビットコインのシステム部分に知見のある「峰松浩樹」氏、東証一部上場企業セレスの代表取締役を務める「都木聡」氏も参画しています。

このようにメンバーの経歴を鑑みると、経営陣の信頼性は十分であるように思われますが、実際のところビットバンクのサービスはどうなのでしょうか?

ビットバンク株式会社のサービス内容や特徴は?

サービス

ビットバンク株式会社は、主に下記のサービスを運営しています。

運営サービス
  • ビットバンク/bitbank.cc(仮想通貨の取引所)
  • ビットバンクトレード/bitbank Trade(ビットコインの先物取引サービス)
  • ビットコインニュース BTCN(仮想通貨のニュースメディア)
  • ビットバンクウォレット/bitbank Wallet(ビットコインのWebウォレット)
  • bitbank exchange(仮想通貨取引所のマッチングエンジン)
  • bitbank for broker(仮想通貨取引所参入事業者向けサービス)
  • ブロックチェーン大学校(ブロックチェーンエンジニアの教育プログラム)

ここでは主要サービスをご紹介します。

ビットバンク(bitbank.cc)を利用するメリット

まず、ビットバンクの仮想通貨の取引所サービスである「bitbank.cc」に関しては、現物取引の手数料が最大マイナス0.05%であったりしますので、手数料面では非常に使いやすいサービスです。

ビットバンクの手数料

メイカーというのは、簡単に言うと「新規注文」して、取引板(気配値)に注文を並べることをさします。一方、テイカーとは、取引板(気配値)に並んだ既存の注文を「約定」することをさします。

ビットコインと日本円の場合は、日本円でビットコインを新規注文することが「メイカー」、ビットコインを日本円に戻すことが「テイカー」となるようです。

また、ビットバンクでは、下記の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱い仮想通貨
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • モナーコイン

ビットバンクは手数料マイナスキャンペーンなどを定期的に実施していますので、日本初の暗号通貨「モナーコイン」、国際送金が用途の「リップル」、または「ライトコイン」などを大量に安く購入したい方には、お勧めできる取引所です。

ビットバンク(bitbank.cc)を利用するデメリット

コイン

一方、ビットバンクを使うデメリットは、下記です。

デメリット
  1. 取り扱い仮想通貨の種類が少ない点
  2. アプリが無い点

例えば、投資初心者向けの大手仮想通貨の取引所「コインチェック」では、下記の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱い仮想通貨
  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサクラシック(Ethereum Classic)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(Factom)
  • モネロ(Monero)
  • オーガー(Augur)
  • リップル(Ripple)
  • ジーキャッシュ(Zcash)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

そのため、利用者は投資したいコインを多数の中から選ぶことができます。

なお、コインチェックは、日本の仮想通貨の取引所の中では最も多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。また、コインチェックが取り扱ったコインは、2017年だけを見ても、ネムやリスクなど、その価値が30倍〜40倍以上になっている銘柄も多く存在します。

更に、コインチェックはとても使いやすい「スマホアプリ」も提供していますので、様々な仮想通貨に分散投資をしたい方や、スマホアプリで仮想通貨を購入したい方などには、コインチェックの利用をおすすめします。

実際、いつもPCの目の前にいて仮想通貨の購入ができる訳ではありませんので、スマホアプリで気軽に購入ができるというのはかなり便利です。

ビットバンクトレード(bitbank trade)は追証なしのビットコインFX

ビットコインFX

続いてビットバンクのサービス「ビットバンクトレード(ビットコインFX)」ですが、今のところビットバンク株式会社の目玉サービスは、この「ビットバンクトレード」と言えるでしょう。

ビットバンクトレードは、ビットコインの「先物取引」ができるサービスです。ビットコインの先物取引とは、「将来いくらで買う」という約束をする取引になります。

例えば、本日「1BTC=10万円」であった場合、1ヶ月後に「1BTC=10万円」で購入できる権利を購入し、実際に1ヶ月後に「1BTC=20万円」になった場合に「1BTC=10万円」で購入できるため、10万円の利益が出るという仕組みです。

もちろん手数料はかかりますが、ビットコインの信用取引との最大の違いは、取引所からビットコインを借りて取引する訳ではない点です。そのため、他の取引所では日を超えて取引をすると「借入手数料(スワップポイント)」がかかってしまうのですが、ビットバンクトレードでは無料です。

そんな先物取引ができるビットバンクトレードですが、この点以外にもユーザーにとって有難い特徴があります。

ビットバンクトレードの主な特徴

ビットバンクトレードの特徴
  • 追証なし
  • レバレッジ20倍
  • 逆指値注文が可能
  • 両建てが可能
  • 借入手数料が無料(日を跨いで取引をしても手数料がかからない)

まず一番のポイントは、この「追証なし」という特徴です。こちらは、追加で証拠金(担保)を入れる必要がないということですが、正確に言うと、証拠金残高が20%を切ったら自動的にロスカットされる仕組みがあるということです。

例えば、ビットフライヤーのビットコインFXなどでは「追証」制度を設けています。従って、ビットフライヤーでFXを利用していて、ビットコイン相場が急変動した場合、最悪の場合、投資金額よりも大きな金額をビットフライヤーに支払わなければならないことがあります。

一方、ビットバンクトレードには「追証」制度がなく、投資金額よりも大きな損失が出ることはありません。

具体的にどうなるかと言いますと、証拠金残高が50%を切るとマージンコールと呼ばれる「メール」が登録したアドレスに届きます。そして、さらに相場が変動して証拠金残高が20%を切ったら、自動的に「ロスカット」されることになります。

ですので、ビットバンクトレードを利用する場合は、投資金額以上の損失を被ることはないのです。ですので、余剰資金で取り組むのであれば、初心者でも気楽にトレードができます。

また、今なら下記のリンクからビットバンクトレードに登録すると、半年間は取引手数料が20%OFFになる紹介キャンペーンも実施中ですので、宜しければご活用ください。

なお、この他のサービスとして、ビットコインに関するニュース情報を配信する、良質なウェブメディアの「BTCN」もあります。ビットコイン関連の最新情報を取得するためには、日々のチェックは必須と言えるでしょう。

ビットバンクに関するまとめ

まとめ

以上を踏まえて、ビットバンクの会社自体の信頼性やサービスの良さなどはお分り頂けたかと思います。

以前にリップルに関する記事でお伝えしましたが、ビットバンクはきちんとRipple, inc.の公式サイトにも取り上げられている仮想通貨の取引所です。さらに、モナーコインの記事でお伝えしましたが、ビットバンクはモナーコインの購入手数料が安いです。

ですので、安心して話題の仮想通貨「リップル」を購入したい方や、日本初の暗号通貨である「モナーコイン」を安く購入されたい方などには、一番お勧めできる仮想通貨の取引所です。

資産運用を学ぶ方法