【図解】ビットバンク(bitbank.cc)でのリップル(XRP)の買い方!アルトコインの購入方法を初心者に解説

金融庁登録済の仮想通貨の取引所ビットバンク(bitbank.cc)での、仮想通貨リップル(通貨単位:XRP)の買い方をお伝えします。

なお、ビットバンク株式会社はビットバンクトレード (bitbankTrade)というビットコインFXを提供していますが、ビットバンクトレードではリップルは購入できませんので、ご注意ください。

また、ビットバンクでは、他にもモナーコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコインなどのアルトコインを取り扱っていますが、購入方法はどれも同じです。

ビットバンクでのアルトコインの具体的な購入手順は、①口座開設、②入金、③取引の3ステップで完了します。

1. ビットバンク(bitbank.cc)に口座開設をする

ビットバンク(bitbank.cc)でリップル などのアルトコインを買うためには、まずは無料の口座開設をする必要があります。

まだビットバンクに口座開設が済んでいない方は、公式サイト「仮想通貨ならビットバンク」から口座開設の申請をします。

トップページからメールアドレスを登録

口座開設は簡単で、こちらの仮想通貨ならビットバンクのトップページから、まずはメールアドレスを登録します。そうすると、ビットバンクから登録したアドレスにメールが届きます。

そちらのURLをクリックし、マイページで「氏名」や「住所」などの基本情報を登録し、運転免許証などの「本人確認書類」の写真をアップロードします。

そうすると、後日登録した住所にビットバンクから「確認書類」が送られてきます。そちらの書類を受け取れば、ビットバンクでの口座開設は完了です。

2. ビットバンク(bitbank.cc)に入金する

続いて、ビットバンクに日本円を入金をします。

ビットバンクへ日本円を入金するためには、左側の「入出金」タブから「入金」をクリックします。そうすると、ビットバンクの指定口座が表示されます。

そうして、自分の銀行口座からビットバンクの指定口座へ、銀行振込で入金します。

ビットバンクへの振込の際には、必ず振込依頼人名を「入金番号」+「自分の名前(カナ)」に変更して、振込する必要があります。

こうしてきちんと「入金番号」を「自分の名前(カナ)」の前につけて振り込めば、だいたい10分以内には入金が反映されます。そうすると、ビットバンクのアカウントの「JPY残高」が増えます。

3. ビットバンク(bitbank.cc)でのアルトコインの買い方

最後に、ビットバンクのアカウントに日本円が入金されたら、トレード画面へ移動します。

例えば、1万円を入金した状態で「XRP」を購入したい場合は、右側の注文画面で「価格」と「数量」の情報を入力します。

注文画面に「価格」と「数量」を入力して注文する

上記の図は、買いたい「値段」と買いたい「数量」を指定して購入する「指値注文」の場合です。

上から順に、「指値」「買い」のボタンを選択し、買いたい「価格」を入力し、買いたい分の「日本円の金額」を入力し、最後に「注文」ボタンをクリックします。

「指値注文」に対して、数量のみを指定した注文方法が「成行注文」になります。

成行注文の場合は、数量のみを入力すれば最適なレートで自動的に注文が約定されますが、相場が急激に動いている場合は狙った価格で約定できない場合はあります。

注文する「価格」は売り板と買い板を見て決める

なお、指値注文を利用する時の「注文価格」は、左側にある売り板と買い板の状況を見て決めます。

例えば上記の図では、359円で10XRP売りたい人と、358円で30XRP買いたい人の注文が掲載されています。例えばこれを見て、359円で買い注文を発注をすれば、即座に10XRPが約定されます。

10XRPが約定され、残った約17XRPは、売り手が出てくるまでは約定されずに注文板に掲載されます。

注文内容の確認

例えば、指値注文で注文価格「350」、注文数量「28.5714XRP」で発注すると、上記のような注文内容の確認画面が出ます。こちらで問題がなければ、「実行」ボタンを押して注文を発注します。

発注した注文のキャンセルも可能

また、注文したものの、やっぱり注文を取りやめたい場合は、「注文一覧」画面から、赤色の「キャンセル」ボタンをクリックすれば、発注した注文はキャンセルされます。

資産状況で購入状況を確認

そうして無事注文が約定されると、資産状況でXRPを保有していることが表示されます。

なお、現在ビットバンクの取引手数料は無料ですので、何度注文しても手数料はかかりません。現状ビットバンクでは、日本で一番安くリップルのXRPを購入することができます。

ビットバンクはおすすめ?運営会社の信頼性や株価、上場予定は?

2017.08.28

リップル(XRP)の購入後は、ハードウェアウォレット保管が安全

また、ビットバンクは、コールドウォレットやマルチシグなど、世界最高峰のセキュリティ対策がなされている企業です。

しかし、そうは言ってもそのまま購入したXRPを置いておくのが不安な方は、「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」などのハードウェアウォレットに送金して保管しておくと良いでしょう。

なお、ハードウェアウォレットは、日本では下記のLedger Nano Sの公式代理店から、日本語対応したものを購入ができます。

仮想通貨の保管場所(ウォレット)は?安全度の高い保管方法を初心者向けに解説

2017.12.04

ビットバンクで日本円で購入可能なアルトコインの種類

ビットバンクで日本円で購入可能なアルトコイン
  • リップル(XRP)
  • モナーコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

以上になりますが、ビットバンクでは日本円から直接購入できるアルトコインは、リップル・モナーコイン・ビットコインキャッシュのみとなっています。

イーサリアムやライトコインなどのアルトコインは、ビットコインとのトレードしかできません。そのため、イーサリアムやライトコインを日本円から直接購入したい場合は、別の取引所を利用する必要があります。

アルトコイン別に利用する取引所を変えるのが、一番お得

もし日本円から直接アルトコインを購入したい場合は、イーサリアムなら「Zaif」、ライトコインなら「GMOコイン」から購入すると、一番お得に購入することができます。

このようにアルトコイン別に利用する仮想通貨の取引所を変えるのが、実は一番手数料面ではお得となります。手数料を抑えて仮想通貨へ投資をしたい方は、複数の取引所を併用して利用されるのが良いでしょう。

【仮想通貨の購入方法】GMOコインでの買い方を簡単に解説

2017.11.03

資産運用を学ぶ方法