【300万円の資産運用】おすすめの有効活用方法と投資前に考えるべきこと

資産運用

300万円を資産運用するにあたって考えるべきことや、おすすめの運用方法をお伝えします。

目次

まずは目標金額と運用期間を決め、毎年の目標利回りを算出する

まず、手元の300万円をいくらに増やしたいのか?を検討する必要があります。

次に、どのぐらいの期間で増やしたいのか?も検討する必要もあります。そうすると、毎年の目標利回りが算出できるからです。

例えば、分かりやすく「300万円を10年間で1億円にする」という野心的な目標を立てた場合、毎年の目標利回りを考えると、毎年1.5倍程度には資産を増やしていく必要があります。

300万円を10年間で1億円にしたい場合のシミュレーション

1年目 3,000,000円
2年目 4,500,000円
3年目 6,750,000円
4年目 10,125,000円
5年目 15,187,500円
6年目 22,781,250円
7年目 34,171,875円
8年目 51,257,813円
9年目 76,886,719円
10年目 115,330,078円

このような野心的なシュミレーションを立てた場合は、普通に資産運用をしていては、絶対に達成できません。

ですので、この場合は、年間リターンが数十倍の可能性がある、株式投資(未上場株への投資含む)や仮想通貨投資など、ハイリスク・ハイリターンの投資に挑戦するしか手はありません。

【未上場株の買い方】非上場企業へ出資/投資したい方向けの購入方法

2018.03.18

【仮想通貨で資産運用】初心者にビットコイン投資の方法を簡単解説

2018.02.01

300万円を10年間で600万円にしたい場合のシミュレーション

1年目 3,000,000円
2年目 3,240,000円
3年目 3,499,200円
4年目 3,779,136円
5年目 4,081,467円
6年目 4,407,984円
7年目 4,760,623円
8年目 5,141,473円
9年目 5,552,791円
10年目 5,997,014円

一方で、例えば300万円を10年間で、2倍の600万円にする場合は、毎年の利回りは8%程度で良くなります。

ですので、これぐらいの目標設定であれば、ミドルリスク・ミドルリターンの金融商品(ソーシャルレンディングロボアドバイザー)など、資産運用の選択肢によっては、実現可能な目標と言えます。

従って、まず大切なのは自分にとって適切なシュミレーションをするべきということです。

低金利時代においてメガバンクの定期預金は無意味

もちろん、もっと低いリターンで構わない場合は、定期預金や国債などを利用しても良いでしょう。

ただし、低金利のこの時代においては、メガバンクの定期預金では、せいぜい1年間で0.02%程度の金利しかつきません。

0.02%程度ですと、手元の300万円のうち100万円を預けても、1年後に200円、税金が引かれて160円弱しか手に入りません。これでは、資産運用をする意味が正直全くありません。

毎年の利回り4%程度を狙うローリスクな資産運用方法

資産運用

しかし、中には「利回り8%の半分の利回り(4%程度)で良いので、もう少しリスクを抑えた資産運用方法はないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方には、不動産特化型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)がおすすめです。通常のソーシャルレンディングの場合、貸し倒れリスクが気になってしまいます。

しかしながら、上場企業が運営するOwnersBookなどであれば、全部の案件に不動産担保が付いていますので、貸し倒れが起きたとしても、リスクがかなり抑えられています。

【口コミ】オーナーズブックの実績は怪しい?3年目の利用者がメリットとデメリットを解説

2017.10.10

ただし、こちらはかなりリスクを抑えた資産運用方法になりますので、もう少しリスクをとって良いのでリターンを狙いたいという方に向けて、次に検討すべきことをお伝えします。

自分で資産運用に取り組むのか、誰かに任せるのかを決める

プロの資産運用

次に、検討すべきは、自分の目標を達成できる資産運用の選択です。

資産運用は、大きく分けて、①自分でやるのか、②誰かに任せるのかの二択に分かれます。

例えば、「300万円を10年間で1億円にすること」を目指す場合は、自分で投資に取り組まない限り、目標達成は不可能と言って良いでしょう。

一方、10年間で2倍の600万円を目指すのであれば、毎年8%程度の利回りでよくなりますので、ロボアドバイザーなどの運用成績の良い金融商品にお任せするという選択肢も出てきます。

自分で取り組む場合の資産運用の選択肢

まず、自分で資産運用に取り組む場合には、仮想通貨投資、株式投資、不動産投資があります。これらの運用方法であれば、働きながらの中長期投資も可能です。

もちろん、ハイリスク・ハイリターンな資産運用という観点から言うと、もちろんFXや信用取引・先物取引などのレバレッジ取引も考えられます。

ですが、基本的に多くの人は毎日PCの前に張り付いてトレードなどできません。

ですので、それらのハイリスク・ハイリターンな資産運用に取り組む場合は、専業の短期トレーダーになる決意がない人以外には適していないでしょう。

資産運用について学ばなければ、勝てるようにはならない

また、資産運用に取り組むべき前提として忘れてはならないことは、「資産運用について学ばなければ、絶対に勝てるようにはならない」ということです。

もし、何も学ばずに誰もが投資で勝てるようになるのであれば、今頃世の中はお金持ちで溢れています。

ですので、資産運用について学ぶ気がある方は、大手総合マネースクールの無料体験会に一度参加されてみるのがおすすめです。

大手総合マネースクールには、創業2002年から述べ44万人以上が参加した、ファイナンシャルアカデミーがあります。筆者も過去に「お金の教養講座」の無料体験会に参加しましたがおすすめです。

【口コミ】お金の教養講座に実際に参加した感想と向いている人

2017.10.13

金融のプロに任せる場合の資産運用の選択肢

資産運用

続いて、自分で資産運用や投資について学ぶ気がない方については、「プロにお任せする資産運用」をおすすめします。

プロにお任せる場合は、①ソーシャルレンディング、②ロボアドバイザー、③完全にお任せの投資信託(ヘッジファンド)などが考えられます。

そして、これらのサービスの本質は、「サービス提供業者を信頼できるかどうかどうか?」の一点につきます。

ソーシャルレンディングの場合はファンド案件が重要

ソーシャルレンディングの場合は、ソーシャルレンディング事業者が、貸出先を審査します。

私たち個人投資家は、ソーシャルレンディング業者が事前に審査して選定した「ファンド案件」に投資をします。そのため、ソーシャルレンディング業者の与信判断能力が重要になります。

【評判】クラウドクレジットの利用者数、株価や上場の可能性は?

2017.08.31

ロボアドバイザーやヘッジファンドの場合は、これまでの実績が重要

一方、ロボアドバイザーの場合は、ロボアドバイザー業者のこれまでの資産運用実績が大切です。

例えば、ロボアドバイザーのユーザー数No.1のウェルスナビの場合は、公式サイト(https://www.wealthnavi.com/)にこれまでの運用実績をきちんと掲載してくれています。

ですので、ロボアドバイザーを利用する場合は、このように運用実績を公式サイトに掲載してくれている、誠実な運営業者を選ばれるのが良いでしょう。

【口コミ】ウェルスナビのリターンは高い?株価や上場予定・関連銘柄は?

2017.07.20

完全にお任せの投資信託とは?

なお、完全にお任せの投資信託(ヘッジファンド)というのは、独立系資産運用会社であるレオスキャピタルワークスが提供する、「ひふみ投信」などのことを指します。

投資家である私たちはひふみ投信の公式サイトから口座開設をして、ひふみ投信を購入するだけで、運用自体は完全にお任せすることができます。

もちろん、投資信託の手数料(運用報酬は純資産総額の年1.0584%)はかかりますが、レオスキャピタルワークスにお任せする形になりますので、特に自分がやらなければいけないことはありません。

ひふみ投信はこれまでにも年間20%以上のリターンを出していますので、日本の資産運用会社の中ではズバ抜けて高いパフォーマンスと言えるでしょう。

ひふみ投信の手数料が安い&高い利回り(20%超え)は本当?買い時はいつ?

2017.09.26

300万円の投資先にビットコインを含めるのはあり?

以上のように、300万円の投資先を考えた場合、現代では株式投資や不動産投資だけでなく、ロボアドバイザーやソーシャルレンディングなど、数多くの選択肢があります。

そこで最後に、最近話題の仮想通貨「ビットコイン」を投資先に含めるのが本当に良いのかどうかを、メリットとデメリット(リスク)を検討してみます。

まず、仮に2017年の年初に100万円程度ビットコインを購入していた場合、2018年の年末には約20倍程度になっていましたので、大体2,000万円程度の収益が得られていました。

もしビットコインを100万円程度購入していたら…

もちろんこれに総合課税で税金がかかってきますが、一般的な金融商品と比べると、かなり高いリターンを得られていたと言えるでしょう。

また、300万円全額をビットコインを投資するのは、確かにリスクがあります。

ですが、そのうちの1/3程度の100万円を投資し、残りの200万円は他の安定的な金融商品に振り向けていれば、リスクも抑えられた資産運用と言えたでしょう。

仮想通貨のビットコインに投資するメリットとデメリット

ビットコイン投資のメリット
  • 一般的な金融商品よりも、高いリターンが得られる
  • 誰でも簡単に少額から始められる
  • 365日24時間、いつでも投資が可能
  • ビットコインから日本円にすぐに換金が可能

ビットコイン投資のメリットをまとめると、数十倍〜数百倍レベルの高いリターン以外にも、誰でも簡単に少額から始められるという点が挙げられます。

また、株式投資やFXとは異なり、365日24時間いつでも投資が可能で、日本円にもすぐに換金することができます。つまり、流動性の高い金融商品なのです。

一方、デメリットやリスクとしては、元本保証の金融商品ではないという点が挙げられます。

ビットコイン投資のリスク
  • ビットコイン投資は元本保証では無い

ビットコインは、株式投資や不動産投資と同じように、値段が高い時に購入して安い時に売ってしまった場合は、損をする可能性があります。

もちろん投資は自己責任ですが、そのようなリスクは踏まえて、ビットコインをポートフォリオに組み込まれると良いでしょう。

アルトコインを100万円程度購入していた場合のリターン

なお、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、実は2017年は、アルトコインの方が年間のリターンは高くなっていました。

例えば代表的なアルトコインに、国際送金に利用されるリップル(単位:XRP)があります。

こちらのリップルを年初に100万円程度購入していた場合、年間リターンは200倍以上になっていたと言われています。

仮想通貨のリップル(単位:XRP)へ集まる期待

リップル(XRP)を発行する米国のリップル社のネットワークには、上記のような世界中の著名な金融機関がすでに参加を表明しています。

このような背景もあり、今後もリップル社やXRPに対する期待値は高いと言えるでしょう。

なお、リップル社のネットワークには、日本では三菱UFJフィナンシャルグループや、みずほフィナンシャルグループなども参画しています。

ビットコインを割高と感じたら、アルトコインに投資するのが吉

従って、仮想通貨に投資をする場合は、何もビットコインにだけ投資をする必要もないのです。

2009年に誕生した当初は0.07円だったビットコインですが、現在では100万円以上に値上がりしています。

そのため、「今後仮想通貨市場が成長するとは言われていても、今更ビットコインを始めるのは遅い…」と感じられている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしなら、現在ではビットコイン以外にも多くのアルトコインがあります。ですので、ビットコイン以外の仮想通貨である「アルトコイン」に、分散投資をしておくのも良いでしょう。

アルトコインを安く購入できるのはbitbank

仮想通貨はインターネット上の「仮想通貨の取引所」で購入できますが、アルトコインの種類が豊富で、手数料安く購入できるのはbitbankです。

これから少しぐらい仮想通貨も保有しておこうと思った方は、まずはbitbankに無料の口座開設をして、分散投資をしておくのも良いでしょう。

bitbankは口座維持手数料も無料ですので、口座を保有していたからといって損することは特にありません。

仮想通貨リップルへの投資は危ない?詐欺では無いが金融庁登録済の取引所で購入すべき

2017.07.07

資産家や投資家も、ポートフォリオに仮想通貨を含める時代


出典:Businessinsider

例えば、元ペイパルの創業者で、米国大統領ドナルド・トランプ氏を支持した資産家「ピーター・ティール」氏が運営するファウンダーズ・ファンドというヘッジファンドも、数億ドル相当のビットコインを組み入れています。

また、米国の伝説的な著名投資「ビル・ミラー」氏も、自身が運営するヘッジファンドのポートフォリオにビットコインを組み入れたことで、莫大なリターンを得ています。

もし仮に数百万円の貯金があるなら10%はリスクを取るのもあり

ですので、もし仮に今貯金が数百万円程度ある方であれば、そのうち10%程度ぐらいは、仮想通貨などのハイリターン投資に資産を振り分けておくのも一手です。

残りの大部分はソーシャルレンディングなど、リスクを抑えた資産運用に回しつつ、一部はビットコインなどの仮想通貨に投資をした方が、全体としてのリターンが高くなる可能性はあるでしょう。

おすすめの300万円の資産運用の方法に関するまとめ

以上になりますが、せっかく貯めた300万円です。

繰り返しになりますが、まずは達成したい「目標金額」と「運用期間」を決め、毎年の目標利回りを算出し、そこから逆算して考えることが大切です。

なお、今回は300万円を全額資産運用に回せる方向けの内容でお伝えしました。もし300万円が全財産である場合は、まずはもう少し貯金をし、日々の生活資金を確保した上で投資をした方が良いでしょう。

なぜなら、余剰資金での投資であれば、たとえ元本を毀損しても精神的に安心できるからです。ぜひ自分にあった資産運用を用いて、豊かな老後を迎えましょう。

【100万円を確実に増やす資産運用】元本保証に限りなく近い投資先3つ

2017.10.03

資産運用を学ぶ方法