老後の資金は2000万円で足りる?必要額を貯めるために即すべきこと

老後

老後の資金はいくら貯めれば良いのやら…

未婚率が上昇しているこの時代において、「おひとりさま」で老後を迎える人も確実に増えることは間違いありません。

そこで今回は結婚している場合だけでなく、独身の場合にも「老後の資金はいくらあれば良いのか?」について検討し、今からできる具体的な対応方法を2つご紹介します。

貯めるべき老後の資金は、貰える年金によって変わる

老後

stevepb / Pixabay

まず、そもそも老後のために貯めるべき資金はいくらなのでしょうか?

巷には1500万円、2000万円、3000万円、5000万円と様々な説があります、基本的には将来もらえる(予定の)年金の金額から考えた方が良いでしょう。老後の年間生活費は大体300万円程度と仮定します。独身の方の場合は、もう少し少なくても良いのかもしれません。

65歳の定年まで働いてから20年程度は生きるとした場合は、大体6千万円(300万円 × 20年)程度は必要になります。年金を毎月25万円(年間300万円)もらえる人は良いかもしれませんが、実際は多くの人がそこまではもらえないように思います。

ですので、基本的にはその不足額を、事前に貯めておく必要があります。

もらえる年金と必要貯蓄額の例

  • 毎月年金20万円→必要貯蓄額は1,800万円(5万円 × 12ヶ月 × 30年)
  • 毎月年金15万円→必要貯蓄額は3,600万円(10万円 × 12ヶ月 × 30年)
  • 毎月年金10万円→必要貯蓄額は5,400万円(15万円 × 12ヶ月 × 30年)

このように見てみると、確かに人によっては2,000万円の貯金でも大丈夫かもしれません。

ですが、結婚していて使える費用が年間300万円だとすると、あまり贅沢はできない生活ですし、かつ、親の介護など何か不足の事態が起きた時の対応が、とても難しいように思います。

さらに、平均寿命が伸びている現代においては、もっと多くの金額を貯金しておく必要があるかもしれませんし、そもそも自分が65歳まで働ける状態でいられるのか?もわかりません。

持ち家なのか、賃貸なのか?が重要なポイント

不動産

PIRO4D / Pixabay

そしてもう一つ重要なポイントとして、持ち家なのか賃貸なのかという観点があります。

こちらの日経の記事によると、持ち家で、年金生活をする夫婦世帯の1カ月の出費が27.2万円なのに対して年金等の収入は21.5万円と、持ち家であっても結婚している場合は、毎月5.8万円程度の不足が平均して生じているようです。

また、もし持ち家でなく、仮に毎月8万円の部屋に暮らすとした場合、家賃や更新料などを勘案すると年間100万円、25年ではさらに2,500万円程度のお金が必要になってきます。

これは定年後に働かない場合のシュミレーションですし、もちろん独身であればもう少し支出は少なくなります。

ですが、生涯賃貸で暮らそうと考えている場合は、持ち家の方よりも最低3,000万円以上は貯金しておかないと、中々老後の暮らしが大変になってきます。

そこでここからは、老後の資金への対策アドバイスをお伝えしていきます。

老後の資金のために今からやるべきこと2つ

まとめ

① 現状をきちんと捉え、毎月「収入>支出」の体制を作る

まず一番最初にやるべきことは、「収入>支出」の体制作りです。

自分には一ヶ月にどれぐらいの収入があって、一ヶ月に自分はいくら使っているのか?を見直すところから始めましょう。

そもそも、収入よりも支出の方が大きく、すでに毎月貯金を取り崩しているような生活をしていては、老後どころか数年後に生きていくのも、大変になってしまうかもしれません。

毎月の支出の方が収入よりも大きい状態というのは、どこからかお金を借りてやりくりしているか、ボーナスをもらうまではずっと毎月赤字の状態ということです。

例えばボーナス頼みの生活ですと、東芝のように大企業であっても、何かをきっかけにボーナスがもらえなくなってしまうかもしれない現代ですので、正直かなり危険な状態と言えるでしょう。

そこでまずは、一ヶ月だけでもいいので、「収入>支出」の体制を作られることをおすすめしておきます。

例えば友人と飲みにいく回数を2~3回減らしたり、欲しい服を一着我慢するだけでも、おそらく多くの人は1万円を貯金できるようになるでしょう。

② 寝ている間に「お金がお金を勝手に稼いでくれる」仕組みを作る

そして、まず①によって毎月1万円でも貯金できる体制ができれば、現代では少額からでも始められる、様々な資産運用方法があります。

資産運用の本質は、「自分が寝ている間にも、お金が勝手にお金を稼いでくれる仕組みを作る」ということです。この資産運用が、老後の資金を蓄えるためには、現代において極めて重要なポイントとなってきます。

なぜなら、現代では多くの人は普段忙しく働いていますので、なかなか他の収入源を作るために副業などに取り組むのも、難しかったりします。

ですので、そのような忙しい人こそ、自分が働かなくても「お金がお金を稼いでくれる仕組み」を、きちんと今のうちから整えておいた方が良いのです。

資産運用は、今はまだ貯金がない方だけでなく、すでにいくらかの貯金がある方でしたら、なお一層のこと取り組みやすい老後への対策方法です。

当サイトにおいては、この「資産運用」について詳しく解説しております。

何歳の方であっても、資産運用を始めるのが遅すぎるということはありません。ぜひ自分にあった資産運用方法で、老後に向けた資金準備を始めていきましょう。

老後の資金に関するまとめ

まとめ

langll / Pixabay

ここまでの話をまとめますと、老後の資金が2,000万円で足りるかどうかは、今の自分の稼ぎにもよりますし、持ち家なのか賃貸なのか、自分が何歳まで働けるのかなど、様々な状況によって変わってくることが、お分かりいただけたかと思います。

ですので、まずはしっかりと自分の現状を把握し、毎月「収入>支出」の体制づくりを始めましょう。

続いて、お金がきちんとたまる状態ができたら、現代では20代〜30代の方に向けた新しい資産運用なども出てきていますので、まずは少額からでも資産運用を始められることをおすすめしておきます。

また、資産運用についてきちんと学びたい方には「お金のレッスンスタジオ「マネテリ」 」などの信頼できるマネースクールがおすすめですので、興味のある方は一度無料体験などに参加してみるのも良いでしょう。

お金のレッスンスタジオ「マネネテ」の評判や信頼性についてはこちら

資産運用を学ぶ方法