100万円を確実に増やす資産運用とは?元本保証に限りなく近い投資先3つ

投資

100万円を確実に増やす方法を探されている方におすすめする資産運用方法をお伝えします。

100万円を確実に増やすための資産運用方法3つ

ポイント

まず100万円を確実に増やしたいと考えた時に一番最初に思いつく方法は、元本保証に限りなく近い金融商品に投資する方法かと思います。

ですが、そもそもの大前提として、金融商品はローリスクなものはローリターン、ハイリスクなものはハイリターンになるように設計されています。そのため、元本保証を望めば望むほど、リターンは低くなります。

もしほとんどリスクがなく、とてもハイリターンを得られる金融商品がこの世にあるのであれば、今頃その金融商品は大人気になっているでしょうし、すでにみなさんもその商品を購入してお金持ちになっているはずです。

ですので、ここではそのような非現実的な投資先ではなく、具体的に考えられる運用方法を3種類ほどお伝えします。

1. 元本保証に限りなく近い金融商品に投資する

預金

まず先ほどの例にも挙げた「元本保証に近い金融商品に投資する」方法ですが、例としては以下が挙げられます。

  1. 銀行の定期預金
  2. 国債や優良企業の社債などの債券
  3. 貯蓄型生命保険
  4. インデックス型の投資信託

まず、定期預金は1,000万円までは各銀行で保証されますので、もしあなたが100万円を何本か保有しているのであれば、銀行を分散して管理しておくのは良いでしょう。メガバンクでは定期預金金利は年率0.02%程度ですので、おすすめは年率0.2%程度がつくネット銀行です。例えば「楽天銀行」などが考えられるでしょう。

続いて定期預金よりは若干リスクが高くなりますが、国債や優良企業の社債なども考えられます。ですがこれらは国のデフォルトリスクや、企業の倒産リスクがありますので、定期預金よりは若干のリスクが増します。これらも購入する際に手数料が安いのはネット証券ですので、例えば、「マネックス証券」などを利用することをおすすめします。

また、貯蓄型生命保険も考えられます。こちらは手元にある百万円を使うというよりは、十年以上かけてコツコツと積み立てて、満期が来たら解約して返戻金を受け取れるという仕組みです。生命保険に関心のある方は「貯蓄型生命保険の詳細とその入り方」をご覧ください。

最後にインデックス型の投資信託が挙げられます。こちらは上記3つと比べるとかなりリスクが高くなります。ですが、世界一の投資家ウォーレン・バフェットも、「S&P500」という米国株インデックスのファンドに投資する手法をすすめています。今後の米国経済を信じられる方などは、米国株のインデックス型投資信託を検討してみても良いのではないでしょうか。こちらも「マネックス証券」などで購入が可能です。

2. 完全に資産運用はプロにお任せする

投資

続いてオススメする方法は「プロにお任せしてしまう」という投資手法です。

ここで一度落ち着いて考えて欲しいのですが、仮にまだあなたが何も資産運用の知識がなかったとして、いきなり株式投資やFXなどを始めて、勝つことはできるのでしょうか?

例えば、これはスポーツを例に挙げてみるとわかりやすいです。プロボクサーと一般人のあなたと、試合をしたらどちらが勝つでしょうか?その答えは明白ですよね?

投資の世界もそれと同じです。投資の世界には何十年と相場と向き合って来たプロ達がいますので、何も投資について知らないあなたが、戦略も立てずになんとなく株やFXを始めたとしたら、カモにされて大敗するのが落ちです。

このような行為は、はっきり言って大事な100万円をドブに捨てるのと同じです。しかし、毎年そのように大敗して資産を失ってしまう人があとを立ちません。これはなぜかというと、投資の世界には素人が簡単に参戦できてしまうからです。

プロボクサーになるためにはライセンスがいりますし、そもそもプロと戦うまでに相当な鍛錬が必要です。なのでスポーツの世界ではこのようなことは起こり得ません。

一方、投資の世界には証券会社に10分程度で口座開設をすれば、いとも簡単に素人が参戦できてしまうのです。つまり参入障壁が低いのです。参入障壁が低いがゆえに多くの人々は証券会社に流されるままに何も学ばずに投資を始めてしまい、市場のカモにされ、最終的には資金を失っていくのです。

ですので、現状資産運用に関する知識がない方が始めようとされているのであれば、自分でやるよりも「プロにお任せ」してしまった方が、はっきり言って勝率は高くなるとは言えるでしょう。

そしてここで大事なのは、「どのプロに任せるのか?」というところです。要は高いパフォーマンスを挙げている信頼性の高いプロを選ばないといけない訳です。そこで当サイトでは、二つの選択肢を例として挙げております。

  1. 金融業界でキャリアを築いてきたプロ集団が集まる「資産運用会社」に、資産運用をお任せする場合
  2. 「ロボ・アドバイザー(AI)」に資産運用をお任せする場合

① ひふみ投信

まず、①のプロに任せる場合は、日本には「レオスキャピタルワークス株式会社」という独立系の資産運用会社があります。レオスキャピタルワークスは「ひふみ投信」という投資信託を販売していますので、そちらを利用する形になります。

こちらの「ひふみ投信」は、日本の成長株に投資する手法で、2008年に始まって以来、平均して20%以上のリターンを実現しています。もちろんこのリターンが今後とも続くかどうかの保証はありませんし、20%のリターンがあるということは、20%の損失もありえるということですので、その点は踏まえた上で一度検討してみると良いでしょう。

ちなみになぜ星の数ほどある投資信託の中から「ひふみ投信」をおすすめするかというと、もちろんパフォーマンスの面もありますが、「ひふみ投信」は独立系の資産運用会社であるため、直接購入ができて手数料が1%程度と安いからです。

一般的な投資信託も、同じように資産運用会社が運用を行い、そのパフォーマンスに応じて利益が配分される仕組みになっています。ですが、それらは銀行や証券会社などを通じて購入する必要があるため、その分手数料が高くなっているのです。

ひふみ投信の評判や信頼性などの詳細についてはこちら

② ロボ・アドバイザー

また、人ではなくコンピューターやAIのパフォーマンスの方が信頼できるという方は、②のロボ・アドバイザーサービスをおすすめします。

こちらは「ひふみ投信」とは異なり、自分の年収や金融資産などについての簡単なアンケートに答えることで、コンピューターがそれらに応じて、あなたに合ったスタイルで勝手に世界中の金融商品に分散投資をしてくれます。

ですので、ロボ・アドバイザーの場合は人によってパフォーマンスも様々にはなるのですが、ロボ・アドバイザーの代表格である「ウェルスナビ」を使った人の中には、1年で10%以上のリターンを実現している人もいます。

ウェルスナビの評判や信頼性、これまでの実績の詳細はこちら

これらはどちらも今の所は高いパフォーマンスを挙げているサービスになりますので、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

3. 数万円〜数十万円は自分に投資する

投資

最後に、まだ貴方が比較的若い20代〜40代の方であるならば、資産運用についてこれから徹底的に学ぶというのも、選択肢としてありえます。人生は長い訳ですから、自分に投資をして資産運用や投資の知識を身につけて、その後から資産運用の実践に入るという方法です。

さきほどお伝えしたように、何も学ばずに投資の世界に入っても、最初はまぐれで勝てることがあったとしても、いつか必ず大きく資産を失ってしまう時がきます。そんな残念な未来を迎えないためにも、しっかりとファイナンシャルリテラシーを身につけることをおすすめします。

もちろん本やインターネットでそれらの知識を身につけても良いのですが、はっきり言ってそれでは膨大な時間がかかります。そこで資産運用の知識を体系的に効率よく学べるという点でおすすめなのが、日本最大の総合マネースクールの「ファイナンシャルアカデミー」です。

かれこれ40万人以上が受講している実績のあるスクールですが、本当に0から資産運用やお金の知識の全般を学びたい方には「マネテリ」というお金のレッスンスタジオ、株式投資を徹底的に学びたい方には「株式投資の学校」がおすすめです。

これらはレッスンによっては数万円〜数十万円かかりますが、長い目で見れば安いお買い物です。自分に投資にしておけば、それは将来確実にレバレッジが効いて、自分にプラスになって返ってきます。

もしあなたが将来を考えてお金の知識を身につけておきたいならば、数万円〜数十万円を自分に投資するということを、100万円の資産運用の選択肢の一つとして考えてみても良いのではないでしょうか。

今のうちからしっかりと投資や資産運用の知識を身につけておくことが、もしかしたら100万円を一番手堅く運用する方法かもしれません。

資産運用を学ぶ方法