【最新版】おすすめビットコイン(仮想通貨)取引所ランキング

おすすめ

仮想通貨「ビットコイン」は2009年に誕生した際には0.07円でしたが、2017年には200万円を突破しました。

他にも人気の仮想通貨の「リップル」は半年間で30倍以上、日本初の仮想通貨「モナーコイン」は1年間で800倍以上に値上がりし、日本でも億万長者が何百人と誕生し、HNKニュースにも取り上げられました。

そんな仮想通貨はどこで購入できるのかというと、インターネット上の「仮想通貨の取引所」で購入が可能です。現在は国内だけで20近くの取引業者がありますが、金融庁登録済で信頼でき、使い勝手が良い業者は多くありません。

そこで今回は、これから仮想通貨を始める初心者にも分かりやすく、「手数料」や「仮想通貨の種類」などを比較してランキング形式でご紹介します。なお、業者の倒産リスクなどを回避する観点から、複数の取引所を利用されるのがおすすめです。

仮想通貨の取引所には「会員登録」と「口座開設」をする必要がありますが、お手元に本人確認書類があれば、写真をアップロードし、後日取引所から送付されてくる「ハガキ」を受け取れば完了です。

1位:【初心者向け】Coincheck(金融庁審査中)

手数料(現物取引) 無料
手数料(レバレッジ取引) 0.04%(ロングポジション)・0.05%(ショートポジション)
借入手数料 0.05%(1日)
レバレッジ 最大5倍
仮想通貨の種類 13種類
入金方法 銀行振込・コンビニ入金・ペイジー入金・クレジットカード
アプリ iPhone / Android
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • ビットコインの現物の取引高が日本一(月間で約2.8兆円)かつ、13種類の仮想通貨を取り扱う大手の取引所
  • 取引する画面が見やすく、スマホアプリでも簡単に仮想通貨を購入できるため、投資初心者にとって利便性が高い
  • 東京海上日動火災保険と提携して最大100万円までの盗難補償サービスも提供しており、取引所のセキュリティ意識も高い
  • 2017年で30倍以上に価格が上昇した「イーサリアム」「リップル」「リスク」「ネム」などのビットコイン以外の仮想通貨や、世界的に人気がある「ダッシュ」「ジーキャッシュ」「モネロ」などの匿名系仮想通貨も全て取り扱う
  • 一点、運営会社のコインチェック株式会社は、TVCMを放送したり、数年以内に東証マザーズ市場への上場も期待されている企業ではあるが、取り扱い仮想通貨が多いため金融庁審査には時間がかかっている模様

2位:【上場企業が運営】GMOコイン(金融庁登録済)

GMOトップページ
手数料(現物取引) 無料
手数料(レバレッジ取引) 無料(新規建・決済)
借入手数料 0.05%(1日)
レバレッジ 5倍・15倍・25倍
仮想通貨の種類 6種類
入金方法 銀行振込・ペイジー入金
アプリ iPhone / Android
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • 売上高1,400億円越えの東証一部上場企業GMOインターネットグループが運営しているため、信頼性が高い取引所
  • 取引手数料や入出金手数料などが全て無料で、ペイジー入金を利用できるため365日24時間いつでも入金が可能
  • スマホアプリ「ビットレ君」の機能が非常に充実しているため、ビットコインFXのデイトレードにも適している
  • 「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」「イーサリアム」「リップル」などの時価総額上位の仮想通貨の購入が可能で、「イーサリアムクラシック」も取り扱い予定
  • 唯一の難点は、取り扱い仮想通貨の種類がコインチェックよりも少ない点

3位:【手数料が安い】Zaif(ザイフ)(金融庁登録済)

Zaif
手数料(現物取引) -0.01%〜0.10%
手数料(信用・先物取引) 無料(新規建・決済)・0.7%(キャピタルゲインフィー)
借入手数料 0.039%(1日)
レバレッジ 1倍・2.5倍・5倍・7.7倍(信用取引)
1倍・2.5倍・5倍・10倍・15倍・25倍(先物取引)
仮想通貨の種類 4種類(+トークン9種類)
入金方法 銀行振込・コンビニ入金・ペイジー入金・クレジットカード
アプリ iPhone / Android
総合評価 ★★★★
おすすめポイント
  • 日本初の仮想通貨「モナーコイン」や、「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」「ネム」などを、日本円で一番手数料が安く購入できる取引所
  • また、仮想通貨以外にも「フィスココイン」「カイカコイン」「ネクスコイン」「Zaifトークン」など、企業が発行するトークンにも分散投資が可能な日本唯一の取引所
  • ビットコインをクレジットカードの「マネパカード」にチャージできるサービスも提供
  • 難点は、アクセス数が急増するとサーバーが時折ダウンすることがある点や、スマホのアプリが使い辛い点

4位:【手数料が安い】bitBank(ビットバンク)(金融庁登録済)

ビットバンク
手数料(現物取引) -0.05%〜0.05%
手数料(信用・先物取引) 0.01%(新規建・決済)・0.20%(キャピタルゲインフィー)
借入手数料 無料(1日)
レバレッジ 20倍
仮想通貨の種類 6種類
入金方法 銀行振込・クレジットカード
アプリ 無し
総合評価 ★★★★
おすすめポイント
  • 「リップル」「モナーコイン」「ライトコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」などのアルトコインを、ビットコインでトレードできる取引所
  • ビットコインの先物取引である「ビットバンクトレード」も提供。追加証拠金制度もないため、投資元本以上の損失が無いため安心。また、日本で唯一ポジションを長期間保有していても、毎日の借入手数料がかからない点も特徴的
  • 難点はスマホアプリが無い点や、ビットバンクトレードの利用のためには「ビットバンク」への登録が必要な点など

5位:【FX向き】bitFlyer(ビットフライヤー)(金融庁登録済)

ビットフライヤー
手数料(現物取引) 0.01 – 0.15%(BTC/JPY)・0.20%(ETH/BTC)
手数料(レバレッジ取引) 無料(Lightning FX / Lightning Futures)
借入手数料 0.04%(1日)
レバレッジ 1倍・2倍・ 3倍・5倍・10倍・15倍
仮想通貨の種類 6種類
入金方法 銀行振込・コンビニ入金・クレジットカード
アプリ iPhone / Android
おすすめ度 ★★★
おすすめポイント
  • ビットコインFXの取引手数料や決済手数料が無料のため、ビットコインFXのデイトレードに向いている取引所
  • 三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJグループ、第一生命保険、三井住友海上火災保険などの大企業のベンチャーキャピタルが出資しており、運営会社のbitFlyerは東証マザーズ市場への上場が期待されている
  • bitFlyerを通じてビットコインを使った買い物ができたり、ビックカメラやマルイ、HISなどにもビットコイン決済を導入するなど、大企業との連携も進んでいる
  • 難点は、取り扱い仮想通貨の種類が少ない点、現物取引で手数料がかかる点、仮想通貨の販売所のスプレッドが大きい点など